六義園(りくぎえん)

2008/ 03/ 31
                 
「NIKKEIプラス?」を見ていると光に映える夜桜の名所
7位に六義園がランク入りしていたので、行ってみようと思った。

夜なので一人で行くのはちょっと躊躇するので、オットを誘ってみた。
赤坂サカスをみて六義園へ回ればいいと単純に考えて家を出発したのが
間違いの元だった。

その上、オットがこういう場所にあまり興味を持つタイプではなく時間をかける
なんてことはもっての外、という人種であることも忘れていた。

sidare

肝心の枝垂れサクラが幽霊のように撮れてしまった。
しかも一番のメインのライトアップを見ることができなかった。

六義園を一回りし終えた時、時刻は午後4時30分だった。
ライトアップは5時半過ぎからだという。
みんな庭園の中にある「お休み処」でお茶を飲んだりお団子を食べたりして
待ってる様子。

ところがわがオットは「冗談じゃない!あと1時間もこんなところで座れるか!!」
と言ってさっさと地下鉄乗り場へ向かったのだ。

rikugi

六義園は柳沢吉保が元禄15年に築園した和歌の趣味を基調とする
「回遊式築山泉水」の庭園だと入口でもらったパンフレットに書いてあった。


niwa

しかし、入園券を買うためにものすごい行列だったのにはびっくりした。
夕方になるともっと入園してくる人が多くなっていたのはライトアップが30日
までという期限付きだったこともあるだろうが、夜桜を見たいという人がこんなにも
多いのかと初めて見る光景にも驚いた。
rikugien

rikugi2


地下鉄に乗ろうと歩いていると入口で小学5~6年生くらいの女の子が
鼻をすすっている声が聞こえる。チラっと見ると目もちょっと赤い。
花粉症で鼻をすっているのかと通り過ぎようとしたとき、どうも泣いているように
見えたので、おせっかいなオバサンは気になって

「どうしたの?一緒に来た人とはぐれてしまったの?」
と思い切って聞いてみた。
すると大きく頷いている。

「携帯は持ってないの?」またうなづく。
「相手の人は?」
「持ってる」と、か細い声で答える。
「相手の人の携帯番号を知ってる?」
と聞くと首を横にふる。

最近、子供が泣いている姿など見るとどうも胸が痛む。
特に、孫娘と同じ年齢の4歳くらいの女の子が泣きわめいたりしていると
たまらなくつらい気持ちになる。

「呼び出しをしてくれるかどうか聞いてあげるから」
と一緒に六義園の裏門入口へ行き、行列の整理をしていたおじさんに聞いた。
「それなら、中へ入ってマイクを持ってる人に聞いて!」と言われ、
マイクを持ってる人を探した。

マイクって・・・大きなラッパ型のハンドマイクのことだった。
「連れの人とはぐれたようですけど、呼び出しなどしていただけますか?」
「はい、分りました。」「大丈夫だよ。心配しなくていいからね。こちらへ来て」
と優しく女の子に言ってくれたので、安心して私は引き返した。

でも帰りの電車の中で
「あの女の子は無事に連れの人と一緒にサクラをみているだろうか?」
と気になって仕方がなかった。

tubaki3




                 
        

赤坂サカス

2008/ 03/ 30
                 
アカサカサカス
連日、TVで(TBSのみだが)放映しているので、土曜日午後から
行ってみた。
ほんとは、六義園の夜桜を見に行くのが目的だったが
ついでに、アカサカサカスも見てみようとオットを誘ってみた。
珍しく一緒に行くというので昼食を済ませて家をでた。

時間配分を考えずに出発したのが失敗の元だったのだが・・・・。

sakas


歌で有名な「さくら坂」を上り周囲の桜を探したが、サカスの桜はまだ植えられた
ばかりでかわいらしい桜の木が多かった。
ちょうど、TV特番の「マラソン」をやっていて道路は封鎖されて思うように
歩けなかった。

akasak

sakas29

「新しい文化を咲かす」「桜を咲かす」「笑顔を咲かす」「夢を咲かす」
などの思いをこめて「Sacas(サカス)」という名称にしたそうで
桜は100本植えられて、違う種類が順番に咲いていくようになっているらしい。

しかし、今回はそれは見られなかったし、メインのタワーも期待したほどではなかった。

TBSの近くには、かってオットが働いていた会社のビルもある。
珍しくオットが話に乗ってきたのは、なつかしい場所をみたいという気持ちも
あったのだろうか?

