スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

お役立ちグッズ

2007/ 11/ 29
                 
ティースクープインフューザー
sukupu

ティースクープ=茶杓
インフューザー=こし器
茶葉をすくうスプーンと茶漉しが一体化した「一人二役」をこなす道具。

一人でおいしい紅茶を飲みたい。でもついついティーバッグで済ませてしまっていた。
そんなときに、この道具を新聞で見た。

すぐに電話をしたけれど、「完売しました」との返事。
しかも「次回いつ入荷するか分りません。」


手前の広い部分で茶葉をすくい、
thisuku

細いほうを下にしてカップに入れ、あとは湯をそそぐだけ。
下三分の一ほどに穴があいているので、そこが茶漉しの役をする。

使用後、茶葉を捨てる時は、本体底のストッパーをはずす。
thi

細い底にたまった茶葉が落ちやすくなるし洗うのも簡単。

英国の若手デザイナーによって生み出された家庭用品の新進ブランド
ノヴァクックの製品らしい。

取り扱いのグローバルアロー社が関連のショップを教えてくれたけれど
そちらも完売。
びっくりしながらあきらめていた。


つい、先日、職場の男性がこれを持ってきてくれた。
休日に「東急ハンズ」へ行ったときに見つけたと言って買ってきてくれた。
しかも値段も1000円。(ネットでは3150円のものしか売っていない)

新聞で見たのは、1029円プラス送料になる。

私の好きな「フォトナムメイソン」の紅茶を缶入りでもらってもなかなか
一人で飲む機会がなかった。
これでゆっくり楽しめるぞ~~~。


ところで、紅茶をミネラルウォーターで入れるとおいしくないということ
ご存知でしたか?

私、知りませんでした。

ミネラルウォーターは硬水だそうです。
紅茶は軟水で入れた方がおいしいそうです。

では、「○○のおいしい水」とか「湧き水○○」とかのペットボトル詰の水は?

これも、ペットボトルに詰めた時点で空気が少なくなっているので、あまり
おいしく出ないとか・・・。

一番おいしく飲めるのは、水道水だそうです。

一人用コーヒーフィルター、一人用紅茶漉し・・・と何だか「一人用」の準備を
してるみたいだなあとおかしくなった。(全然そういうつもりじゃなかったけど)

しみじみとかわいく年を重ねたいなあと思う今日この頃、周囲を見回していると
年を重ねるほどにかわいくなっていかないと、嫌われるよ!と痛感することが多い。



                 
        

京都の旅は続く・・・・二尊院・天龍寺

2007/ 11/ 25
                 
東福寺に早めにいったので、多くの観光客と入れ違いに出口に向かった。
そして・・・
二尊院へ

nison

二尊院はその名の如く来迎(阿弥陀)如来と発遺(釈迦)如来の
二尊を安置することから名づけられた寺院である。
寺院の後背地が小倉山になり正式には小倉山二尊教院華台寺と呼ばれ
承和年間(834~847)に嵯峨帝の勅願寺院として円仁(慈覚大師)が開山した。
その後鎌倉時代に入り法然の弟子たん空により再興された。

nison2

京都はお寺で成り立っている都市だ。
どこの寺院でも拝観料と称して、大人一人400円~600円をとられる。
その上に駐車場代を払う。駐車場の整理員を何人も置いている。

ところが、この二尊院だけは拝観料は払ったものの、駐車場代だけは無料だった。
珍しい。
nison3


藤原定家が、百人一首を選定した場所として有名な「時雨亭」
を見たいと従姉妹が言うので、行ってみることにした。
かなり山奥の方になり、何段も階段を上がるので、姉婿は下で待っているという。

sigure

ここで、記念撮影をした。
一人でここを訪ねてきていた男性を撮ってあげたお返しに、その人が
私たち4人を撮ってくれた。

二尊院の前のレストランで湯豆腐を食べて天龍寺へ・・・


                 
        

もみじ狩りは続く

2007/ 11/ 24
                 
18日、午後2時過ぎに京都について、その日に
大原三千院・永観堂・清水寺とよくばってもみじを追いかけた。
19日朝は、早めに出発して「東福寺」へ行った。

観光客が動き出す前にという作戦を立てていたので、車で
出発したけれど、意外とスイスイと走れた。
東福寺の近くの100円パーキングに駐車して、そこから歩いた。
kaizan

