スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

よいお年を・・・・

2007/ 12/ 28
                 
sukaisukaipu


「スカイプ」・・・・世界中どこへ電話をかけても無料
お互いにスカイプ同士で通話した場合に無料だが、でも相手がスカイプ
ではなくて加入電話だったとしても、こちらがスカイプだと、普通の電話同士の
料金よりも安くかけられるようだ。

世の中便利になりましたね。
さきほど、インドネシアジャカルタへスカイプで電話をしました。
ウエブカメラをつけたら、パソコン上に相手の顔も出てくるのです。

孫娘の動きをみながら、会話ができるのです。
要するにTV電話のパソコン版。

ちょっと画面は小さいけど、
(画面いっぱいに大きくすると画像がちょっとボケるのです)
でもしっかりと顔が分るのです。

カメラ、イヤホン、マイクすべてセットで3000円足らず。
(スカイプセットなるものができていてびっくり)

お値段の方も、数ヶ月前とくらべれば、格段に安くなっていてお店でびっくり
の連続だった。

お正月に二男夫婦が来たら、またジャカルタと交信しよう。


sirase


今年もこのブログへたくさんの方がきてくださって、感謝しています。
来年もまた、助けていただければありがたいです。

ほんとうにありがとうございました。
どうぞみなさまよいお年をお迎えください。

                 
        

ああ、忙しい・・・・

2007/ 12/ 24
                 
クリスマスもおせち料理も我が家は何も関係ないのになぜか忙しい。
買いものに行くと、お店には人がいっぱい!
駐車場は、どこも満車状態。

夕方、24時間開いている郵便局へ行ったら、そこも駐車場に並んで
待っている状態。窓口にも列ができている。

どうして??
年末になると毎年、こういう光景になる。みんな何を買い込んで
いるんだろう。
何を送っているんだろう??

だから、お正月って嫌いだなあという思いが年々強くなってくる。
12月31日の次が1月1日になるだけじゃないか、と思ってしまう。
若い頃から、こういう思いがあった。
おかしいかなあ~~??



kinkan

我が家で収穫した金柑をシロップ煮にしてみた。
おお、ケッコーいけるじゃないの!、でもちょっと種が多すぎる。


keki

いろいろ整理していたら、ケーキのレシピがでてきた。
簡単そうだったので作ってみた。
忙しい日じゃなかったの?

粉を一切使わないおから100%ケーキ

こちらも、なかなかイケル味でした。
出来立てを食べたら、ふかふかでおいしかったぁ~~。

仕事も最終章、また明日から忙しい日々だろうな。

                 
        

冬のスイカと箸置きと牡蠣

2007/ 12/ 22
                 
hasioki

「これ、覚えてる?」と職場の栄養士さんが持ってきた。
「ああ、ジャカルタから帰ってきたとき、お土産に買ってきた箸置きね」
「そう、これを患者さん用にお正月に使いたいんだけど、
お宅に、いくつかあったら貸してくれない?

籐製品の材料で作った箸置きだ。

早速家に帰って探してみたけど、多分ほとんど人にあげたらしく、家には写真の
3個しかなかった。


ふと思いついてジャカルタにいるお嫁さんに頼んで、買って送ってもらおうと
メールをしてみた。
古い資料を探し出して、売ってたお店の名前と住所を書いておいた。


すぐに返事がきて、彼女は、そのお店を知っているという。
「先週行ったとこだったんですよ」と言って、来週月曜日に行ってくれるという。
その上、ちょうど日本へ一時帰国するお友達がいるので、荷物をその人に
頼んでくれるとか。

こういうところは、長女嫁は、すぐに頭が回転してとってもテキパキとやってくれる。

頼りになるぅぅ~~~!!

普通だったら、姑からこんなこと頼まれたら、いろいろと口実をつけて断わる
ところなのに・・・・。感謝!感謝!


kurisumasutonakai



suika


ところで、冬のスイカをいただいた。
思ったよりも甘くておいしかった。しかし、スイカはやはり汗をかきながら食べる
方がおいしいような気がする。
でも送っていただいたことに感謝!感謝!



