満開の花

2007/ 01/ 30
                 
今日も又時間がなくなったので、記事の更新はムリ。
なので・・・お花だけアップです。
(写真はすべてクリックで大きくしてみてください。)

ギンギアナムが満開に咲いてくれた
ので、うれしくて、たびたび撮っているのです。
この蘭を株分けしてくれた人にブログ上で花をみてもらった。

dendoro


「育てるのが上手じゃないのよ。今度はもっと大きい蘭に挑戦
してみたら・・・」と言われた。
とんでもない!
自慢じゃないけど、今まで大きな蘭の花を何度もいただいた
のに、1年以上咲かせたことは一度もない!
gingi

このギンギアナム(花音)の経験から言うと、今までは、外へ
置きっぱなしだったからではないだろうか?
anamu


                 
        

気分転換

2007/ 01/ 29
                 
今日は、友人に誘われてデパートのセールを見に出かけた。
友人は、95歳になる父親と二人暮らしで時々は息抜きに
出かけたいとメールをくれるので、自分の予定を変更して
付き合うことになる。

そしてグチを聞いてあげれば彼女もまたすっきりして
毎日の生活に戻れるらしい。


彼女の今日の悩みは・・・・
先日、庭の手入れに植木屋さんに来て
もらったのよ。
でね、お父さんが、「お前はいつも相手のいいなりに払うから
オレが交渉して自分で払うから」というので、任せてあったのよ。
そしてその日の夜になって、
「お前ここに3万円置いてあった金がなくなっているけど、
知らないか?」というのよ。
私は、お父さんがお金をどこにおいてあるかも知らないし、
私が疑われているようでイヤだから、植木屋さんに
お詫びしながら電話をして、いくら父が払ったのかを聞いたのよ。
そしたら、「2万円いただきました」という返事だったの。



「お父さん、植木屋さんに2万円払って残りを自分のおサイフに
入れたんじゃないの?おサイフを調べてみたら。
調べたら、結果を私に報告してよ」
と言ったら、「後で調べる」と言ってすぐに調べようともしないのよ。
いつまでもお金があったかどうかも報告しないので
こっそりお父さんのサイフをみたら、1万円と何千円か
入っていたので私の思った通りだったと一応安心したけど

その翌日、娘がウチへ来たら、娘に
「3万円おいてあった金がないんだよ」と又言ってるのよ。
で、娘が「お母さんどういうこと?」って聞くから、事情を
説明したら、今度は娘が「おじいちゃん、こういうことらしいよ」
と父に話してやったら、「ああそうか」と今度は素直に聞くのよね。

年がいってお金や物が無くなると、一番近くにいた人を疑うようになるし、
忘れる時も一番近くにいる人のことから忘れるらしいわよ。

毎日世話をしているのは私なのに、たまに来る妹たちや孫には
「すまんな」といつもお礼を言ったりしてるのに、私になんか
何も言ったこともなくて、お金を取ったんじゃないかと疑われて
全くストレスがたまるばかりよ!


友人の毎日の生活が目に見えるようで、ストレスがたまる
というのもよく分かる。
他人に話しても「自分も行く道なんだから・・・」と必ず言われるという。

更にショッキングなのは、「介護保険カード」なるものが
彼女の名前で届いたという。ええ?もうそんなものをもらう
年齢なの?ということは私もやばいじゃないの?

何だかそういう話を聞いていると、自分の老い先までも短い
ような気分になって、ちょっとあせる気分になった。

dendo

【デンドロビューム ギンギアナム】
これは花音(かのん)という品種らしい。
原産地はオーストラリア東部

(写真をクリックして見るサイズを大きいサイズに変えてみました)

den

暖房の部屋の中に入れるとどんどん花が咲いてきました。


                 
        

生き方

2007/ 01/ 23
                 
宮崎県知事に「そのまんま東」さんが当選して、
あちこちの人にインタビューしている様子がTVで
報道されていた。
そのとき、宮崎県の現副知事(女性)にインタビューしたとき、
副知事は「アズマさんが当選されて・・・・」と何度も「アズマさん」を連発
して、取り囲んだ記者から「ヒガシさんですよ」と訂正されて
一瞬沈黙していた光景が変だった。
仮にも副知事なら、知事とコンビを組んで仕事をする立場なのに、
当選した人の名前すらしっかり把握していないことにびっくりした。
何だか今までの県政も「さもありなん」という印象を受けた。


私の職場の30代の男性が、そのまんま東さん当選の
ニュースに対して
「宮崎県民はどうなってるんだ!」と叫んでいた。
しかし、私はそれだけ県民が今の生活を変えてほしいと切望して
いるということの現われではないのか?