開山堂(常楽庵)
この隣の部屋で朝のおつとめが始まった。

東福寺のくわしい説明はこちら

touhuku

通天橋からみたもみじ
tuten



sanmon
日本最古の三門で国宝に指定されているそうだ。


tohuku

sazanka
さざんかもきれいに咲いていた。

momijitou

これは、高松の宮さま・三笠の宮さまが寄贈されたという立て札が書かれて
いたが、葉の種類がちょっと違うようだ。
いとこが「これは紅葉するのではなく、通年で赤いもみじではないか?」と
言っていたが、よく分からない。
追記:  
私が歩く植物図鑑と尊敬している「横浜のほほん」さんがコメントで教えてくださった
通り「あおしだれ(青枝垂)」でした。おーちゃんさん、ありがとうございました。

葉っぱは年中赤いわけではなく、春はやはりグリーンだそうです。



huyusakur

ちょっとボケているが、冬桜を初めてみた。
寒かったので、焼きたて熱々の「焼き餅」を買って食べながら歩いた。
京都は、あちこちで「焼き餅」を売っている。

このあと、「二尊院」「天龍寺」「渡月橋」とまわった。
次回もしつこく紅葉のアップです。

今日は、9時から松本清張の「点と線」のドラマを見なければいけない。

                 
        

ちょっと中休み

2007/ 11/ 23
                 
毎日、もみじの話ばかりなので、今日はちょっと中休み。

今日は、久しぶりに青梅の友人に会った。
お父さんのところにヘルパーさんがくるというので、待合せの時間を
いつもより30分遅らせた。

数日前から、めまいがして病院に行って薬をもらったが、その薬を
飲むとまた気分が悪くなるという。

彼女は、いい加減なところがなく、律儀で何でもきちんとなってないと
イヤな性格の女性なので、一緒にいるとちょっと窮屈に感じる雰囲気
も持っている。

で・・・・例によってお父さんのグチをこぼす。

お父さんがタバコを一日2箱も吸うので、身体によくないし、私も傍で
吸わされることになるので、本数を減らすか、タバコを止めるように
度々言うと、お父さんが
「オマエは気が狂ってる!」と怒るという。

そこで、ケンカになるとか。

そんなグチを聞きながら、買い物をしてストレス発散する二人。
ところが見ていると、彼女の買い物は、「これはヘルパーさんにあげる」
「お礼を送る人にこのタオルを一緒に入れてもらう」
などと、周りに気を使うことが多い。

う~~んこれじゃ、ストレス発散にならないでしょうに・・・・。
「あなた、ヘルパーさんにまでお礼をあげるの?」
「だって、お世話になってるんですもの」
「そりゃまあそうだけど、そんなに気を使っていたら、気が休まらないでしょう」
「だけど、私の性格としてそうしないとイヤなのよ」

いつもは彼女のグチを聞くだけにしているが、今日は思い切って言ってみた。

お父さんも、もう先が長くないんだから好きなタバコも吸わせてあげなさいよ。
好きなものを食べて、好きなものを飲んでキラクに暮らさせてあげた方が、
あなたにとってもお父さんにとってもいいんじゃないの?
ガミガミ言うあなたもイヤだろうし、聞くお父さんもイヤな気分になるだけじゃないの。
少しくらいハメはずしたっていいじゃないの・・・


まあ、そうだけど・・・・
とちょっと不満そう。


あっというまに時間が過ぎていつものようにあわただしく電車に乗った。

帰り道、まんまるお月様を見上げた。
家の二階の窓から撮ってみた。

otukisam



永観堂のライトアップの写真をもう一枚。
結局、もみじになってしまった。。。。。
momiji

                 
        

ライトアップされた紅葉

2007/ 11/ 21
                 
eikan1

永観堂と清水寺が紅葉のライトアップをしているということで、食事は後回しにして出かけた。

そうかあ、ライトアップのことをすっかり忘れていた。
あらら~、ライトアップって撮影設定はどうするんだ?全然予備知識がない・・・・・・。
暗がりで、カメラをいろいろいじっていると、他の人はどんどん先へ進んでしまって
置いてきぼりになりそうで、仕方なくいい加減に撮ったので、
ライトアップのよさがまるで撮れていない。

eikand3


もみじのライトアップは初めてみた。来てよかったなあとしみじみ思った。

いとこは、京都が好きで、今年の2月にも京都へ来ている。
私より5歳年上だけど、一人っ子のせいか、私や妹を姉妹のようにかわいがって
くれる。

実の姉が18歳でお嫁に行ったときには、私はまだ8歳だった。
だから実姉よりも、いとこの方が姉のような存在になっている。
妹の家と従姉妹の家が近いせいもあって、
私は高知へ帰ると、必ず妹の家に泊まり、従姉妹の家に行って、3人で夜
遅くまでおしゃべりをするのが楽しみだ。

