NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」

2016/ 07/ 15
                 
NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」が好調のようだ。
視聴率は常時20%を超えているとか・・・・。

小さいころ亡くなった父親から、
「一家の柱になって、父の代わりに家族を守ってくれ」
と遺言された長女が家族を養うために一生懸命で生きていく物語。

主人公のモデルは「暮らしの手帖」を創刊した、大橋鎮子さん。
後に一緒に雑誌編集長になる「花森安治さん」役を
唐沢寿明さんが演じている。

asadora_8099.jpg

「暮らしの手帖」は、毎回買って読んでいた記憶がある。
大好きな雑誌だった。

ドラマは、現在戦後の大変な生活を強いられる「とと姉ちゃん」と
家族の様子、花山伊佐次(花森安治)に一生懸命雑誌作りに
協力してくれと頼み込む場面が放送されているが、
戦争中の場面を見ながら、ふと実家の母の話を思い出してしまった。

私の妹は、昭和20年7月15日生まれ。そう丁度終戦記念日の
一ヶ月前に生まれているのです。
母は、生まれたばかりの妹を連れて、一家で山奥へ疎開した。
しかし、疎開先では、毎日のように周囲の人達から
「赤ん坊を泣かすな!声が聞こえる。オムツを干すな。敵の目印になる」
と言われて、耐えられなかったとか。
そこで母は
「私はこの子を連れて家に帰ります。死んでも構いません」
と言って妹と二人で山を降りて、祖父母の家に帰って行ったそうです。

広々とした部屋で妹と二人、のびのびと寝て、オムツも誰にも気がねせず、
庭いっぱいに広げて干す毎日を送っていたそうです。
 
8月15日まで、一度も飛行機も飛んでこなかったし、爆弾も落ちてくることも
なかったと私が小学生の頃に話してくれました。

父は、長く和歌山で教師をしていたが、戦争が始まったため実家の高知へ
疎開するために家族と一緒に戻ってきたということです。

   cats2.jpg

ドラマでは事さらに戦争を強調していないけれど、淡々と日常の生活を描いて
いる場面を見ているうちに、私はなぜか母の言葉を思い出した。

家族を養うために必死で、家長を努めようとする主人公の女性を
特別な女性として描いているわけでもなく、普通の家庭・家族像を
表現しながら、主人公の意志の強さに感動してしまう。

毎日TVを見るのは、無理なので、録画して一週間分を一気に見る。
その方が話としても面白い。

新しくはじまったドラマもほぼ録画している。
そして3~4回分を一気に見ることにしている。

drm_8102.jpg








                 
        

母の日

2016/ 05/ 08
                 
今日は、日曜日なので夫が家で昼食を取る日。
急いで材料を買いに行って、昼食を作っていたら、玄関チャイムが・・・・。

宅急便屋さんが「お花です」と配達してきた。

maza7670.jpg


あっつ、そうか!今日は「母の日」だった。
二人のお嫁さんからのプレゼント。今年も忘れず送ってくれた。
心にかけてもらってありがたいなあ~~。
早速Iphoneで撮影して、LINEに写真を添付してお礼のメールを送った。

  kara_7674.jpg

 カラー<スプリーム>レッドチャーム

という名前がついている。初めて見る花だ。
   花持ちがとてもよく、クリアな花色を長期間楽しめる。
鉢花でもガーデンでも楽しめるそうだ。
   大事に育てなくては・・・・・。
   
   2年前の母の日に送ってもらったかわいいピンク色のミニバラは
今でも我が家の庭で健気に咲いている。

二人のお嫁さんがいつもこうやって心遣いしてくれることがとてもうれしい。
幸せなひとときでした。

    kra_7673.jpg


    
                 
        

シルバーウイーク

2015/ 09/ 28
                 
誰がつけたのか「シルバーウイーク」とやらで五連休。
でも仕事をしていない我が家には関係ない。
敬老の日は21日になっていた。夕方、孫娘からFAXが届いた。

keiro6629-(1).jpg
これだけでもう十分です。

私たちの休日は、映画を見ることぐらいです。

yjvideo2.jpg      yjvideo.jpg

9月26日毎日新聞の夕刊広告には
「日本人は全員みてほしい」と載っていた。
Yahoo! 映画作品ユーザーレビュー4.26点  満足度97%! ということらしい。

原作は東野圭吾 監督 堤 幸彦
原作は20年前に書かれたものだとか。しかし原発の問題は、今現実に私たちの目の前に
突きつけられている。
日本映画にしてはスケールが大きく、かなり迫力があった。
ユーザーレビューでは厳しい意見も載っていたが、撮影技術はかなりのものだと思った。
普段あまり邦画を見ない夫も「日本映画もやるじゃないか!」と満足気だった。


pchuln.gif
       pchuln.gif

話はガラリとかわりますが・・・
ドコモ携帯のユーザーさんには、とてもおもしろそうな企画ができたようですよ!