宮崎県民だけでなく、日本国民がもっと新しい風がほしいと
思っている人が多いのではないか?という感想を持った。

宮崎県の知事選の結果を聞いて、安倍首相は
「これは地方選挙ですから。参院選は国政ですからまた
結果は違うと思いますよ」
と言っていたのはちょっと納得がいかなかった。

いつも地方選挙は国政選挙を占う試金石になると言って戦って
いるのではなかったか?
こんな風にその時々で言うことを変えるということは、
安倍首相にもあまり期待できないかな?
と私の中では、早くも失望ムードになってきた。


東知事には新人知事ならでは・・・と言われるような
がんばり方をしてほしいと思う。

長野県の田中前知事も志半ばで矢が折れた感じで、
なかなか理想を貫くということは政治の世界では
難しいことが分かる。

わが郷里の知事も、元NHK記者だということで期待されたけれど
3期目(?)ともなるといろんな陰口がささやかれるようになり、
先日帰郷したときにも
「県庁の人事にまで奥さんが口をはさんでいる」らしいという
ウワサも聞いた。
何しろ当選したとき「趣味は女房です」とおっしゃったくらい
だから、これもまた「さもありなん」と思う次第だ。

石原都知事でさえ、家族の問題と公私の区別が問題に
なっている。

人間は、どんなにいい人であっても、長く権力の座にいると、
自分でも気づかぬうちに
マヒしてくるのかもしれないとしみじみ思う。

kanzasi

   「花かんざし」

                 
        

簡単おつけもの二種

2007/ 01/ 18
                 
「かんたんべったら漬け」

betara

市販の「甘酒の素」を使って手軽にべったら風のつけものを
つけてみました。

砂糖を使わないので市販のものほど濃厚な甘味はありませんが
さっぱりとしてパリパリとした歯ざわりが心地よいです。
甘酒の素は洗い流さずに食べましょう。
1週間以内くらいには食べきること。

 ここで使う甘酒の素は濃縮タイプのもの。
そのまま甘酒として飲める商品もあるので間違えないで
ください。
1回使うと2度目は薄まるので使えません。

・・・・・・・・以上、「NIKKEIプラスワン」より・・・


「和ガラシを使ったきゅうりのお漬物」

kyuri


これもなかなかおいしいですよ~。

二つともレシピは次のページへ

昨日アップしたドムベヤ・ワリッキイが今日は形ができて
きましたので、もう一度アップします。
donbe

don4

                 
        

ついに咲きました!

2007/ 01/ 16
                 
ドムベア・ワリッキイ

don

くわしい説明はこちら
この花をネットで見て以来何とか手に入れたいと思っていたら
友人がネット販売していることを教えてくれました。
すぐに購入したのが昨年の4月。

don5

届いた時にはこんなにかわいい苗でした。
一ヶ月もすると

don6

そして昨年11月にはぐんぐんのびて90センチ近くなりました。

don3


霜に弱いと聞いていたので、かなり早くから部屋の中に入れて
過保護に育てていたら、花が咲きそうになっているのに
茶色に変色し、ぽろりと落ちてしまうのです。
液肥はまめにやっていたけれど、固形肥料はやっていなかった
ので、与えてみました。
それから一週間ほどしてピンク色の花が・・・
今朝撮ったときには、花は少しだったのが夜帰ってみると

don2

まだまだ、私が一目ぼれした上の写真の花には程遠いのですが
とりあえず、咲いてくれたことに感謝!です。
もっと大きな花を見るためには木も大きくしないとダメだろうな。
しかし、外へ出すと霜の洗礼を受けるのをどうすれば
いいのか・・・・・。
考えなくては・・・・。

