東大へ行ってきました。

2016/ 11/ 09
                 
「明日は東大へ行ってくるから、朝早く家をでるよ」
と前日の夜に夫に言ったら、
「何をしに行くの?受験か?」という。

おかしい会話ですよね。受験しようにも応募資格がないでしょ!!年齢的に!

セミナーに参加するためです。

セミナー内容
① 弱視者むけ アクセシビリティ機能紹介 
主に大きくする、コントラストを上げる等で見える方を対象にiPadの様々な活用法をグループで
学習・情報共有できます。

② 全盲向け VoiceOver機能 
主に音声によるデータの収集や、音声命令(Siri)によるiPadの操作や活用法を紹介します。

このセミナーは毎月無料で開催されているらしく、ボランティア仲間の方を通じて
メールをもらい、すぐに参加表明しました。
受講している視覚障害の方1人に付き3人お供の人が参加できるということで、
人数に入れてもらったのです。

iphoneとiPADを持っていきました。
10時から12時までという予定でしたが、講師の先生のご都合で11時30分に終了しました。

講師の先生は、東大の先端科学研究センターと神戸医科学研究所所属だとか。
  元々眼科医なので、各企業の産業医も引き受けておられるとか。

質疑応答の時間もあり、視覚障害の方がよく勉強をしているということに、改めて感動
しました。
VoiceOveやSiriの使い方に関しては、絶対的に視覚障害の方のほうが使いこなしています。

私が、所属しているPCボランティアのグループでも、視覚障害の方の参加が多いので
サポートする方も、ショートカットキーの使い方などを理解しておかないとサポートできません。

なので、年に何回か「マウスを使わないでPC操作」という講習会を開いています。
講師は、視覚障害の方です。その方は、中途失明の方ですが、キーボードの並びや
パソコン画面などがすべて頭に入っていて、ほんとに講習会のたびに、感心しています。

視覚障害の方は、画面を見れないので、「PCトーカー」という音声ソフトを使って読み上げ音を
聞きながら画面操作をしていくのです。
ついつい画面を見てしまう私は、講習についていくのに、必死です。
いつも講師の先生に「画面をみないで、音に従って操作してください」と言われています。


      catsjyugyo.jpg

晴眼者の私たちは、講習会よりも、東大の学食で昼食をとることを楽しみにしているような
オバサンたちです。
終了して、学食へ行ったのですが、ものすごい行列にびっくりして、構内にある別のレストランに
入りました。

           cats_20161109144902902.jpg

食事メニューを写真に撮るのを忘れて食べ終わって気づきましたが、味は、今ひとつでした。



1714hut.jpg

東大と言っても、文京区の赤門ではなく、目黒区駒場にある東京大学先端科学技術センターと
いうところに行ったのですが、構内はとてつもなく広く、構内を車が走っています。

        catskyanpas.jpg
        catssentan.jpg

新しく発売されてIphone7や7プラスなどの特徴もおしえてもらった。
いろいろ便利なアプリも紹介してもらったけれど、使いこなせていない自分がいる。
視覚障害の方は、T字ブロックなど音声で教えてくれるアプリなど便利に使っているらしい。

晴眼者の私などより、よほど前向きで、皆さんとてもいきいきしていて、講習会参加が
楽しいという向学心に刺激され、自分を反省されられた一日でした。
                 
        

びっくりポンなこと・・・その二

2016/ 01/ 31
                 
昨年3月に一ヶ月税務署の確定申告入力業務の仕事をして以来
ずっと専業主婦生活を送っていました。

ときどき、新聞の折込広告を見て求人に応募していたのですが、
ほとんど
「我が社は60歳が定年です」とか
「書類審査の結果、不採用と決定しました」


という返事をもらって終了!となっていました。

恥ずかしいからもう応募はやめようと決心していたのですが・・・・・・・・

つい、また広告を見つけてしまいました。
我が家から車で15分くらいのところにある個人の税理士事務所でした。
電話をかけてみたら、履歴書を送ってくださいという。
送ってから一週間くらいになる頃、面接をしますという電話があった。

「ええっ??もう諦めていましたけれど・・・・」

col29_20160130175636d0e.gif    mono41.gif  m-stylmini42_2016013017563984a.gif

とにかく面接してもらえるだけで、有り難かった。いろいろ必要以上に
しゃべりすぎてしまったと反省して返事を待っていた。
面接するだけしたから、相手は断りやすいだろうと思って期待もしてなく
友人と菜の花祭りを楽しんでいたら、バッグの中で携帯が鳴っている・・・!!