さすが昔から知り尽くしている界隈だけに、駅へ抜ける道もよく知っているので
ただ黙ってオットの後をついていくだけでよかった。

sakura5

サカスの桜は、かわいいものだけを撮ってきた。
寒緋桜もあるらしいが、何しろ道路を思うように歩けないのでいろいろ探せなかった。
早々にアカサカを引き上げて六義園へ向かった。


                 
        

サクラ、桜、さくら・・・・

2008/ 03/ 28
                 
suisen3

マイガーデンにも水仙が咲いてきた。
同じ種類のはずなのに、色が微妙に違う。クリックで大きくしてみてください。
この水仙も下向きに咲いている。

ダホディール  Daffodil, Narcissus という種類ではないだろうか?
【ひがんばな科すいせん属】 原産地は地中海沿岸

花言葉:自己愛  
ギリシャ神話ではナルシッサスという美しい若者が、水に映る
  自分の姿にあこがれて水に入り死んで水仙になったという。
  水面を見るように下向きに咲き、金色に輝いている美しい花だ

という解説を読んでみると、下をむいているのも納得かな?

suisen

この一本の水仙は下を向かず、真っ直ぐに咲いている。
水仙は、毎年何もしなくてもしっかりと咲いてくれる貴重な球根だ。



新しい理事長をトップにして再出発した職場もなんとか軌道にのりつつある。
しかし、日々感じることは世代の違いが仕事に対する覚悟の違いに通じるということ。
ただ毎日同じことを繰り返して時間を過ごしているのではなくて、より節約し、
より職場のためになることはどういうことなのか?より効率的に成果をあげるには?
などと考えている職員はほとんどいない。

仕事の段取りなどについて意見を言うとうるさがられたり、理解してもらおう
と更に説明をすると屁理屈に近い理論を主張しはじめる。
オバサンは黙っているしかないと痛感する場面だ。


こういうことを感じること自体が年齢のせいなのか?
息子や娘のような年齢の人たちの仕事ぶりをみているとしみじみと自分の
年齢を意識してしまう。感じても言葉に出してはいけない。

新理事長も息子と同じ位の年齢だが、さすがに経営者ともなると
オバサンの意見と通じるものがある。


ranan3

ラナンキュラス、マクロで撮ってみるとこんなに透明なはなびらだったのだ。

kyurasu

人間ももっと近づいて話をすれば、澄んだ気持ちで相手の意見を聞けるのではないか?


kanzasi

花かんざしは満開状態なので、ちょっとレタッチしてみた。

さくらの花も満開に近い今日この頃、明日は、「赤坂サカス」「六義園」の夜桜
見てこようと思っている。
多分ものすごい人出だろうなあ?



                 
        

いねむり

2008/ 03/ 25
                 
rozu

我が家のクリスマスローズ今頃咲いてきた。
相変わらず下を向いて・・・・。

友人が「クリスマスローズは嫌い」だという。
なぜなら、下を向いて咲くからかわいくないとか。

kurisumasu

むりやり上を向かせて、少しレタッチしてみた。
上を向いて咲く種類もあるらしい。

エステに行ってきました。
昨年同様、二人のお嫁さんからの誕生日プレゼント。
偶然にも、昨年ケアしてくれた女性は、今回のお店の卒業生だということ
が分った。現在は産休を取っているとか。

好きなオイルの香りを選んで、背中、顔とマッサージをしてもらうと気持ちよくなって
いつのまにか眠ってしまったようだ。
しかもイビキをかいたみたいで、自分でその音でハッと目覚めた。
なんと恥ずかしい!

ケアをしてくれる人は「リラックスしていただくのが一番ですから・・・」などと
フォローしてくれているけど、ほんとはあきれているに違いない。

横になったり、目を閉じたりするとたちまち眠りの中に入ってしまう自分が
ちょっと情けない。
加齢のせいかなあ??
母がよくTVを見ながらいねむりをしていた光景を思い出す。

エステはまた行きたいと思うけど、すぐに眠り込んでしまうのでちょっと悩んでいる。

boke

枝垂れ梅を撮影に行ったとき、咲いていた「ボケ」の花
どうしてこういう名前がついたんだろう。

kyurasu
ラナンキュラスを買ってみた。

ranan


職場ではいねむりをしない。きっと五日間、朝から晩まで気を張っているせいか。
だからプライベートになると気が緩んですぐ眠くなってしまう。
春になればなお更・・・・朝めざまし時計が鳴ってもなかなか起きられない。




                 
        

ええ??そういうこと?