どうやら、我が家のドムベアはチリアケアという種類かもしれない。
詳しくはこちら


ハボタンもちょっと見てやってくださいね。

habotan

botan



                 
        

がんばってるお花

2007/ 01/ 14
                 
朝、洗濯物を干す指先が冷たくなってきました。
指先が痛いと思いながらも洗濯物を干し終わって思わず指に
息をふきかけてしまいます。

寒さはまだまだこれから・・・・。

寒さの中がんばっているお花も少なくなってきましたので
少ないお花をていねいに撮ってみました。
rantana

ランタナ ( 七変化、紅黄花 )
lantana camara 常緑の低木
【くまつずら科らんたな属】 原産地は北アメリカから熱帯
この花は秋までで終わるはずなのに
冬は部屋の中に入れなければいけないのに、我が家はまだ
寒い外でこうやってがんばって咲いています。

ranta rantan
(クリックで大きくなります)

夕方、買い物に行ったら、野菜売り場でモヤシを選んでいた
ご夫婦のご主人の方が
根きりもやしの方がいいじゃん。
10円しか違わないなら根きりがいいよ。

すかさず言って買っていました。
すごいなあと横で聞きながら感心しました。

こんな細かいことにまで気がつくご主人は家でもよく
手伝ってくれるだろうなあ。

帰りにチラっとご夫婦の顔を悟られないようにのぞいて
帰ってきました。(えへ!)


hatukoi2

初恋草は寒くなってますます元気に咲いています。

hatukoi

hatukoi3


今日は、9時から山崎豊子原作「華麗なる一族」のリメイク
ドラマが始まります。
ジャカルタへ送るためにDVD録画のセットもしました。



                 
        

寒中見舞い

2007/ 01/ 11
                 
kanty

「寒中見舞い」をいただいた。
今年は喪中ハガキを出したので、配達された年賀状は数枚。
喪中をお知らせしなかった方からいただいたけど、それはそれで
うれしかった。

「寒中見舞い」をいただくほどに気にかけてくれているとは
思いもしなかったので、このハガキにはちょっと感動した。
彼女とは、毎年、年賀状のやりとりだけで10年間全然
会ってもいない。

初めての出会いは、10数年前、現在私が勤務している病院に
彼女が看護助手として入職してきたときだった。
そのとき彼女は20歳くらいで我が家の息子よりも年下だった。
美人でしっかりしてて気がきいているので、仕事もよくできた。
ついつい私は、何か仕事を頼む時には、彼女にあれこれ指示して
やってもらっていた。

ある日彼女に「何だか最近何でも私に言いつけていません?」
と言われて、ハっとした。頼りになると思って何でも彼女に
頼みすぎていたことを反省した。

その後、彼女は看護師の資格を取りたいからと退職した。
私は彼女に嫌われたままだと思っていた。

が・・・2年後、看護師として再び彼女は職場に
復帰してきた。

最初の時と同じように仕事がよくできた。

でも、それから2年後、結婚するからと退職した。
それ以来、年賀状だけのつきあいになった。

欠かさず毎年年賀状に近況を書いてきてくれる。
3人の子供のお母さんになっていた。

しかし、年賀状のない年に寒中見舞いで
近況を知らせてくれるとは思いもしなかった。

うれしくて、今日返事を書いてポストに入れ、夕方
家に帰ってきたら・・・

hagaki

もう一枚、家に「寒中見舞い」のハガキが届いていた。
こちらにもまたまたびっくりするやら、感激するやら・・・。

ブログを始めた頃からずっと我が家のチワワ共々大変お世話に
なっている年下のブログ友達さん(と勝手に私が思っている)
からのハガキだった。
そこのお宅にもかわいいチワワがいるのだ。

先日、「ブログをやっていたらいろんなことがありますが
できるだけ長く続けてください」と励ましのメールを
いただいたところだったのに、寒中お見舞いのハガキまで
いただいてその方の気持ちがとてもうれしかった。