亡くなった兄が元気だった頃、「いとこ会」を毎年開催し
その連れ合いも集まり、にぎやかに交流していたので、我が家のいとこ
たちは(主に母方のいとこたち)みんな仲がいい。

eikand4


話をもとに戻して・・・・・
永観堂も清水寺もライトアップの夜は、人出が多かった。
清水寺の写真が一枚も撮れていない。
折角の「清水の舞台」も夜のせいで(イヤ、私のウデが悪いせいで)
どれもこれも、没の写真ばかり。ガッカリ!!

写真はすべて永観堂です。

eikand2

eikand5



昨日の「三千院」の写真の追加です。
もみじの下の苔と池にちりばめられたもみじの様子もきれいだったので。

koke

ike



                 
        

京都の紅葉と遊ぶ

2007/ 11/ 20
                 
一泊二日の京都・紅葉の旅。
欲張ってめいっぱい紅葉を追いかけたので、帰りの時間も遅くなった。

sanze1

sanz2

今回は、従姉妹夫婦と妹夫婦が高知から車で京都へ、私が横浜から新幹線で
落ち合い、東本願寺の正門前で車に拾ってもらう計画だった。
従姉妹のダンナが地域の役員の仕事が入り、代りに姉婿が車に乗ってきていた。

午後2時過ぎ、無事に車に拾って貰い、一路大原三千院に向かった。

この時期、京都はすごい人出なので、観光客の逆を行こうということ
になり、他の人たちが観光を終わって帰る頃、私たちは出発したわけだ。

さすがに、三千院の方は、しぐれていたので、車の行く手にくっきりと「虹」の
アーチが出ていた。ラッキー!

一日一回は時雨れるのが京都。だから傘は絶対に必要だとか。

写真は、あまり満足できるものは撮れていなくて残念な結果になった。
そのかわり、目にはしっかりと焼き付けてきた。こちらは満足。

北山杉の間から見える、夕日に映えたもみじがきれいだった。

yuhi2


従姉妹は、歴史にくわしくて、三千院の奥にまだお寺があるはずだと
教えてくれて、更に奥へ進んだ。
hukin

来迎院 本坊というお寺だったがそこの写真が一枚もない。

sanz3


そこへ行く途中で「カツラ」の木を見つけた。
「横浜のほほん」さんのブログでかわいいハート型の葉っぱを見せて
もらっていたので、その話をしていたら、従姉妹が「これだ」と教えてくれた。

katura1

木の下に葉っぱが落ちていたので、かつらに間違いないだろうということに
なったが、でも「横浜のほほん」さんのブログの葉っぱはもっと厚手のような
気がする。果たしてほんとの「カツラ」の木なのか?
katura2


寒いというよりは、風が冷たかった。横浜をでるとき、覚悟はして出たが
まさか手袋までは要らないだろうと持っていかなかったが、手袋がほしいくらい
手が冷たかった。
今年は、紅葉がまだ半分くらいしか進んでいないらしく、嵯峨野などは全然
ダメだと旅館の人が話していた。
なので、私たちも嵯峨野へ行くのはとりやめた。

三千院を出て予約した旅館へ荷物を置きに行った。
この旅館も高知出身の方が、経営している旅館で古いけれども落ち着いた
静かな昔ながらの旅館だった。

荷物を置いてすぐ、「永観堂」と「清水寺」のライトアップに出かけた。
それはまた明日。

sanz4

                 
        

意味が違うんじゃないの?

2007/ 11/ 17
                 
毎月一回目薬をもらうために、眼科へ行っている。
診察券を出す時、必ず受付で「お変わりありませんか?」と聞かれる。

これはすべての患者に聞いている。
要するに「かゆみとか目やにとかが出ていないか?」
前回と何か症状が違っていないかを聞いているのだ。

と私は思っていた。

事実、他の患者さんも「はい、変わりありません」
とか
「今朝起きたら、こんなに目の上が腫れてたんです」とか答えている。

ところが、今日、若い男性の患者が来ていた。
いつものように、受付の人が
「お変わりありませんか?」と聞いた。
「多分変わりありません」
「多分?」
「毎日進歩がないから・・」
「・・・・・・・・・」

聞いていて、何だか吹き出しそうになった。

病院の受付で日常生活について、まるで世間話のように
あるいは久しぶりに会った人に言うように
「お変わりありませんか?」
などと言うわけないでしょう!!