2008/ 03/ 20
                 
mitumata2

枝垂れ梅を撮影に行った帰り道、「みつまた」を見つけた。
みつまたの花を最近よく見かける。

mitumata

ふと下をみると

hananira

何の気なしに写したけれど、これって「ニラの花」ですよね?
いままで実物を一度も見たことなかったけど・・・・

03.21日追記
これは「ハナニラ」だと横浜のおーちゃんさんに教えていただきました。
ニラの花とハナニラとは全然ちがうようです。
横浜のおーちゃんさん、教えていただいてありがとうございました。


nira

やはりかわいい!
そして名前がわからないけどこんなかわいい花も・・・・

murasaki


昼休みにしてはいろいろな花をいっぱい撮影してさて帰ろうと
車のエンジンをかけたら・・・
あれれ~~ウンともスンとも言わない。
バッテリーは昨年11月に取り替えたばかりだから、そんなはずはない・・・・
なぜか・・・・
こういうときってやはりあわてるんですよね。
とりあえず職場の男性に電話をしたら、
「自分の入ってる自動車保険のロードサービスを頼めばいいよ」
と教えてくれた。

こういうときにはさすが、男性は頼りになる。
すぐに保険証券を取り出し電話をする。と思いがけない言葉が・・・

すぐにロードサービスへ連絡を致しますが、
無料サービスは10キロまでです。それ以上は有料になります。
また、今後90日以内に同じ症状で依頼することはできません。一度だけです。


ええ??そんなこと保険契約する時には一言も聞いてなかったし、
書いてもなかったよ。
マア、とりあえず職場に帰らなければいけないので仕方がない。
すべてに「はい、わかりました」と返事をし、何分くらいでレッカー車が
来るのか、相手からの返事を車の中で待つことにした。
ダメだろな~~と思いつつエンジンをかけたら、ブルルン~~と
かかってしまった。

ラッキー!このまま帰ろう!
結局ロードサービスも使わずに帰ってこれた。

帰り道、思い出したことがあった。

PCを光ファイバーに繋ぐ時、キャンペーンのうたい文句

今、申し込めば最大2ヶ月無料
そして申し込んだ。月の初めに申し込みをしたら、今工事が混んでいるので、25日頃
になるという。
随分時間がかかるなあと思いつつ25日に工事が済み、設定もして光ファイバー
無事開通。

翌月のインターネットの請求は無料。ところがその翌月は有料だった。
当然抗議をした。
「2ヶ月無料じゃなかったんですか?」
最大2ヶ月ですから、工事が早ければ2ヶ月に
なりますが、お宅様の場合は工事が25日になりましたので、
その月は5日間を1ヶ月と数えますので残り1ヶ月が無料です。


ナニイィィ~~もしかしたら、工事が混んでいて25日まで出来ないといったのは
ウソで最初からそういう風に仕組んであったのではないか?
そうとしか思えない。
要するに、どんなに早く申し込んでも工事は月末近くにして無料期間を
できるだけ短くするという商法だったんだと気づいた。

「それじゃアナタ詐欺じゃないですか!」といって電話を切った。

最近のTVのCMでは、はっきりと「2ヶ月間無料です」
と紛らわしい言い方をやめている。
きっとどこかからクレームがついたに違いない。

政治家だって「暫定税率」とか言って何十年もガソリン代に上乗せして
国民を騙しているほどだもの。
そりゃまあ、甘いキャンペーンの言葉などには簡単にだまされてしまうよなあ~~。

TVコマーシャルのBGMに流れている歌で最近気にいってる歌。
竹内まりやの「人生の扉」
You Tubeで聞くことができます。
ぜひ聞いてみてください。



                 
        

樹齢35年の梅

2008/ 03/ 15
                 
ume35umemoji

樹齢35年の枝垂れ梅が咲いているというメールをもらって、
昼休みに撮影に行ってきた。

35ume

普通の民家の庭に咲いていた。この先何年、年を重ねるのか
ときどき観察にきてみよう。

年を重ねるといえば・・・
3月は私の誕生月。先週の土曜日が誕生日だった。

じゃあ、もう少しタイミングよく書けばいいのにぃ~

この年代になると年を重ねるのはちょっと淋しい気持ちになるけれど
マア、この一年元気でいられて無事にまた新しい誕生日を向かえられた
ことに感謝しよう。

それにこの年になって、そうお嫁さんがきてくれてから始めて
自分の誕生日を祝ってもらえるようになった。

今年もまた二人のお嫁さんからは「エステ」のプレゼントをもらった。

kouen


もうすぐ4歳になる孫娘からの「Happy Birthday」の歌のプレゼントが一番うれしかった。
PCの画面から聞こえてくる声は、最初インドネシア語で、次は英語で
歌ってくれた。
これもスカイプを入れたおかげとうれしかった。

momo

ももの花も咲き始めていた。momo2


誕生日におめでとうメールを何通かもらったものの中に

ここ数年、私は自分の誕生日を迎えると必ず考えることがあるんです。
それは「この1年で何人、新しい友達ができたかな?」、
そして「これからの1年で何人、新しい友達を増やせるかな?」ということ