「○○税理士事務所ですが、お手伝いして
いただきたいので、仕事の打ち合わせに来ていただけますか?」


またまた「ええっっ!ほんとにいいんですか?」

   
なぜ、若い人ではなく、こんなおばあちゃんを採用したのか、
どうしても聞きたくて聞いてしまった。

「若い人は、領収書を整理したり、毎日同じような細かい
入力をしたりする作業は続かないのです。
そういう人は資格を持っていても、その後もそういう仕事にはつきません。
同じことを繰り返して仕事ができるのは、一つの仕事を
務め上げた人しかできません。」


今までそんな風に自分の仕事を評価してもらったことがなかったので、
ほんとにびっくりポンでした。

とりあえず、この二~三ヶ月確定申告業務が忙しい間、パートで手伝ってください。
その後は常勤に登用する道もあります。

タイムカードは自分で手書き・昼は出かけた時間、帰社時間を書いておけば自由
休みを取りたい時には、前もって言ってくれればOK
車通勤OK

何だかいいことづくめの条件で、若い人が続かない理由が何かあるのかな?と
ふと思ってしまった。まあそれは働き始めてからのお楽しみ!

夫に話したら「珍しい会社だなあ」と不思議がっていた。
おばあちゃんをわざわざ採用してくれるところ
なんてないから頑張ろうっと!!


 4-green3.gif   w92.gif    illust-autumn.gif

プリンタがヤフオクですぐに売れたという話をボランティア友達に
話したら、「私の株主優待券も、売ってよ!」と頼まれて
ネットにアップしました。

yuuta_7195.jpg
これもまた、アップして20分後すぐに落札されました!!

                 
        

びっくりポンなこと・・・その一

2016/ 01/ 29
                 
ca7075.jpg

我が家のプリンタさま、どうも年賀状と相性が悪いらしく、
必ず年賀状印刷中に故障する。
このプリンタの前に買ったプリンタもやはり、年賀状印刷中に壊れてしまった。
もう5年以上使っていたし、保証期限も過ぎているので、廃棄処分にしようと思い
上記のプリンタに買い換えた。

そして昨年、11月頃に「シアン」の色が出ないという現象が起きた。
急いで保証書をみたら、メーカー+店の保証=5年間となっていて
その5年間までにあと1ヶ月という時期だった。
ラッキーと思い急いで修理に持ち込んだ。
おかげで無料修理ができ、年賀状印刷も夫の分を終わり、
私の分を印刷していて出来上がったハガキを見ると
「あれ?色がおかしい!」

白紙に印刷してみるとまたまたシアンが出ていない。
保証は12月まで?急いで保証書をみると、前回修理した時、
「同じ症状が出た時に限り、1月17日までは無料修理」
という別の保証書が入っていた。


年賀状提出期限も迫っているので、またまた販売店に走った。
「無料修理はできますが、もう年内には無理です」!!

結局、その場でまた新しいプリンタを買って年賀状を仕上げた。

sum01.jpg


ところが・・・・
翌日店からの電話で、「プリンタの修理が終わりました」

ええっっつ、「なぜ、はじめにメーカーに聞いてくれなかったの?」
と店のお嬢さんに聞いたら、
「メーカーからは、年内修理は12月18日まで受けつけ、
と言われていたから。
多分、メーカーさんが頑張ったんだと思います。」


となると・・・プリンタは使えるし、インクも新品を年賀状作成前に
買い揃えていたし、これを全部廃棄処分するのは忍びないなあ~~~。

前置きがと~~ても長くなりましたが、
つまり・・・
この中古のプリンタと新品のインクをセットで
ヤフーオークションに出品したのです。
インクは全色揃っていましたのでインク代だけでも7000円近くなります。
セットで一万円で出品し、
売れなかったときの手立てを考えていた。    wan-10.gif


プリンタをオークションに出品し、次に出品するものを選んでいた時、
「おめでとうございます。あなたの商品が落札されました」
というメールが飛び込んできました。
出品から20分後くらいだったのでびっくりポン!!

