マザーリーフ

2007/ 07/ 14
                 
maza


幸せのマザーリーフ
ハカラメ(葉から芽)とも言うそうです。
正確には「セイロンベンケイソウ」

くわしい説明はこちら

1年以上前に友人にもらったマザーリーフは上のような状態だった。

今では、ぐ~~んと大きくなった。

rihu

足元にはこんな子供まで

mazarih

あとは、幻の花が咲くのを待つばかり。
花を咲かせるのは大変に難しいらしい。
今年の冬か来年の冬か・・・・ぜひぜひ、花を咲かせて
この葉っぱをくれた友人に写真を送ってあげたい。

この葉を一枚取って、水に浸しておくと上の写真のように
葉から芽がでてくる。
そしてまたそれが大きく育つ。その葉をまた水に・・・・

そうやって幸せのマザーリーフの輪が広がっていく。



今年の冬の楽しみといえば、「ドンベア」の花も・・・・

don

昨年の冬には、たった一輪しか咲かなかったので、今年は
一本を地植えにしてみた。
果たして花が咲いてくれるかどうか・・・・???



と思ったら、大きな鉢に植え替えをした「ギンギアナム」
何を思ったのか、どんどん咲いてきた。
gingi

gin

今の時期に咲いてきたということは、冬にはもう咲かないと
いうことなのか??

どういうことなんだろう?

matari12mata13





職場の「乳児園」の玄関に2~3歳の女の子用の冬の
コート(ピンク色)がずっとかかっている。
その上に赤い色の袖なしダウンジャケットもかかっている。

そう、忘れ物なんです。
朝晩皆が出入りするところにハンガーがかけられているのに、
持ち主が誰も現われない。
1ヶ月以上そのままになっている。

子供の着るものが一枚くらいなくなっても気がつかないという
ことなのか・・・。
それとも、冬になってはじめて気がつくのだろうか?

子供の着ていた服の色や形を覚えていないのだろうか?

無くなっても困らないくらい何枚も持っているということなのか?

ここに通ってきている子供が着てきたものであることは
間違いないはずだ。

お母さん!見えないのですか?

nouzen

薬師池を出た道路わきの農家に咲いていた「のうぜんかずら」


                 
        

花に慰められて・・・

2007/ 07/ 12
                 
kasabura

今朝、玄関のドアを開けたら、目の前にこの「カサブランカ」
あわてて、家に入りデジカメを。
kasa

この花が咲くたびに感動する。
というのも、数年前友人に一本の小さな苗をもらって
「これ、カサブランカ」と言われたときには半信半疑だった。

ユリの花はあまり好きな花ではなかったので、適当な場所に
植えておいた。
こんなに背が伸びて立派な花を咲かせてくれるなんて
思いもしなかった。

ドウダンツツジの横に植えてユリが伸びていくスペースがない
くらいだったのに、ドウダンツツジをはるかに越えて
ぐんぐんと背がのび、大きな花を開けるだけの空間を見つけ
こうやってのびのびと花を開いている。

玄関を開けるとまさに目の前に白い大きなユリたちが
「私を見て!」と言わんばかりにこちらを向いて咲いている。

たった一本だけの「カサブランカ」
でもたった一本だけ毎年キレイな色を見せてくれる。

ほんとにありがとう!!

もうひとつ、植え替えをして花が咲かないかも?と心配
した「ハイビスカス」も咲いてきた。

haibis


大事にしている花が咲いてくれるとうれしい!



ハスの花はちょっと時期尚早だった薬師池には
意外にも「あじさい」がまだまだきれいに
咲いていた。

                 
        

えごのき

2007/ 05/ 12
                 
えごのきの花が咲いてきました。
ego
今年もいっぱいに花をぶらさげてくれて嬉しい限りです。
写真を大きくしてかわいい花を見てやってください。

ego2

ego3
えごのき Styrax japonicus
【えごのき科えごのき属】 分布地は北、本、九州、四国

ゆり型の5弁の花  花径2センチ
花も実も下向きにぶらさがり咲く

egonoki

ego4



matarisen


迷っていたビールの注文、ついに安売り店に注文しました。
キリンクラシックの大瓶のみ1ケース。
中ビンはサッポロ黒生を欲しかったがそのお店では扱って
いなかったので、こちらは今まで通り酒屋さんから配達して
もらうことにした。

よく話を聞いてみると、空瓶やケースを返すとさらに300円返金
してくれるらしいので、今までと比べると実質820円の差がでる。

酒屋さんは、息子さんの代になってワインに力を入れていて
ときどき、フランスまで買い付けに行ったりしているらしい。
お店では新しいワインが入ると「利き酒会」のようなものを
開いてお客さんにサービスしているらしく、若い人がよく
お店にも来ているし、メールで注文を受けたりもしているとか。

以前、ホームページの作成を勧めてあげて、私がワインをデジカメ
で撮影する手伝いをし、先生を紹介して簡単なホームページを
作ってもらったことがある。

注文も取れるように作ってあったので、自分でも修正ができる
ようにとパソコン教室にも通うようにアドバイスをしたけれど
お店には「楽天」さんが勧誘に来ていたようで、私も教室の
先生もそれっきり何のお話も聞いていない。

