心優しいおねえさん

2009/ 11/ 29
                 
どこにも撮影に行けないので、マイガーデンを見渡してみた。

kantubak

寒椿が咲き始めていた。

tubaki

オットが新しく監査役を引き受けた会社は毎月1回出社しなければ
ならない。
定年になったとき、数枚保管しておいたスーツはすべてズボンの
サイズが合わなくなっている。
仕方なくスーツを新調したが、寒くなるとコートも必要になってきた。

40年近く愛用してきたコートもついに廃棄して以来、スーツの上に着る
コートなど必要ないだろうと買わなかった。

会員登録しているお店から「割引券」が送られてきたので
店に行ったら、若者向きの短いコートばかりで老年おじさん
向きの品物がない。

natutubak2
夏椿の葉っぱが紅葉してきた。

最近はどこの店に買い物に行っても、素っ気無い返事をする店員さんが多い。

「もうこれ以上、種類がないですか?」

「はい、そこにあるだけです」
「店頭になければ欠品になってると思います」


こういう会話が普通になっていたので、コートを探しているときにも
「最近は年配の方でも短いコートを着ますよ」という若い女性店員の
言葉にちょっとがっかりして、やっぱりデパートに行かなければ
ダメかな?と思っていたとき、
その女性店員が
「ちょっと倉庫を見てきますね。」
と言って走って行った。

あれ?ウチのために倉庫を探してくれるんだぁ~と期待がふくらんだ。
数分して店頭にあるものより長めのコート色違いを2着ニコニコしながら
抱えて女性が戻ってきた。

あっ、この長さならまあいいかな、というコート。色も遜色ない。
よかった!!安く買えたぁ~~。

doudan
どうだんつつじも色づいてきた。

割引券があるので、礼服も買っておこうということになったが、
体型が標準には程遠いので、上着とズボンがうまく合わない。
しかし、女性店員さんは根気よくあれこれとサイズを出してくれて
いろいろ試着を薦めてくれた。

その薦め方も嫌味がなくほんとにこちらの希望をかなえてくれる
ために一生懸命になっているという感じが見えて気持ちよく
買い物ができた。
帰りには、「たくさん買っていただいてありがとうございました」
とも言ってくれた。

帰り道、オットと「あの子は若いのに売るのが上手だねえ」と
話し合った。

若い子だけではなくて、年配の店員さんでも「売る」ということに
かけて「さすがプロだなあ」と感心するようなセールスをする
人に滅多にお目にかかることがない昨今だけに
この若いおねえさんの一生懸命さがとても新鮮で
「まだ絶望するほどのことでもないなあ」と思い直した。

manryo
万両の実も赤くなってきた。








                 
        

東京ドーム

2009/ 11/ 15
                 
14日(土)、東京ドームへ行ってきた。
オットはプロ野球観戦等でたびたび行ったことがあるらしいが
私は、初めてだった。

raito

ライトアップされたり、イルミネーションが輝いていたり、あわててカメラを
出したけれど、きれいに撮れなかった。

まあ、ドームへ行った目的は、野球観戦。
次男は入社以来ずっと会社の野球部でがんばってきた。
社会人野球なら、午前中仕事をして午後は野球の練習などと恵まれて
いるだろうけれど、息子たちのチームはいわば草野球チーム。

毎日深夜12時近くまで仕事をし、日曜日のみ練習や試合をしている。
たまの休みなのに、野球だけは早起きして出かけるとお嫁さんが言って
いたので、よほど好きなのだろう。

RBA(日本不動産野球連盟)という組織に加盟していて日曜グループと
水曜グループに分かれてトーナメントをし、決勝戦は東京ドームで
できるということでがんばってきたようだ。

siai

息子の会社は10年ぶりに4度目の決勝戦進出を決めたらしい。

次男は、中学・高校と一貫の私立に進んだが、入学と同時に野球部に入った。
一応、関東では「受験ご三家」と呼ばれる学校のひとつなので、当然大学受験を
目標に入学してくる子達ばかりなので、練習の厳しい野球部に入部する子などは
少ない。