今日から貴方の新しい年齢での1年が始まります。
貴方もこの1年で何人の新しい友達が増やせるか数えてみませんか?
新しい友達が増えるときっと新しい世界も広がるはず☆


この話を9日に会った友人達に話してみた。
昔同じ職場で仕事をした50代から70代までのグループ6人。
毎年一度は会うようにしている。

それぞれの意見は
☆今更新しい友達を作ってもどういう人か分るようになるまでに時間がかかる。
☆気心の知れた昔の友人と長く付き合った方がいい。
☆もう少し若ければ新しい友人もいいかもしれないけど・・・・


まあ、もらったメールの内容は不特定多数の人に対してはカッコいい文章
かもしれないけど。
でももしかしたら、今年新しい友達が見つかるかもしれないし、興味を持って
暮らしていこう。




                 
        

今日もまた・・・

2008/ 03/ 12
                 
3月13日追記
どういうわけか分らないが、昨年の9月からの写真がすべて表示されなく
なっている。
FC2のメンテナンスで消えたのか?
それにしても200枚もの写真がすべてブログ上から突然消えているのは
どうして?
取り急ぎ最近の記事のみ修復しました。



*************************************************



今日もまた・・・更新できず・・・・。
訪問もできず・・・・・申し訳ありません。

撮影にも行けず・・・・・・

とりあえずマイガーデンのローズマリー
(クリックで大きくなります)

rozumari

ちょっとレタッチしてみました。

rozumarireta



珍しくもないパンジー
それぞれ、右側が、左側の写真をレタッチしたもの

panji2



今朝は、オットがゴルフへ行くため早起きしたので、もう眠くなってきました。
おやすみなさい。zzzzzz・・・・


                 
        

3月ですねえ

2008/ 03/ 06
                 
3月になって、一週間があっというまに過ぎていった。
昼間、車で移動するとき、暖房をつけていると暑いと感じるくらいになって
しまった。

春なんだなあ~~

車でラジオを聴きながら走っているとおもしろい会話に出会った。

司会者が、ゲストにいろいろ質問をしている。
ゲストは若いミュージシャン(?)のようで、活動も活発らしく、

司会者「○○さん、随分活躍してらっしゃるようですけど、
原動力になってるものは何ですか?」


ゲスト「ゲンドウリョクってなんですか?」

おいおい、ちょっと待ってよ!これはびっくり!!

なるほど、ここまで来たか!と考え込んでしまった。

mejiro

オットが一生懸命で庭に来る小さな鳥のために食べ物をおいてやっている。


ある日、職場で話題になったこと。
お風呂のお湯は毎日取り替えますか?

☆50代の男性
奥さんが3~4日お湯を取り替えないらしい。最初はイヤだったけど
いつのまにか慣れてしまった。


☆37歳の男性
職場の事務机は、何がどこにあるかも分らないくらい散らかっている。
大事な書類でさえどこかに埋もれているし、着てくるスーツもシワだらけ
なのに、お風呂だけは毎日きれいに洗って新しいお湯を入れないとイヤ
だという。他のものを倹約してでもお風呂だけはぜいたくに入りたいそうだ。

☆34歳の女性と私と34歳の院長
やはり、他のものを節約してでもお風呂だけはきれいな
お湯に毎日入りたい。

ではバスタオルは一人一枚毎日取り替えますか?

☆50代の男性
奥さんが先に使ったバスタオルを後からお風呂に入る彼が同じものを
使う。従って彼が使うときにはバスタオルは濡れている。
しかも、それをそのまま干してまた翌日使う。
 ちなみに彼の奥さんは看護師さん。

☆34歳の院長
自分が先に子供とお風呂に入る。出る前にハンドタオルでほぼ身体を
 拭いているので、バスタオルはあまり濡れないので、後から入る奥さん
 (女医)が同じバスタオルを使い、毎日洗う。
 4歳と1歳の子供は、同じバスタオルなので、毎日2枚のバスタオルを洗う。

☆37歳の男性
バスタオルは使わないし、奥さんは毎日洗濯はしない。

☆34歳の女性
4歳の子供と同じバスタオルを使い、毎日洗濯する。ハンドタオルで拭かない。

☆私
夫も私も一枚ずつ別々のバスタオルを使う。オットが使ったバスタオルは毎日
洗濯する。私が使ったものは、タオル掛けにかけておいて2日目に洗濯する。
ハンドタオルはそれぞれが使ったものを毎日洗濯する。

それぞれの家庭でそれぞれのスタイルがあってしかもガンコにそのスタイルを変えようと
しない。おもしろいなあ。

suisen

「レタッチ」のmishiさんや「続まりおの部屋」のまりおままさんが
レタッチ加工をしているのを見せてもらっているうちに
真似をしてみたくなったので、時々挑戦してみようと思う。

botanreta