その会話を聞きながら、10数年前のことを思い出した。
現在働いている病院の面接を受けに行ったとき、履歴書の「趣味」の欄に
「読むことと書くこと」と書いた。

私にとって「読むこと」といえば「読書」で
「書くこと」といえば「文章をかくこと」という認識が当然だった。
だから、それを読んだ人も当然、そういう理解をすると思っていた。

しかし、ある日、病院内に「お知らせ」の掲示をすることになり、
総務の男性に
「ホラ、○○さん(←私の事)、得意のお知らせだよ。書いてよ」
言われた。

「ええ?私、お知らせを書くのは、字に自信がないからイヤですよ」

「だって、趣味の欄に【書くこと】って書いてあったじゃないのよ~~」

「ええ??え~~・・??」

やっと私も、気づいた!

なるほど~~、人それぞれに言葉の受け取り方が違うのだなあ。

それにしても最近特に「意味が違うでしょう?」と言いたくなるような
会話が多くなった。
世代の違いだけでもなさそうだ。
自分だけが分っていて相手に説明する部分を省いてしまう会話が
多いからかもしれない。
思いやりの心が足りないのか?

manryo

manryou2

万両の実が今年はやっと生き返った。
昨年は地植えにしたが、どうやら日当たりが悪くなり、枯れそうになっていた。
鉢植えに変えて、日当たりのいい場所に移動してやったら、葉っぱの色も
実の色も鮮やかになってきた。よかったぁ!


nobotan

sikon

シコンノボタン
花が終わった後は、こんな実に変化していた。
知らなかった。おもしろい花だなあ。


明日から一泊で京都へ行ってきます。
急に寒くなってきたので、冬支度が必要かな?

                 
        

南半球のさくら

2007/ 11/ 16
                 
今年も、オーストラリア在住の知人が「ジャカランダの花」の写真を送ってくれた。
南半球の桜とも言われ、今の季節(オーストラリアは初夏?)
何とも印象的な紫色の花を咲かせる。
6年前にシドニーへ行ったときにこの花に出会って以来、忘れられない
花になった。

そのことを知っている知人が毎年、写真を送ってくれるのはほんとに
うれしいことだ。
今回は、知人の友人が撮影した写真だそうで、ブログ掲載の許可を
いただいた。
とてもきれいに撮れている。
ちょっと残念なのは、小さなサイズで送ってくださったので、
クリックで大きくして見て頂けない。

とにかく、並べてみましょう。
jyaka

sakura



こちらはブーゲンビレアとのコラボ
bugen

jyakaranda



そして、なつかしいオペラハウス
opera

osuto

息子たちは、この景色を背景に、結婚記念写真を撮ってもらっていたのを
思い出す。
オーストラリアは、もう一度行きたいと思っているが、果たしていつの日に
実現することか・・・・。


今日は、夜10時からドラマ「歌姫」を見なくてはいけないので、
早めにブログを更新。
「歌姫」のことは、高知出身で関東在住の人たちが書き込みをしている
ML上で話題になっていて、見たいと思いつつ、放送日も局も分らなかった。

別の知り合いのブログでもこのドラマのことを書いていたので、
その人に放送曜日やチャンネル6を教えてもらって以来、欠かさず
見ている。

ドラマの舞台が、高知県土佐清水市なのだ。
ふんだんに「土佐弁」が出てくるのがなつかしく、更に出演者が
かなり上手に「土佐弁」をこなしているのもおもしろい。

郷里が舞台になっているドラマは、やはり見るときにも力が入るもの
だなあ~~。


                 
        

元気をもらってます。

2007/ 11/ 14
                 
最近、「きっこのブログ」にハマッテいる。

最初は、どうせミーハーブログだろうぐらいに偏見を持っていた。
読み始めたキッカケは、
高知のバスの運転手が警察という巨大組織を
相手に冤罪で戦っているニュースをきっこのブログで取り上げ
作者は少しで多くの人に知ってもらいたいと、自分のブログでも
詳細に説明し、憤慨している。

全然見ず知らずの人なのに、理不尽な事件だと堂々と自分のブログで
意見を言い、直接運転手さんとも連絡をとり、本人の記事を自分のブログにも
掲載してあげたりする姿勢にちょっと驚いた。

それ以来、やたらと気になって読み始めた。

先日の民主党小澤さんがミソをつけた「大連立」問題についても
仕掛け人と言われるナベツネさんのことを自分なりに分析し、明快に
解き明かしている文体に感心した。

単なる批判や悪口ではなく、一本筋が通っている。
長々と書いている文章だけど、ポンポンと歯切れがよく、ためらうことなく
一気に最後まで読ませてしまう文章力はさすがだなあとすっかりトリコに
なってしまった。

それも難しい文章で書いてるのではなく、そこらへんの威勢のいい
姐御がポンポンと物をいって相手を納得させる、という雰囲気なのが
おもしろい!