「野球をするために高い授業料を払ってるんじゃないよ」と何度も息子に言ったが
高校へ進学しても野球部を止めなかった。
それでもたいていの子は、高校2年でクラブ活動は止めて3年生では受験に
集中するのだ。

次男もその予定だったのが、高校2年のとき、参加した東東京大会で2回戦
まで進んでしまったのが運のツキ。
それまでは、いつも1回戦で負けていたのが、その年にどういうわけか2回戦
まで進んでしまった。
受験校のA布学園などが甲子園などめざしてもムリだと分かっていながら
学校中で騒ぎになってしまった。

その2回戦も8回まで3-0で勝っていた。そのとき息子がピッチャーだった。
ところが9回裏で突如、投手が崩れて終わってみれば3-4の逆転負け。
私は2回戦を見に行けなかったのだが、クラスメートのお母さんに聞くと
終わってから息子は大泣きしていたらしい。

その責任をとって、結局高校3年の夏まで野球部を止めなかった。

rain

就職したら、すぐに会社の野球部に入部し、ずっと止めずに続けている。
甲子園へ行けなかった(最初からそんなわけないのに・・)分、
RBAは「草野球の甲子園」と言われているらしく、ドームで試合をすることを
目標にがんばってきた。

ouen
相手チームの応援団は鳴り物持参で勢いも違う。

simizu
こちらは、応援団の数もやや少ない。

折角、ドーム出場が決まったのに、息子は直前の練習でふとももに肉離れを
起こしてしまい、もしかしたらスタメン出場もないし、出番はないかもしれないと
メールしてきた。

しかし、オットと一応見に行くことにした。
監督さんの温情なのか、4回代打で出してもらえた。
打席に立ったとき、応援席のあちこちから息子の名前を大きな声で
呼んで声援してくれる人が多かったことにちょっと感激し、
会社の中での息子の存在感も垣間見れたような気もした。

musuko
3塁コーチャーズボックスに立っている息子は背番号3で一応「副主将」という
立場にいながら、活躍できなくて心なしか寂しそうだった。


両チーム、なかなかヒットも出ず、規定の7回まで0のまま。
どうやって決着をつけるのか?と不思議だった。
サッカーのPK戦に相当するもの・・・・・初めて知った。

ワンアウト満塁の場面からスタートして得点した方が勝ち

なるほど~~~。
で~~相手チームが先攻だった。無事に抑えて今度は同じ場面をこちらが
迎えた。
やはり、ヒットが出ず、2塁でホースアウト、その球が1塁へ返球された。
誰もがアウトだと思ったのが・・・・・。1塁手痛恨のパスボール。
おかげで、3塁から生還し、ようやく1点をとった。
さよなら勝ちを決めた瞬間、みんなで喜びあっていた。
そのもようはこちら

途中で、一度3塁まで進塁されピンチを迎えたとき、隠し球でアウトにし、
相手のミスにつけこんで勝ち取った優勝だった。

しかし、どのスポーツでもそうだろうけど、実際にグランドで観戦すると
やはり迫力が違って興奮するものだなあ~~。

3月にはまた水曜グループの優勝者と総合優勝を賭けてドームでの
試合があるらしい。そのときには息子もスタメン出場できるだろうか。

domu


                 
        

沈まぬ太陽

2009/ 11/ 08
                 
kouyo
薬師池の紅葉

新型インフルエンザの予防注射をしたら、どうしたわけか、すっかり
風邪を引いてしまった。
ノドが痛くなり、鼻水が出て小児科の先生に急遽薬を出してもらった。

医療従事者が優先的に予防注射ができるということで、ワクチンが
届いたが、全職員分来なかったので、看護師やドクターのみ先に打った。
しばらくして他の職員に打っても余ってしまうほどのワクチンが再び
届いた。

余分なワクチンは患者さんに打ってもダメ、返品もダメ、家族に打ってもダメ
という通達らしい。
それじゃ、捨てろということですか?お役人さん!
ワクチンが足りなくて困ってるはずなのに、そんな杜撰な計算でワクチンを
配分しないでくださいよ!!