あっというまに売れてしまいました。鹿児島の酒屋さんが買ってくださいました。

頑張れ!プリンタ!しっかり働くのだぞ!と願いをこめて、鹿児島まで
プリンタ君を送り出しました。

   pe1-3-1.gif   socks6.gif       illust-autumn.gif


                 
        

自分に負けたらアキマセン

2016/ 01/ 18
                 
NHKの朝ドラ「あさがきた」はだんだん面白くなってきました。

「これと決めたら最後までやり遂げなぁあきません!負けたらあきません。
他人にヤないですよ。自分にです!」


あささんが、五代さんや大阪商工会の方たちを前にして言った
このセリフは、ぐさっ!ときました。

最近、一人で黙々と仕事(?)をしているけれど、なかなか結果にコミット
できなくて
「もうやめようか・・・・」と何度思ったことか・・・。

講習会の講師にも何度も言われました。
「結果が出ないと必ず、もうやめようと思う時期がやってきます。
そして多くの人は辞めていくのです。
でもその苦しい時期を乗り切ったら、先が見えてきます。
今、ぐっとガマンをして頑張ってください」

そんな心境で落ち込んでいたとき、ジャカルタ駐在時代の友人から
フォーラムへのお誘いがきました。

     sar1161.jpg

久しぶりに友人にも会いたかったので、電車で出かけることにした。

フォーラムの内容も結構面白かったのですが、最後まで聞くと夕方近くに
なるので、途中で出て、お茶しながらいろいろ積もる話がつきなかった。

彼女は、まさに「今年の年女」。お稽古事をいっぱいやっているし、
海外でも国内でも思い立ったらすぐに旅行に行く。
常にアクティブな女性だ。話をしていると元気をもらってばかり・・・・。

年賀状に「着物リメイクにはまっている」と書いてあったので、買取屋さんに
持って行ってもらえなかった着物を教材に使ってもらおうと送ってあげたら、
とても喜んでくれた。

名残惜しかったけれど、いつまでもおしゃべりしているわけにも
いかず、
「さよなら。また遊ぼうね」ということにしました。

日曜日、近くの公園に紅白梅の写真を撮りに行きました。


   haku1187.jpg


   pano1182.jpg

せっかく一眼レフを持って行ったのに、いざ撮ろうとしたら
「バッテリーを交換してください」
というメッセージ。「えっつ!この間充電したばかりなのに・・・」とよくよく見ると、
電源オンに入りっぱなしでした。
充電してカメラにセットしてずっと放電していたということですね。
ああ~~年を感じる一瞬です。

なので、すべてスマホの撮影になってしまいました。

   um1171.jpg



                 
        

映画「エベレスト3D」

2015/ 11/ 21
                 
「エベレスト 3D」の映画を見てきました。

1996年に実際に起こった悲劇「エべレスト大量遭難」の実話を元に
作られた映画だということです。
日本人実業家 難波康子さんも含まれていた。
彼女は、映画の中でも言っていましたが、世界の6大高山を制覇し、エベレストが
7回目だった。
頂上に到達したとき、「7回目制覇」と喜んでいました。

beyond-the-edge-2-640x360.jpg

しかし・・・・
標高8848メートルの山頂では風速は時速320㎞以上、
気温は零下26度、気圧は地上の1/3という最も生きるのが困難な場所でもあったのです。

更に「山の天気は変わりやすい」の言葉通り
下山途中で、嵐に見舞われ、おまけに置かれているはずのところにあった酸素ボンベは
みんな半分以下の内容物ばかり、ボンベを至急補充するようにふもとのキャンプ地と連絡を
とり、救援隊が登り始めたが嵐には勝てず途中で引き返す・・・・・と不運が重なった。

およそ8名の登山家が死亡し、史上最悪の遭難事故の一つと言われたそうです。

3D効果がよく出ていて、大きなエベレストの山を歩く人間の姿をおもちゃの
ように小さく見せる場面など、迫力があった。

ネットの批評など見ると満足度68%とやや低い。

最高峰の雪山の臨場感を感じられたのは良かったけれど、登場人物が多すぎて、
ストーリー展開が散漫。

という批評などもあった。

確かに、登場人物が多くて顔を覚えられないし、それぞれの抱えている事情を
話しているけれど、遭難現場で次々と倒れていく人がどの人だったか?
よくわからないという不満も感じた。

しかし、迫力満点で、「山に登るときには引き返す勇気が尊い」
ということをしっかり印象づけてくれた映画だった。




20151121-(30).jpg
我が家のどうだんつつじが色づいてきました。

ふと裏庭を見たら・・・・・
山茶花がいっぱい花やつぼみをつけて黙って咲いていました。

20151121-(31).jpg

20151121-(33).jpg