スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

講演会のお知らせ

2009/ 09/ 30
                 
私が参加しているボランティアグループから、
講演会のお知らせです。



minami

tisato

生後7ヶ月目に聴力を失い、聞こえない世界でいきることになった
南村千里さんは、いまや世界中を飛び回ってダンスの指導者・振付家として
活躍しているそうです。



setumei


作られたチラシは青葉区内の地区センターや青葉区社会福祉協議会に
置いてあります。
チラシをブログにうまく取り込めなくて読みにくいので、ABS21のHPで
ご覧ください。
申し込み方法などくわしく書いてあります。

あおばバリアフリー21のホームページはこちらから。


seji




                 
        

子供の国

2009/ 09/ 28
                 
今月もまた残り数日となった。
更新が全然できていない。ブログは死んだも同然状態。

昼間は、いろいろネタを考えて構想を練っているのに、夜になると
ドドッと疲れが来て、あきらめの境地にすぐ突入してしまう。
体力の衰えをしみじみと感じる。

疲れた体にやっとムチ打ち、パソコンの前に座った。

さあ、グチはこの辺で更新・・・更新・・・・

9月のシルバーウイークに長男一家がジャカルタから一時帰国してきた。
ちょうど、イスラム教のラマダン明け(断食明け)の休みと日本の
シルバーウイークが重なって、帰ってくることになった。

メイドも運転手もみんなお土産を持って田舎に帰るので、
ジャカルタにいてもどこへも外出できないのだ。

日本でも大型連休ともなると車の渋滞でどこにも行けない。
それじゃあ・・・と家の近くの「こどもの国」へ出かけることにした。


朝9時半が開園なので、早めに家を出発した。
が・・・・駐車場に近づくにつれてびっくり!!
もうすでに一車線道路に数珠つなぎに車がならんでいるではないか!!

えええっっ!!??

やっとの思いで何とか駐車場に入れた。

kodomo

子供の国をはじめて端から端まで回った。
いささか疲れた。ジャカルタ一家も普段はどこへ行くにもDoor to Door で
歩くことがないので、久しぶりに歩いてちょっとお疲れモード。

でも孫娘は目を輝かせてあれこれと乗りものや動物に興味を示した。

minitorein

我が家のチワワが大好きな孫娘は、他の動物も好きらしい。

usagi

bado
綱渡りをして滑り台へたどりついたり、子供の国は、お弁当を持って行って
一日中楽しめるようになっているらしい。

suberi

午後になってもどんどん人は増えて、ものすごい人出なのにびっくり。
そして帰り道、反対側車線は、こどもの国に向かう車でいっぱい。
一車線なので、途中路線バスも被害を受けてじっと車が途切れるのを待っている。
乗客もあきらめているのか、慣れているのか・・・・・。
こんな家の近くでさえ混雑しているのに、もし遠出などしていたらきっと車の中で
すごす時間の方が多かったことだろう。


ババ馬鹿かもしれないが、孫娘は今どきの子供のようで、カメラや
パソコンをすぐに使いこなす。
彼女が撮った大好きなりゅうの写真。

ryu12

ryu13

ちょっとボケているけれど、誰もカメラの使い方を教えていないのに
勝手に写したにしてはかなりうまく撮れていると思う。

DVDもパソコンで見ていたけれど、メニューの出し方など誰も教えて
いないし、マウスの使い方もスイスイと慣れた手つきだ。
お嫁さんに聞いたら、
「家では絶対にパソコンに触らせないようにしてます」とのこと。
なのに・・・・途中で終了するときにも、翌日その続きを見るときにも
ちゃんとメニューを出して順番に見ているのには、びっくりした。

オットも、何か探しものが見つからないときには、
「あの子は記憶力がいいから、聞いてみろ!」といっていた。
確かに即座に「ここにあるよ!」と探し当てる・・・・。

他人様が聞いたら、やっぱりババ馬鹿だろうなあ~~。

息子は4日間しか滞在できないので、もっぱら買い物に時間を
使っていた。
孫娘は買い物が嫌いらしく、両親が出かけると言っても「お留守番」を
するという。
なので、ジジ、ババ、孫で近くの遊び場へ出かける。
そして朝夕、りゅうの散歩に出るのが孫娘のお気に入りだ。

外出したがらないのは、おじいちゃんに似てしまったのか?

息子夫婦が私に靴とバッグをお土産に買ってきてくれたのはとてもうれしかった。
早速毎日通勤に使っている。







                 
        

モンスター??