NTTドコモが提供する新サービス「ゲットモール」の無料利用登録
ゲットモールは「現金がどんどんたまるオンラインモール」
ゲットモール経由で利用することによりキャッシュをゲットできるらしいです。

ドコモのスマートフォンまたはタブレットを持っている方全員が対象だそうです。

くわしくはこちら
 読んでみる価値はありそうですよ~~~。










                 
        

久しぶりの大阪

2015/ 09/ 21
                 
シルバーウイークに入ると新幹線も混むだろうと思い、18日に夫の実家
大阪へお墓参りに行ってきました。
久しぶりの大阪で、夫は、新しく変貌した梅田(JR大阪駅)の様子や
日本一高いあべのハルカスも見てきたいというので、新大阪から
直接、お墓よりも先に行くことにしました。

aben00857.jpg

高さ300mを超える日本で一番高い高層複合ビル。
ハルカスは、「伊勢物語」の一節「晴るかす」(晴らす、晴れ晴れとさせる)から名づけられた。
一日に約73万人が行き交うJRと地下鉄の「天王寺駅」と近鉄「大阪阿部野橋駅」のターミナルに立地する。

百貨店初の屋上貸し菜園などを設け、
最新のファッションや生活雑貨などを揃えた「あべのハルカス近鉄本店」をはじめ、
気候条件が良ければ、京都から六甲山系、明石海峡大橋などの絶景を見渡せる展望台の「ハルカス300」、
さまざまなジャンルの展覧会を開催する「あべのハルカス美術館」、
360室の客室を有する「大阪マリオット都ホテル」などがある。

YAHOO! JAPAN より

harkas0858.jpg

展望台へも上がってみようと言ったら、夫の答え
「展望台へ上がるための料金を支払い、更にその上に行くとまた料金が発生するから
行かなくていい。どんなビルかを見るだけでよかったから」

ええっ!絶句!

実家へついて、義兄にその話をすると、義兄も同じ意見。
「東京のスカイツリーの展望台へ上がるときと一緒だよ」とも言った。

さすが、二人とも関西人!しまつすることは常識なんだなあ~~と改めて実感!

さっさとあべのハルカスを後にして、環状線に乗って実家へ・・・・。
その環状線の車中でまたびっくり!
0849-(2).jpg

電車の中にトイレがあるではないですか!
大阪環状線といえば、東京ではJR「山手線」にあたります。
JR山手線の中に、トイレがあるなんて聞いたことないですよね~~。

ほんとに関西は、何もかもアイデアが先へ先へと行ってますねえ~~。

そういえば、30数年前シンガポールから大阪へ5年ぶりに帰国してきたとき、
電車の駅が全部自動改札になっていて改札口は何個も並んでいた。
その1年後、東京へ転勤になったら、東京は、まだ駅員さんが改札に立って、
ちょきちょきとキップにハサミを入れていましたっけ・・・・?

帰国してすぐに大阪ガスの人が勧めに来た「TES]というガスによるセントラルヒーティング
システムも、東京ガスの人は何も知りませんでした。
東京ガスの人は、「何でも大阪ガスさんのほうが一歩先を行ってるんですよ~~」と言っていました。

0849-(11).jpg

行先で必ず「おふたさん」(マンホール)の写真を撮ることにしています。
お墓からの帰り道で出会ったおふたさん・・・。

久しぶりの大阪、大きく変貌していました。

                 
        

四万十の旅

2013/ 12/ 02
                 
全く、11月は忙しい月だった。
ブログも相変わらずスポンサーサイトが居座ったまま・・・・。

とにかく、11月初旬、孫娘の学校が5日・6日と代休になると聞いたので
早速、二人の旅を計画した。

キャンペーン等いろいろ探していると、JALのHPに
「おともでマイル」という格安キャンペーンがあった。
本人は1万マイルで、お伴の人は片道1万円。
そこで、四万十へ行こうと計画した。

高知に住んでいた頃には、四万十も足摺も一度も行ったことがなかった。
それがなぜ??

そうなんです。TBSTVのドラマ「遅咲きのひまわり」を見て以来
なぜか四万十が頭から離れなくなったのです。

孫娘との旅をどこにしようかと思ったとき、やっぱり「高知」だよな~~と
自然に思えた。

131103simanto (48)

これが、ドラマに出てきた「沈下橋」。この橋を渡るのって怖いですよ~~。
風の強い日など、絶対に渡れないと思いましたよ~~。

この沈下橋を探すのに一時間ほどロスタイムが発生し、この遅れがその後の
計画を大きく狂わせる羽目になってしまった。

そこからカッパ館へ行き、足摺岬へと向かう旅だった。

カッパ館は、Photo Peachでどうぞ。



シバテンまたは芝天狗(しばてんぐ)は、高知県や徳島県に伝わる河童に近い妖怪、
もしくは河童の一種。

子供のころは、よくしばてんの話を聞かされた。

四万十へ行ったら、やはり足摺へ行かないと意味がない、ということで
足摺へ急いだ。妹のダンナさんが運転する車で山道をぐるぐるとイヤと
いうほど単調な道路を越えて、やっと海が見えてきた。

船からみる足摺の海底も楽しめた。写真がいまいちうまく撮れていない。

とりあえず、四万十と足摺を一緒にしたPhoto Peachをどうぞ。



海底水族館はこちら



孫娘は、足摺の海と高知をとても気にいったらしく、龍馬空港で妹夫婦と
別れる時からずっと泣いていた。
飛行機の中でも口数少なく、何か話かけるとすぐに泣きだしそうだった。

きっと彼女の思い出の中に強く「高知」が印象づけられたことだろう。




この後11月26日からまた私一人で姉婿の葬儀のために高知へ
帰ることになってしまった。