と思っていたら、友人(といっても私よりかなり年下)から「広島の牡蠣」
が届いた。

kaki

「能美」という場所の牡蠣で特においしいそうだ。
冷凍もできるそうなので、お正月まで保存しておこう。

彼女とは、シンガポール駐在時代に知り合いになり、帰国してからも
ずっと付き合いが続いている。
毎年「今年こそ会おうよ~~」と言いながらお互いに忙しく、彼女が武蔵野市に
住んでいて近いにもかかわらず、電話の会話のみになっている。
広島出身なので、こうやって土地のおいしいものを送ってくれる。

私も、彼女が一番好きな「文旦」などを送ったりする付き合いを続けている。

こちらも感謝!感謝!である。

                 
        

値上げの波

2007/ 12/ 19
                 
昨日、いつも行くおいしいパン屋さんへ行ったら、
おばさんが
「申し訳ないですけど、来年からパンが値上がりします。
粉と油が値上がりし、さらにパンを入れるビニール袋も値上がりするので
もうどうしてもパンの値上げに踏み切らざるをえないのよ。
すみませんねえ」
とおっとりと言っていた。

先にそうやって謝られると、こちらは何も言えない。
周囲のものすべてと言っていいほど、値上がりしている。
それもものすごい勢いで・・・・・。

何かおかしくないか?
何か狂ってないか?

今日、給与データを銀行に送ったけれど、今年の年末調整などほとんど
期待ができない。
取り返せる税金など、ほんの数千円程度。
がっかり!もいいところだ・・・。

momiji2

今頃、モミジの写真?
そう、我が家のモミジやっと色づいてきたのです。
もうすぐ新年だというのに・・・・。

doudan

どうだんつつじも、やっと赤く・・・・・・。
なんだか季節はずれのような、間抜けな映像のような・・・・。

この間、高知へ帰る前に、友人が一冊の本を貸してくれた。
「犬と私の10の約束」 川口 晴 著
空港の待ち時間から読み始めて、飛行機の中でもずっと読み続け、高知龍馬空港へ
到着する前に読み終わっていた。約2時間あまりで読んだことになる。

いつもは、飛行機に乗ると必ず寝てしまう私が機内でずっと本を読むことは珍しい。
この作者はまだ若い。そのせいか語り口がさわやかで、しかし、どんどん引き込まれ
早く先を読みたい!!という思いが湧いてくる物語だった。
そういえば、読みながら気づいたことは、この本はそのずっと以前に
日経新聞で紹介されていた。
読み終わって、何ともいえないさわやかさと物悲しさが混じって、イヌに対する優しい
気持ちと同時にその気持ちは人間関係にも反映していることがよくわかった。


もうひとつ、びっくりしたのは、飛行機のチケットが「ウエブチェックイン」
できるようになっていたことだ。
いつもは、ネットでチケットを申し込み、空港でクレジットカードを入れると自動的に
チケットがでてくる。いわゆるチケットレスで飛行機を利用していた。

それが最近「webチェックイン」をする・・・・などという項目があったので何となく
申し込んでおいた。
すると出発日の前日、メールが届いて「webチェックインが終わりました。
出発ゲートには10分前にお越し下さい。ゲートでは登録したカードをタッチ&ゴー
でお通りください」と書いてあった。
しかし、そのメールを読んでも空港でチケットを取り出さなくてもいいという風には
理解していなかった。

荷物を預けるときにもクレジットカードを機械にタッチするだけで
「高知行き○時○分発」という紙切れがでてきて確認してくれた。
飛行機に乗るまでのすべての場所を機械にタッチするだけで通過できた。

おお、ここまで進歩したのかと一人びっくりするやら気持ちよいやら・・・の
ひとときだった。

mannryou

万両も益々赤くなってきた。
manry3


kinkan

そして「キンカン」かなり色づいてきたので先日収穫した。
シロップ煮を作らなくっちゃ!

                 
        

そんなこと最初から分ってたでしょ!