その方とは、まだお会いしたことはなく、ブログ上だけの
お付き合いなのだ。

他にもブログで知り合った女性は、ほとんど年下の方が多く
年下の女性にいつも励ましてもらっている。

ブログ上で応援してくださる男性の方は年上が多い。

というのも、私の年代でパソコンやカメラのことを話題に
して分かり合える女性の友人が少ないことが残念なのだ。
買い物や食事で付き合える友人は何人かいるけれど・・・。

私も誰かに喪中ハガキをもらったら「寒中お見舞い」を
出す心使いができるようにならなければ・・・と反省する
きっかけをくれた2枚のはがきに感謝している。

sikura1



                 
        

買い物

2007/ 01/ 08
                 
長いお正月休みが続いたせいか、最近どうもブログに
熱心になれなくてただボ~~とTVを見ている日が多くなった。

買い物も必要最小限で済ませて、家にいることが多い。
ちょっとリズムが狂っているのかもしれない。

7日の日曜日には久しぶりにデパートへ出かけた。
目的の用事だけ済ませて帰ってこようと思ったのに、中に
入ると「総決算」の札が各売り場にかかっている。

こういうのに弱い!
やっぱり靴売り場へ直行してしまった。
私は、靴が大好きで、結婚したときに38足の靴を持っていたが
アパートの小さな靴箱に入りきらなくて、押入れに靴箱を積み上げて
いたら、オットが「これはなんだ!」とびっくりしていた。

最近は、靴にしても服にしてもあまり出かけるところもなくなった
ので、極力買わないようにと抑えているのだが、バーゲンなどに
出会うともうダメだ。
kutuseta

やっぱり靴を買ってしまった。
この靴は、クルミゴム材料を使用しているので、防滑性が向上し
路面や床面を傷つけにくい環境に優しい素材を使っているのが
ウリらしい。

2Fへ上がると婦人服。軽く見るだけ・・・と思いつつ
セーター一枚買ってしまった。
色の好みとしては、ブルーとかベージュとかが好きなのだが
どうもそういう地味な色はもう似合わない年になってしまった。
結局、顔が明るく見える色を選ぶ傾向が強くなってきた。

まだ子供達が小さい頃、我が家は男の子ばかりなので、
たまに女性の私が明るい色の服を着ると
「お母さんきれい~~!」と言って子供達は喜んだ。

好みの色と似合ってる色とは違うのかもしれない。

買い物をし始めると止まらないところがあって、デパートの
帰り道、久しく行っていない知人のお店があったので
新年のご挨拶がてら寄ったら、またまた買ってしまった。
通勤用バッグ。
写真では分りにくいが、店主によると「シルバーが入っている
ところがいい」らしい。
白く写っているところはすべて銀色になっている。
金とか銀とかの色が入っている方が「幸運」を呼ぶらしい。

bagu


デパートへ行った本来の目的は「黒豆茶」を買うため。

tya

我が家はずっとこのお茶を冷やして麦茶代わりに年中飲んでいる。
二人の嫁のところにもあげたら、ジャカルタからもうそろそろ
なくなりそうですので送ってください、との注文。
で・・買いに出かけたのに、自分のものをいっぱい買ってしまった。

明日からは、また仕事で忙しさに終われるので当分買い物も
ないだろうから・・・、と自己弁護しているワタシ。

今日は、午後からパソコンを検査入院させるので、しばらくは
PCのない生活になる。

                 
        

右か左か??

2007/ 01/ 07
                 
右か左か「片側空け」の起源
かねてから不思議だと思っていたことの謎を解いてくれました。
「NIKKEIプラスワン」の記事が。

エスカレーターに乗ったとき左側に立って
右側を空けるのが東京。「左空け」が大阪。

一体、これっていつからそんな決まりができたのか?
なぜ東京と大阪で空ける側が反対になるのか?
不思議で仕方がなかったのです。

エスカレーターの発明者については様々な見方があるそうだが
多くの人が実物を目にしたのは、1900年のパリ万国博だったそうだ。

では片側空けはいつ頃から始まったのか?
ニューヨークの地下鉄駅が起源だろうという見方が強い。
米国で地下鉄駅にエスカレーターを設置したのは、ニューヨークの
バワリー駅が最初で1906年のこと。
当時は人口が急増しており、
「混雑する駅で少しでも早く移動したい」という意識が芽生え
エスカレーターを歩く人が増えたのではないか?