読んでいて「おもしろい!」と言ってもらえるような文章を書いてみたい。

何よりもびっくりしたのはアクセス数。10万とか100万アクセスというのは
知り合いのブログでも聞いたことあるけど、きっこのブログでは、
59688995という(今日現在)アクセス数なのだ。

5千9百人ですよ!!

しかもご本人はそんなことは全然気にしている様子はなく、自分は
ブロガーではないという。
ブログはコメントをもらい、それに返事をつけ、さらにコメントをくれた人の
ブログにコメントを書きに行く。そんな面倒くさいことはきらいなので自分は
Web日記を書いてるだけだ。だから自分のブログにはコメント欄などつけて
いないという。

そして、トラックバックなるものも、ブログ自身もよく分っていない。
Web日記でしかないとさらりと言って嫌味がないのも納得させられる。

時々、書くネタがなくて悩むときなど、「きっこのブログ」を読みに行くと
何となく元気が出てきて、自分の悩みなど馬鹿馬鹿しくなってくる。

あちこちで「ブログのアクセス数を増やす方法」だの「トラックバックで
アクセスを増やそう」だのという文章をみることが多い。

きっこのブログはそんなコセコセした手法など使っていないだろう。
みんなが勝手に読みに来て勝手にアクセス数が上がっているという
言ってみれば小説やレコードが勝手に売れるのによく似ているかもしれない。


haibisu

bisukasu

一本の枝からポロポロと葉が落ちて枝の先も死んでしまっている
ので、あきらめていたハイビスカスが残りの一本の枝に花を咲かせた。
よかった!生きている枝があったのだ。
これを大事に育てなくては・・・。

magerete

マーガレットコスモスも再び全盛期!
ありがとうね!

kinkan

そしてキンカンの実も色づいてきた。
今年はシロップ漬けを成功させねば!





                 
        

値上げの余波

2007/ 11/ 12
                 
灯油を毎週巡回車から買っている。
先週の日曜日18リットル1650円だったのに、一週間後の昨日は
1680円になっていた。
12月からは、また値上げになるとか。

ガソリンも値上げになって、大型安売り店の配達が今月末で廃止に
なるらしい。
電話をすればいつでも配達してくれていた小売店でも、その日の午後2時
までに注文のあったものだけ、当日配達。
それ以後は、翌日配達になるというお知らせが来た。

ビール(瓶)を1ケース買ってくるのはちょっと大変だ。
車に乗せるのはお店の人に手伝ってもらえても、家について
門から、台所までとてもケースごとは運べない。
瓶を数本ずつ何回にも分けて家の中にいれるしかない。

ガソリンの値上げがいろんなところに被害をもたらす。
食品を買っていても値上げを実感する。

そろそろ年末調整の書類を出す時期。
今年から、定率減税がゼロになった。しかも損害保険の短期ものの
控除もなくなった。

寒い寒い冬になりそうだ。



sijimi

しじみのすまし汁
しじみの味噌汁は一般的ですが、すまし汁はあまりしないのではないでしょうか?

あれこれ手をかけず、調味料も最小限しか使っていないのに、しじみそのものの
味がおいしいのです。
まさに「かんたんで美味」

貝の汁物はあさりでも、しじみでもだしは使わなくても大丈夫。
貝から出るうまみがだしになるから。これも簡単にできるポイントです。

ただし、4人分で300?というのは量的には結構たくさんです。
たっぷり使うからこそ、このおいしさがあるとも言えます。

なお、千切りのしょうがは不可欠。しょうがが全体の味をひきしめます。

・・・・・・・・以上、NIKKEIプラスワンより転載・・・・・・・・・

しじみの下処理

砂抜き済みとして売られていても、時間があれば30分ほど水につけた方が
安心。しじみの場合は真水につけます。
そのあと殻をこすりあわせてよく洗い、汚れを落とす。
しじみの身には鉄分やカルシュウムがたくさん含まれています。


                 
        

睡眠時間

2007/ 11/ 08
                 
日本人の睡眠時間がここ20年で最も短くなり、
とくに働き盛りの世代での減少が目立つことが、
総務省がまとめた06年の社会生活基本調査でわかった。
その一方で、仕事時間は増加し、余暇など自由に使える時間も減っており、
寝不足で懸命に働く日本人像が浮き彫りになった。


というニュースが載っていた。

寝不足で懸命に働く日本人・・・・・
そうだよなあ、我が家の息子たちもいつも仕事から帰ってくるのは
夜の12時とか1時。夜、入浴する時間がないので朝風呂に入っていた。
そのためには、翌朝6時前には起きなければいけない。
そんな毎日を続けていたら、万年睡眠不足じゃないか!