2007/ 12/ 16
                 
年金「特別便」あすから発送だそうだ。

最後の一人まで、最後の1円まで、来年3月までにやりとげます。

社会保険庁の職員が年金をネコババしたのなら、そういうヤツは牢屋に入ってもらいます。

等々、随分力強く舛添大臣は言ってましたよねえ。

トーンダウンもいいところ。

ここまで職員がいい加減だとは思わなかった??

そんなこと国民は最初から分っていたことですよ。それを舛添大臣がハッパをかけて
やらせてくれるとつい信じたのがバカだったんですよね。

だって、いくら「コンピュータで、ばあ~~と名寄せすれば分る」ったって
パソコンに入れるデータがなければ意味がないこと。
そのデータは人が作らなければいけないものなんでしょ??

そんなデータがあればここまで放置はされてなかったはずでしょ?
データを放置して○十年、あげくは捨てたりしてるデータもあるのに、どうやって
名寄せなどできるの?

そんなこと最初から分っていたことなのに、いまだに、誰も処分もされないし、
牢屋に入った人もいないし、総理をはじめ、いっせいに言い訳、言い逃れの
毎日ですよね。

できもしないこと最初から言わなきゃいいのにぃぃぃ~~~。

それでも、そんな自民党をいまだに信じて大阪府知事に立候補する人もいる。
橋下さん、お若いのに、自民党から立候補ですか?
もっとも、立候補は100%ないと言っておきながら手のひらを返すやり方は
自民党さんの体質そのものだから、それでいいのかもね。


syako

(クリックで大きくなります)
saboten
お花は裏切らないからいいですよね~~。

町村官房長官や伊吹幹事長なども、謝罪したり言い訳したり、全く情けない。
こういうお年寄りたちのいい方を聞いていると、私の元上司のいい方とそっくりだと
思った。

元上司を簡易裁判所に呼び出して、私に対する暴言に対して謝罪するようにと
調停を求めたら、
「そういうことを言った記憶がない」
「言ったとしても、暴言などではなく、受け取り方の問題で感性の違いだ」
「業務命令などではなく、ただ本人の意向を聞いただけ」

などと、どっかの大臣と同じような答弁をしていた。

自分が発する言葉は、その場その場の思い付きではなく、もっと責任を持って
言ってほしいと思う。
あとから謝罪するくらいなら、最初からそんな言葉を出すな!
と言いたい。

国民の受け取り方が悪い、のではなくそういう風に受け取られるような
いい方をした方が悪いのではないか?
反省する・・・ということ
ができないような人間にはなりたくないと思う。

kakutasu
                 
        

朝市

2007/ 12/ 13
                 
高知へ帰るといつも妹が近くの朝市へ連れていってくれる。
名前は「かざぐるま市」。
野菜や果物を生産者が直接出品しているので、新鮮だ。
それに何よりも安い!
ysai


ポテトもシシトウも白菜もみんな一袋100円。
結局、あれもこれも買ってしまって宅急便で送る事にした。

tomato

従姉妹がおいしいトマトも一箱くれたし、こちらから持っていった
ものも一緒にして送ってくれるので、お願いした。


kuromame

珍しかったのは、「黒小豆」
ご飯を炊く時に普通に入れて炊飯すればよいとのこと。
小豆ご飯ができあがるのだ。

生姜も100円なので職場の人にお土産に買った。
生姜の保存法は、冷蔵庫じゃなくて常温だそうだ。
ちょっと湿らせた新聞紙に包んで常温で保存すれば長持ちするとか。

知らなかったぁぁぁ~~

店で買ってきてもビニールに入ったまま、冷蔵庫に入れていた。
どうも色が変わって長持ちしないなあと不思議に思っていた。
白菜だって、ほんとは冷蔵庫に入れないで、新聞に包んで立てて保存
しておくほうがいいらしい。

でも保存場所が・・・・・・・。


女姉妹って年がいくほどにいいものだなあとしみじみと実感した里帰り
だった。
来年2月には妹の二男の結婚式があるので、また高知へ帰ることになった。
もうチケットは予約したので、楽しみにしている。

                 
        