まあ、こちらが思うほどに相手はこちらのことなど思っても
いないのだと、私もそれ以上何も言わないし、お店では
お母さんと世間話をするくらいなので、その程度の付き合いで
いいのかなとも思う。


matari3 matari4

酒屋さんの隣のクリーニング屋さんも、同じ年月のおつきあいだけれど
そちらの奥さんは、「いつも遠くからウチへ持ってきてくれるから」
と言ってくれて、年末や年始にはごあいさつにゴミ袋やタオルを
欠かさずくれる。物をもらいたいわけではないけれど、
「わざわざ遠くからきてくれるから・・・」という言葉が
こちらはうれしい。
なので、クリーニング屋さんは変えるつもりがないし、どこよりも
洗い方がきれいなので、気に入っている。


mirion

beru

ミリオンベルが今年は随分花を咲かせている。
どうやら、あまり手をかけないほうがたくさん花を咲かせる
のかもしれない。

                 
        

白い花

2007/ 04/ 21
                 
うつぎ (空木または卯の花) が咲いてきた。
unohana
【ゆきのした科うつぎ属】 分布地は沖縄を除く地域
「アジサイ科」と書いてある図鑑もあるけれど、どうやら
「ゆきのした科」のようだ。

unoha
♪う~のはなのにおうかきねに~♪と唄われている花はこの
「うつぎ」らしい。

空木には種類が多くて
梅花空木,箱根空木,谷空木,姫空木,桜空木,
花園衝羽根空木(アベリア)があるらしい。
白色だけではなくピンク色もある。
詳しくはこちら

utugi
上に伸ばそうと思って、横にでてきた枝を刈り込んだはず
なのに、相変わらず横に繁殖している。
毎年、花だけはたっぷりと一面に真っ白になるほど咲いてくれる。

ついでに我が家のガーデンの中の白い花たち。

iberis
以前にも登場したイベリス

bakoba
思いがけなく復活してきた花だけど、バコバじゃなかったかな?
写真を持って行ってお花屋さんに名前を聞いてこなくっちゃ!

追記
KANAさんもコメントで教えてくださってるように
「アレナリアモンタナ」という名前でした。
ナデシコ科ノミノツヅリ属の常緑多年草。

doudan
そしてドウダンツツジ
我が家はまだ花が少ないがご近所のドウダンはたくさん花が
ついている。

matrimata


プロ野球がはじまってから、我が家のTVは野球一色。
特に阪神戦は絶対に見ている。
ついつい私まで引き込まれてちょっと熱くなってしまう。

今日は、月一回の土曜日当番日で一人で午後2時まで勤務した。
「乳児園」が3月決算なので、なれない会計ソフトに集中して
入力した。

「乳児園」の会計を担当していた女性が突然3月15日で辞めた
ため急遽引き継ぎをし、JDL(今、TVでCMをやっている)
会計を一日で説明してもらい、時々会計事務所に電話をして
教えてもらいながら、何とか3月末までの入力を済ませた。
入力していくうちに使い方も分ってきた。

決算なのに、途中で辞めたりして無責任だ、とその女性のことを
ちょっと非難する気持ちがあったけれど、今ではむしろ感謝
している。
引継ぎ期間が短かったおかげですべて自分で処理しなければ
いけないし、分らないところも浮き彫りになり重点的に
聞けるし、自分から質問したところは絶対に身についている。

よし、これでJDLも使いこなせるぞ!という自信がついてきた。

病院の外来看護師さんが辞めることになって新しい看護師さん
への引継ぎ期間が2週間しかないのは大変だと内科女医さんが
騒いでいる。

しかし、引継ぎ期間が十分あるかないかではなくてむしろ
分らない中、つまづきながらも自分で分らないところを発見し
聞いた方がより身につく。
つまりいくら説明をきいても実際にやってみると「あれ?」と
思う場面が何度か出てくる。
自分自身で克服してこそ身についていくのだということを
体験したのでドクターにもそういいたいけど言えない。

長くなるので「続きを読むへ」

                 
        

マイガーデン

2007/ 04/ 13
                 
我が家の庭の花たちも春らしく活動を始めだした。
turuniti
つる日々草がこんなにたくさん咲いたのは珍しい。

dhmoru
ディモルホセカ
昼間はパッチリと開いているのに、夕方になると花びらを
閉じてしまう。

nazuna
ネメシア
【ごまのはぐさ科ネメシア属】
全然面倒をみてなかったのに、さすが宿根草、ちゃんと咲いてくれた。
nemsia




最近、どうもシャンプーをするのがおっくうになって困っている。
毎日シャンプーをするという人は多いらしいけれど、
私はとても毎日などする気になれない。
今はかろうじて一日おきに入浴時にシャンプーをする。

終わってしまえば、気持ちがいいし、なんてことはないのに、
今日は、「シャンプーをする日」と思うと急に気が重くなる。

いつから、こういう気分になってきたのか定かではない。
早起きが辛くなってくると共にシャンプーも面倒だと思うように
なってきたような気がする。

ということは、やはり「加齢」のせいなのか!


mituba

ミツバツツジ
このつつじが一番早く咲いて、そろそろヤマツツジも咲く
準備をしている。
tutuji