睡眠不足の頭で仕事がこなせるのか?ほんとに心配する。
何とかして改善しなければいけないのに、周囲もみんなそういう状況
だと一人だけ有休を取るわけにもいかないらしい。

しかし、考えてみれば、私も睡眠時間が短い。
毎日12時に寝て翌朝は5時40分に起きる。
睡眠時間は6時間足らず。だから毎日眠い。
昼間は何とか仕事をこなしているが、家に帰って夕飯を終え、
入浴を済ませると、ソファでうたた寝することが多い。

休日もちょっと疲れて昼寝などすると際限なく寝てしまう。
周囲の人がよく「眠れない」とか「睡眠薬を使っている」とか言っているのを
聞くことがある。

私は眠れないなどという経験がない。新幹線や飛行機に乗るとすぐに眠って
しまうタイプなのだ。
寝ても寝ても眠い・・・・というのが本音。
だから、早起きしなければいけないときには困る、というか自信がない。
今朝もオットのゴルフのために5時起きだった。眠い。

「年寄りのクセにそれはおかしいじゃないの?」と言われることが多い。
年がいくと午前3時ごろに目がさめてその後眠れない人もいるという。

えええ???毎朝、5時40分だってやっと目覚ましのお世話になって起きて
いるのに・・・・。

なぜ、そんなに就寝時間が遅いかというと、
これはひとえにオットのせいなのだ。

オットはそれこそ年寄りのクセに夜更かしタイプで延々と飲みながらTV
を見たり、本を読んだり12時までどうしても寝ない。
そりゃ、自分は毎朝7時に起きればいいので、睡眠時間は確保できてるでしょうよ!

じゃあ、さっさとオットより先に寝ればいいじゃないか?と思うでしょ?
ところが・・・
飲む人って、最後に必ず「味噌汁」とか「スープ」とかで締めくくるのです。
「自分で勝手にスープを温めて飲んでください」と言って寝ればいいような
ものだけれど、結婚した時からこういうスタイルになっているので、
今更、先に寝るというわけにもいかない。

なので・・・・睡眠不足を12時までの間にソファのうたた寝で補わないと
もたないのだ・・・・。

ということは、私も働き盛りの年代なみに寝不足で懸命に働く日本人
部類に入っているのか!

pinku

このブログを書き終わったら、午後11時45分。
さあ、寝ましょう。明日のために。




                 
        

相棒

2007/ 11/ 07
                 
薬害エイズのときにもそうだったけど、今回のC型肝炎薬害の被害者の
件もほんとにひどい話ですよね。

やっと、舛添大臣と被害者の方との話し合いの場が報道されて
いたけど、にこにこと作り笑いをしている大臣とその大臣を睨みつける
ようにして見つめている被害者の方たちがとても対照的だった。

そして、元厚生官僚が
「誰がどうやったか、書類をどうしたか、といわれてもぐちゃぐちゃに
なっていて分らないんだよね」

などとインタビューに答えているのが聞こえてきたときには無性にハラがたった。

一体、責任は誰がとるのよ!
ウソを言ったり、隠したりすることを指示した人ぐらい分るでしょう?

まったく、役人が責任を取ったという話を聞いたことがない。

被害者は、保険を使っても治療費に6~7万円もかかるというのに、
一体だれが補償をしてくれるのか、どうしてこうもいい加減な仕事が
できるのか・・・・・

言い出すとキリがない・・・・・・。



「相棒」は毎週水曜日にみているドラマのこと。
このドラマは、5人ぐらいの作家が交代でシナリオを書いているようで
オットもいつも「脚本がうまくできている」と感心して欠かさず見ている。

右京さんと薫さんの相棒コンビがまた息があっていて、楽しいミステリー
に仕上がっている。



で・・・思うに、国会議員も、もっと秘書をうまく使って、頼りになる
相棒に育てたらどうでしょう?
相棒になるべき人が、官僚なので、いつのまにか立場が逆転して
官僚にうまく操られている大臣の姿ばかりが目立つ。

国家試験一級をくぐりぬけてきた頭脳を持つ官僚は、なぜもっと国民の
ためにその頭脳を使ってくれないのか?
いつのまにか私利私欲のためにすばらしい頭脳を使うようになる。

人間は誘惑には弱いということなのか?