hanamizuki

話題の映画「沈まぬ太陽」を観てきた。
超大作で、3時間10分という長さ、途中で10分の休憩があったほど。
なかなか見ごたえがあった。

こんな大作を見に来ておきながら、映画が始まってまもなく携帯の音楽が
かなり長い時間鳴っていたのにはちょっと腹立たしかった。

日航のニュースが流れるたびについ映画を思い出してしまう。

日航再建のために、職員は今年の冬のボーナスはゼロだとか。
経営に責任があるとしたら、経営陣でしょうに、職員はトバッチリを
受けた感じですよね。

赤字空港が足を引っ張っているらしいけど、その空港を強引に作らせた
政治家の責任は問われないのでしょうか?

そういう場面も「沈まぬ太陽」によく描かれていた。
いつの時にも裏で暗躍する政治屋はいるものだなあ、とため息が出た。

巨大な権力に一人で立ち向かう職員の無力さを痛感した。
会社から叩かれ続けた主人公が最後に言ったことばも印象的だった。

「お父さんは、会社を辞めない」

yakusi
komo

当選しました!

tousen

一等賞に当たったクジ番号です。
賞品は、「伊豆今井浜東急リゾートペア宿泊券」(夕・朝食付き)
     今井浜までの往復特急踊り子号の交通費もついてます。

宿泊券が当たったのははじめて!
しかし・・・うまくできてますよねえ。この宿泊券を使える期間は
来年1月から3月末まで。要するにホテルのオフシーズン、しかも休日は
使えないのです。

いつ使うかを申し込むのは今月末までだそうです。

伊豆の紅葉でも見てこようかと思ったら、そううまくはいかなかった
という話でした。


momiji3






                 
        

コスモス

2009/ 11/ 01
                 
kosmos

忙しいとはいっても、やはり季節の花を植えたいと思い、コスモスを
買ってきた。
昭和記念公園のコスモス群生を思い出した。
ゆっくり見に行きたいなあ~~。

cos3
我が家のコスモスで我慢するしかないかなぁ~~。

cosmos4


今日は、第5回目のCS講習会が新横浜プリンスホテルで開催された。
5回目ともなるとちょっとマンネリ化してきて出席するのも気が重かった。
いつも昼食を取ったあと、眠気が襲ってくるので、眠気払いのガムを
買って行った。
が・・・・・・持続性がないのか、効き目がなかった。
どうにか大眠りすることなく講習会も終了近くなってほっとしていたら

林田講師と一緒に来る、女性講師(柿原さん)が
「来月は前から約束しているところがあって私はこちらに来れません。
そこで、Yさん(私の名前が突然よばれた)私の代わりに前に出て
司会をお願いします」

えええっっ????なぜ私が???

突然のことで私は絶句したままになっていた。

終了後、柿原さんのところへ行って、「そんな自信はないのですが・・・」と
お断りしようとしたら、

「大丈夫ですよ。頼まれごとは試されごとですよ。
できないと思う人に頼んだりしません。」
と言われてしまった。

確かに講習会でいつも言われる言葉は

頼まれごとは試されごと
という言葉。頼まれると言うことはそれだけ信頼されていることだと思って
喜んで引き受けましょう。

と度々聞かされた。
そういわれると断れなくなって引き受けることになってしまった。
こりゃ、エライコトになってしまった!

magare

今月は通常業務のほかに病院の医療監査があり、来月は講習会司会、
忘年会等々忙しい。

あっ!忙しいという言葉を使うのはやめましょう。
と今日、言われたばかりだ。
忙しいという字は心を亡くすと書きます。

忙しいでしょう?と言われたら、私は、「はいおかげさまで」
と言うことにしています。仕事が忙しいおかげで生活が成り立っているのです。
忙しいということはおかげさまだということで感謝することなのです。


と柿原講師は言っていた。

jyuma

明日からは監査の資料を用意しなくては・・・・。
おかげさまで忙しい2ヶ月で今年を終わりそうです。ハイ!
せいぜい心を亡くさないようにがんばりましょう。