シャコバサボテン

2007/ 12/ 10
                 
syakoba

シャコバサボテン (クリスマスカクタス)
【さぼてん科シュルンベルギア属】 原産地  南アメリカ
茎の節のまわりに突起があり、そのかたちが「シャコ」に似 ているところから
「シャコバサボテン」という名前がつけられたそうだ。

昨年は全然咲かなかったのに、今年は昨年の分も取り返すかのように
満開に花をつけている。

saboten

kakutasu

日々、蕾が開き、全体が花でいっぱいになるところを楽しみに待っているのに
先に咲いた花は、すぐに落ちてしまう。

冬は暖かい室内で管理・・・という花が多くなって、室内が満員になっている。

                 
        

それはないでしょう!

2007/ 12/ 07
                 
usbmemo

いつも行く電気屋さんから招待状がきたので、安いものにめぼしをつけて
行ってみた。

USBメモリー1GB 1780円 を買ってきた。
今までのものと比べたら、ぐぐっと小さい
memori

左側が今までのもの 64MB

デジカメ用のSDメモリカードなども今はほとんど1GB以上の大容量ばかり
になっている。
時代はどんどん進んでいるということか。


明日の午後から高知へ帰省する。
母の七回忌のため。
飛行機のチケットを予約する関係で12月8日に法事をしてほしいと
希望を言ったのが10月初旬。
姉も妹も実家の近くに住んでいるので日時などは融通がきく。
だから私が帰省できる日をいつも優先してくれる。

11月末に妹が「お寺に予約をするのを忘れていたらしい。12月8日、9日は
お寺の都合が悪いんだって」と電話をしてきた。

「それはないでしょう!10月に言ったはずだよ!忘れてたってどういうこと?
七回忌だよ!!!」

と、つい電話でどなってしまった。

予約を忘れていたのは、兄嫁なのだ。
私たちはいくら娘であっても、嫁に行った身。母の法事といえども私たちが勝手に
お寺に電話をするわけにはいかない。

兄は、母よりも先に旅立ってしまったので、今実家に住んでいるのは
兄嫁一人。

母の命日は12月10日。
法事は、命日前にしなければいけないと聞いている。

従姉妹も法事には出席したがっていたけれど、兄嫁がみんなが寄り集まって
くることを好まない性格なのか、誰にも案内も出さない。
仕方がないので、姉妹だけで法事を・・・ということになり、それもイヤだと
言うなら最悪「お墓参り」だけになっても仕方がないか・・・と覚悟を決めていた。

しかし、こんな大事なことで、イヤな予感が的中するなんて・・・・・。

あわててお寺に都合を聞いたら、7日なら空いている・・ということになったので
午後3時にきてもらうことにしたらしいとまた妹が言う。

ええ??3時って、私が空港へ到着するのは午後5時40分だよ~~

それを聞いた姉がさすがに怒って兄嫁に電話をしたらしい。
「娘しか出席しないのに、帰ってくる人の時間に合わせてやればいいじゃないのよ!」

で、結局、お坊さんには午後5時にきてもらうことになったらしい。

母もかわいそうに・・・
たった一人の長男に先立たれ、内孫たちの面倒は自分が息子に代わって
見なければ、という思いがあったらしく、東京にいる二人の孫たちが
マンションを買いたいといえば、頭金を出してやり、年老いて兄嫁に面倒を
みてもらうことになるので、経済的な援助は十二分にしてきた。


でも・・・でも・・・なのに・・・・

死んでしまったら、法事をすることすら忘れられているのか・・・・。

それはないでしょう!