先日銀杏の撮影に行った公園で泳いでいた鴨たちを動画に撮ってみた。
ちょっと逆光になって暗いのはあしかず。
動画はこちら

kamo
                 
        

ありがとう

2007/ 11/ 06
                 
ityou

休日の晴れた日に付近の秋を探してみた。
銀杏は、半分くらい黄色くなっていた。
いつも行く大きな公園もまだ、紅葉は十分ではなかった。

kouyo
さくらの木もすっかり赤くはなっていなかった。

さて、さて、表題のありがとうは、
この11月7日で、ブログを引っ越してから、一年が経った。
最初のブログは500ポストの記事を載せていたのに、ある日突然誰かの手によって
削除されてしまい、さまよった末に、このブログで落ち着き、無事に一年が
過ぎた。

これもひとえに、支えてくださった方々のお陰だし、毎日読みに来てくださる
みなさまのお陰とほんとに感謝している。

くじけそうになりながらも何とか、続けていられるのも、励まして下さる人が
いてくれると思えるからこそだ。

先ほど、DMをずっと遡って読んでいると、昨年の今頃、ブログ事件の後
励ましのメールをたくさんいただいていた。
読み返しているとまた元気が出てくるような気分だった。

私は、携帯のメールは保護していないけど、PCのメールは、ケッコー保護して
いるのだ。

つらつら思い返してみると、どうも私は、トラブルにまきこまれやすいタイプかもしれない。
あの事件の相手が自分のブログで私の事を「トラブルメーカーらしい」
などと悪口を書いているのを読んでちょっとムカっとしたけれど、
いや待てよ・・・確かにトラブルがふりかかる。

自分からトラブルを起こしているつもりはないけど、いつの間にか巻き込まれて
事件の中心に座っている自分に気がつく。

結婚が決まった頃、オットが言った言葉を思い出す。

義母が四柱推命で二人の相性を占ってもらったら、二人とも運勢が
強いので、反発しあってうまくいかない、といわれたそうだ。

長男が生まれた後、親しくなった近所の奥さんに「よく当たる占い師さんがいる」
と聞いて、義母が心配した四柱推命の占いのことを相談してみた。

二人とも強いからいいんですよ。これが片方が弱い
運勢だったら、どちらかが早死にして後家になるか、ヤモメになるかの運命ですよ。
でもあなたは、他の人よりも先が見える人なので苦労が多いと思う。
ずっと先のことを考えて発言しても他の人はそこまで見えていないので
なかなか理解してもらえない。
何ヶ月か何年か経ってから、やっと周囲の人があなたと同じことを言い始める。
そこまであなたは一人で苦しむことが多いと思う。


トラブルに巻き込まれるたびにこの言葉を思い出す。

きっと、いつか分ってもらえるときがある。真実が明かされなければおかしい。
自分を信じて耐えていれば、神様はちゃんと差し引き勘定をしてくれる。
世の中、足し算、引き算が合ってるはずだ、と思うことにしている。

脳が一番いい働きをする年齢なのだ。
元気出して行こう!!


kouyo04

hato

この公園に住み着いてる鳩たち。
いつもこうやって桜の木の上でクック、クックと鳴いて話し合っている。


                 
        

さっぱりしたマイガーデン

2007/ 11/ 05
                 
sora04

そういえば、3日は文化の日、いつもの時間に起きたら、こんな雲が・・・・
残念ながら、電線が・・・・・・。

そうだ、3日、4日でマイガーデンは冬化粧をすることになっている。
かなり伸びきっていた庭木がばっさりと短くカットされた。

さっぱりしたけれど、折角きれいに咲いていた「やまほろし」の花も
すべてなくなってしまった。
04ueki
アベリアの花は終わっていたけれど、これもこんなに短くなった。


ueki04

tipu

そして、きれいに草を取ったあとに、こんなチップを敷いてくれた。
植木の根の保温にもなるし、土が活性化されるとか。
チップの説明を聞いていて、勘違いしていたことに気づいた。

木の根が土の表面に出てきたりしていると、今までは土が少ないのかと
思って、上から土をかけたりしていた。

ところが・・・

それは根を冷やすことになっていけないことだとか・・・・。
一番元気な根が土の表面に出てくるのだとか・・・。
根が表面に見えてる状態はむしろ植木にとってはいいことらしい。