2009/ 09/ 07
                 
hatuyuki7

すっかり9月になってしまいました。
言い訳はやめて、先日の出来事を書いてみます。

オットが腸の検査を受けた後、何も食べることができないので点滴を
受けるために、病院で一泊するようにと言われたらしい。

入院の手続きに病院へ来てくれと連絡があったので、出かけた。
もし入院するようなことになったら”大部屋”を希望するようにと
あらかじめ言っておいたので、オットはその通りいったらしい。
ところがドクターが大部屋が空いてないので2人部屋に入って
ほしい。室料は8千円(1日)だと言われたという。

入院の手続きに行った時に、受付で
「室料は無料ですよね?」と確認したら、
「いえ、2人部屋なので2日で16000円になります。」と言い、差額ベッド代
支払用紙にもサインをするようにと言われた。

hatuyuki6

それはおかしいでしょう。本人が大部屋を希望したら
空き部屋がないので2人部屋に入ってください、と言われたと聞きました。
ということは病院の都合で2人部屋に入れられたのですから、医療法上
室料はとれないはずですよ。


原則的にはそうなんですけど・・・・・・・

と受付の女性は口ごもり、ちょっとお待ちください、と中へ入っていった。

受付ではお答えできませんので、とりあえず3階の病棟へ
上がられて、師長さんに聞いてください。


そんなことを師長さんの一存で決めるんですか?
病院としての方針は決まっていないんですか?


私の勤務する病院では、本人が大部屋を希望したにもかかわらず
2人部屋や個室しか空いていないときには、部屋代は無料になっている。
もし、その時に15000円の時別室しか空いていないときにでも大部屋希望の
患者さんからは料金をとってはいけないと決められているので、
わが病院では徴収していない。

hatuyuki8

とりあえずオットの入院部屋の3階へあがって病棟の看護師さんに
話をすると
「今、師長がいませんので、連絡がとれるまで待ってください」という。
「いつまで待つんですか?夜まで待ったのに連絡が
とれないからと部屋代をいただきます。と言われても困るんですけど」


いや、そんなにはお待たせしないと思います

時間がかかるのなら、家が近いので連れて帰ります。
何かあったらすぐに病院に連れてきますので。


いま、ドクターを呼びますので少しお待ちください。

しばらく待たされて主治医の先生が説明のために部屋に来た。
ポリープがいくつかできていたので、それを徐去した。従って今日は食事が
できないので、点滴で栄養を補っているし、まれに出血する人もいるので
今夜一晩は経過を見たいから、入院してほしいという説明を丁寧にして
くれた。
そして最後に
今、部屋代の話を聞きましたが、確かに大部屋
ご希望でしたので今回は大部屋と同じ扱いで結構です。

と言った。

horosi

翌朝、退院のためのオットを迎えに行ったら

昨日の夜は大変だったぞ!主任看護師はものすごく
親切にサービスしてくれるし、主治医の上司やら部長やらが次々と来て
「申し訳ありませんでした」「ご迷惑をおかけしました」
「1週間後にはまた経過観察の診療にいらしてください」
とあいさつして帰っていったぞ。おまえの言ったことがよっぽど強烈だったんじゃ
ないか?何を言ったんだよ。


という。
いやいや、私はそんなに強烈にモンスターぶりを見せたんじゃありませんよ。
毎月CS講習会も受けていることだし、相手の気分を害さないように
普通の口調で言ったつもりですけど・・・。

それはきっと医療法上何かうしろめたいことをしているから、そういう行動になった
のではないの?

yamahoro

今日は、第3回目のCS講習会が新横浜プリンスホテルで開催された。
会場で我が家のいきさつを受付スタッフに話したら、
「よその病院では取ってはいけない部屋代も取ってるんだねえ。
そんなエライ人が挨拶に来たということは、口止めだよ」と
言っていた。

そして領収書に「入院料」として18000円と書かれていたので、そのこと
を聞くと
「ウチでも入院料は取ってるよ。でも5000円くらいだよ。18000円は高いねえ」
と言われた。
窓口で支払う時に「この入院料というのは何ですか?これの明細を教えてください」
と言ったら、「明細はありません」と言われたけど、
もしかしてここで室料を取られたんじゃないかしら?
と二人で話し合った。


この室料の問題は確かにいろんなケースが発生する。
先日、個室希望の患者さんが入院してきたが、あいにく個室が空いて
なかったので、2人部屋に入ってもらった。
そのかわり5000円の部屋代は3000円でいいことになった。

ところがその同じ部屋に大部屋希望の患者さんが入った。
当然部屋代は無料。

わが病院では食事はダイニングでみんな一緒にとるので部屋代の話が
ダイニングで話題になったらしい。
すると3000円払うことになった患者さんがクレームを言ってきた。

同じ2人部屋の片方に入って私は部屋代を払うのに、相手はどうして無料なんだと。
患者さんが文句をいいたくなる気持ちもよくわかる。
しかし、彼女はもともと5000円の個室希望だったので、それは無料にするわけ
にはいかないのだ。

根気よく説得して納得してもらったそうだが、限られた部屋数なので
入院が重なったときには、大変苦労する。


                 
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。