とにかく、明日高知へ帰ってきます。
お仏壇に手をあわせ、お墓参りをするだけになるでしょうけれど・・・。


                 
        

感動ものだったよね~

2007/ 12/ 03
                 
昨日の、韓国と日本の野球、そして今日の台湾と日本の野球、
北京オリンピック出場権をかけての熱戦、ほんとに見ごたえがあった。

韓国は強いチーム。日本は韓国に負け越している。
見ていても最初から力が入り、文字通り息詰まる試合展開だった。
選手一人一人も気合が入っていることが画面からも伝わってくる。

チームワークもよく取れている。

韓国戦は4時間半もの長時間接戦、見てるほうも疲れたが選手たちも
疲れただろう。

そのせいか、今日の台湾戦はラクに勝てるはずなのに、最初から元気が
なかった。6回にホームランを打たれ逆転されたときには、日本は
ちっとも打てないから、負けるのではないか?とちょっと不安になった。

結局は、またもや試合から目が離せなくなった。

しかし、「選手達はほんとによくやった」(星野監督の言葉)。

やはり、国をかけての戦いは感動が大きい。
久しぶりに見ごたえのある野球を見た。

habotan

キャベツ・・・じゃなかった・・・ハボタンを今年も植えた。

habo


昨年はパンジーやビオラを植えなかったので、今年は買ってきた。

panji

biora


野球中継で思ったのだが、TVの画像は台湾の放送局が撮っていたのだろうか?
ヒットを打ってもボールのゆくえをカメラが全然捉えない。
どこにボールがあるのか分らない。
人物中心なのか、どうも感動的な場面の捉え方も今ひとつ物足りない。

biora2


もうひとつ、不思議に思ったのは、日本の選手が塁にでたとき、手袋を片手に
しっかり握って走ることだ。
なぜポケットに入れて走らないのだろう?
もしかしてポケットから飛び出て地面に落ちるとまずいから?
滑り込みをしたとき、飛び出るかもしれないから?

オットに聞いても「知らない」とそっけない。
このなぞを解いてほしい。

biora3
真ん中に伸びてるビオラ、どう見ても「顔」に見えるけど??


                 
        

今年もお終いかア~

2007/ 12/ 02
                 
とうとう、カレンダーがあと1枚になってしまった。
早いなあ~~。あっというまに11枚のカレンダーがなくなってしまった。

さてさて、庭を眺めていたら、我が家の小さな庭でも赤くなった葉っぱが
目だってきた。
natutubaki

tubaki

なつつばきの葉がこんなに赤くなるとは・・・・
昨年は気づいていなかった・・・・?まさか・・・。

doudan
どうだんつつじもやっと赤くなってきた。
しかし、肝心のもみじは紅葉していない。


はつゆきかずらも株によって色が違うのがおもしろい。
hatuyuki5

hatuyuki1

hatuyuki2

全然赤くならないはつゆきかずらもある。
hatuyuki4


グリーンの葉が濃くなっている。挿し木をしたせいか?
hatuyuki3




二男が、勤続10年の休みを2週間もらえることになったので、二人でスペインへ
行ってくるという。結婚2周年記念も兼ねてだとか。

ほんとは勤続10年は昨年のはずだったのが、休みをもらえなくて、今年に
持ち越しになっていた。
けれど、例によって課長は今年も休みをやれないと言ったらしい。
お嫁さんも建設会社の体質の古さを嘆いていた。

しかし、オットに言わせれば、
「10年やそこらで普通は休みなど取らないぞ。オレなんか取らなかった。
考え方が甘すぎる!」ということになるらしい。

息子もあきらめていたら、どういうわけか会社内の風向きがかわってきたらしく
部長が「積極的に休みを取るように」と言ったらしく急遽2週間もらえるように
なったとか。
但し、昨年まではお小遣いつきだったのが今年から休みのみになったらしい。

まあ、それでも年中忙しい経理は、12月しか休みが取りにくいので
10日から2週間休みを取ることにしたとか。

最近は、どうも身内が海外へ行くとか、長女嫁が孫を連れて一人でジャカルタから
帰ってくるとかという話をきくと、なぜか道中が心配で仕方がない。

二男にも
「いくら旅費が安くても名前を聞いたこともないような航空会社はやめなさい」
「現地へ行っても、ローカル線の飛行機には乗らないようにね」

などとしつこく言った。

ふと昔、私が故郷へ帰省するたびに、母が常に道中を心配して口やかましく言って
いたのを思い出した。
そのときには、「うるさいなあ」と聞き流していた。

自分もあの時の母の年齢になったのだなあ、としみじみ思った。

                 
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。