知らなかったぁぁあああ!
今までの植木屋さんはそんなこと誰も教えてくれなかったよ~~。

さっぱりしたというか、ちょっと淋しくなった庭木の足元で元気に咲いていた
八重咲きのインパチェンスもちょっと数が減ってないかあ??
inpa5



chens


門を入ったすぐのところにタイルを敷いてあったが、水に濡れると、ツルっとすべって
しまうので、滑らないタイルに張り替えてもらった。
2日間、若い植木屋さんは、すべて一人でやっていった。
仕事が早いし、段取りがいい。

ポストにチラシが入っていたので見積もりを取りにきてもらったとき
この人は大丈夫と思ったカンは外れていなかった。
よかった!

それはいいけど・・・

実は、私も庭の片づけをした。
温室にしようと数年前にスチール製の棚を作っていたが結局は使わない
ので、分解しようとかなづちで棚をはずす作業を始めたが、これが
錆付いたところもあり、なかなかはずれない。

普通のかなづちではうまくいかないので、ちょっと大きなハンマーを買ってきた。
かなり~~~~の時間をかけてやっと分解した。

お風呂に入ったら、
あれええ、指の先がお湯の中でジンジンと痛いぞう~~。

かなづち(ハンマー)でスチールを力任せに叩いたんだものね~~。
きっと明日からもっと痛くなるかもね。

おまけにハンマーでおもいっきり叩いたはずが右足のヒザ下
に外れた・・・痛かったぁああxxっぁあああ!
そこは腫れて内出血していた。
いつもの万能薬、「タイガーバーム」をつけておいた。

明日はもっと腫れてくるぞ~~とオットに言われた。


                 
        

「ちりとてちん」

2007/ 11/ 03
                 
NHKの連続TV小説「ちりとてちん」を毎朝見ている。
とてもおもしろい。

前回は、東京制作の「どんど晴れ」
今回は、大阪制作の「ちりとてちん」
「芋たこなんきん」のドラマも大阪制作だったけれど、どうも
大阪発の方が、ドラマとしてはおもしろいような気がする。
ドラマのセリフ自体が漫才の掛け合いみたいで、「さすが大阪」と納得
しているのは、私だけだろうか?

今回の「ちりとてちん」は、1回目から登場人物の心の動きなどが
とてもリアルに描かれていて期待以上の連ドラだと思う。

人間模様をうまく捉えているところが気にいって、毎朝欠かさず見てから
出勤することにしている。

ドラマを見ていると時々セリフがず~~んと胸に響く時がある。
そういうときに感動してしまう。
大阪発のドラマにはそういう場面が多いような気がする。
と思うのは、私が関東以西出身だからかもしれない。

murasaki
もう終わったと思っていた「むらさきごてん」がまだいっぱい咲いている。

goten

murasaki02




先日、感性アナリストの黒川伊保子さんの
講演会の抜粋を記事にしたが、もっとくわしく講演内容を教えてもらった。
その中で興味深かった言葉。

【人間の脳が最もバランスよく働くのは、53歳以降】 
53歳から60代の脳は生殖ホルモンの働きが減少して脳のバランスが
一番いい時である。男性は人の話が聴けるようになり、社会では頼れる
人となり、女性は社会のことを考え出す。女性が社会に発言していくことが
大きな力となる。50代、60代の女性が世の中のことでおかしいと思うことは
発言していく。
バランスのよい脳を持つ50代、60代の女性の存在が企業、地域、
家庭でもっと大切にされるといい。 



子どもへの「早寝早起き朝ご飯」のすすめ。
早寝でメラトニン、
早起き朝ご飯でセロトニンというホルモンが分泌され子どもに集中力、
好奇心を付けてくれる。
夜中の10時から2時の間の睡眠が成長ホルモンを
分泌する。
子どもは成長し、中高年女性は骨粗鬆症の予防となる。
早起きのセロトニンはうつ予防。朝日を浴びて反復運動が効果を増す。
朝の乾布摩擦、家事をしているだけでよい。


 
50代、60代は、まだまだこれから!とちょっと元気が出てきた。

オットの母がよく
「40代は、女性の花盛り、知恵盛りの時期だよ」と言っていた。

ということは、女性は40代以降が最も知恵が働き、脳がうまく機能する時期
ということだろうか?

angero
「アンゲロニア」エンジェルフェイス


                 
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。