なぜ左側空け?それは交通規則が関係して
いるらしい。
米国では左側が追い越し車線だから。

ではなぜ、大阪が左空けなのか?
大阪が米国流に左空けになったきっかけは
1970年に大阪で開かれた日本万国博だ。

「万博会場に設置された動く歩道が始まり。海外からの来訪者
のために左空けを基準とした。

では東京の右空けはどこからきているの?
「日本の交通規則がそのまま習慣になっている」
日本では車は左。追い越し車線は右側だから。

日本は鉄道に英国の技術を導入した関係で自動車も英国流の
左側通行が決まりになったという説があるそうだ。

ただし、英国は車は左側通行なのに、地下鉄などのエスカレーター
米国と同じ左側空け。

そもそも片側を空けることに意味はあるのか?
「両側に一段おきに立った場合と、片側を空けた場合を比べた
研究結果を見ると、確かに片側空けの方が混雑は少ない」
と早稲田大学の浅野光行教授は話している。

ところがメーカーは片側空けに反対だという。
エスカレーターの歩行は転倒などの危険が多いのでやめてほしい」とか。
鉄道各社も
「エスカレーターの歩行利用は控えてほしい」という立場だそうだ。
東京メトロでも
「東京の地下鉄構内でエスカレーターの片側空けに関する
アナウンスをしたことはない」としているので、
結局は、片側空けは自然に定着したものではないかということらしい。

シカゴやニューヨークでショッピングセンターや映画館で観察を
してみると、確かに左側を空ける人が多いけれど、右側を空ける人も
かなりいるという結果が出ているという。

江戸川大学の斗鬼教授も
「大阪の左空けは次第に薄れている。どちらとも言えなくなっている
都市も増えている」と指摘しているそうだ。
時代とともに変わっていくのかもしれない。
・・・・・・以上「NIKKEIプラスワン」より抜粋・・・

なるほど、人間の知恵で自然に定着してきたものなのか?
しかし、明日から規則ではないからとエスカレーターに乗ったとき
右側に立ったままで動かなかったら、
一斉に白い目で見られるだろうな。

起源を知ってちょっとラクになった。


inosis   mado  ino

                 
        

新しい年もよろしくお願いします。

2007/ 01/ 04
                 
喪中なので3日間はおとなしくしていました。
というのは表向きの理由で、昨日までは何だか忙しかったのです。
何度も引っ越したブログもやっと落ち着くことができましたのも
支えてくださったみなさんのお力が勇気を出させてくださった
のです。
ほんとうにありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願い致します。


mame

今年は、黒豆も紫花豆も使わないでこの「かずのこ入りひたし豆」を
作ってみました。
レシピはこちら
さっぱりとしてなかなかおいしく出来ました。

kinto

栗きんとんは、毎年作ったことがなかったのですが
昨年の秋に大粒の栗をいただき、その人が
「ゆでて皮をむいて冷凍しておくとお正月に使えるよ」とアドバイス
してくれたので、ずっと冷凍してありました。
しかし、今まで栗きんとんを作ったことのないワタシ。
その栗をどう調理するのかも分っていなくて、30日にふと思い出して
栗きんとんのレシピをみたら、さつまいもと
栗の甘露煮を使う
と書いてあるではないですか!

ええ???
ということは、冷凍の栗を「栗の甘露煮」に仕上げなければ
いけないじゃないのよ~~。あれれ、大変!
急いでネットで「栗の甘露煮」のレシピを探し、何とか完成。

サツマイモを裏ごしし、何とか↑の「栗きんとん」を作ったけれど
どうも本に出ているものと色が違う。さつまいもが少なかったのかな?
でも食べてみると味は悪くないではないか。

思い切ってお客さんに出してみたら、
「お店で買った栗きんとんは、ものすごく甘くて食べにくいけれど、
これは「栗」の味が生かされていてさっぱりとしておいしい」

とほぼみなさん同じ感想を言ってくれたのです。

お世辞だと思えないほど、よく食べてくれて、何だか自信が出来た。
ヨ~~シ来年も手作り「栗きんとん」を作ろう!
そのためには秋によい栗を手に入れなければ・・・・。