スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

子供手当って何?

2010/ 04/ 26
                 
不思議なことは、なぜ外国人の子供が、日本政府から「子供手当」を支給
してもらえるのか?ということです。

子供は社会の宝だから、国民みんなで育てましょう、という趣旨で子供手当
を支給するのです。


と、どこかの党の党首が言っていましたが、いつのまにその中に外国人の子供が
含まれていたのでしょうか?

少子化対策をほんとうに考えているのなら、もっと働きやすい環境=保育所を増やす、
職場の中に保育室を作る、など社会環境を整えることが先決問題ではないでしょうか?

一律に現金をバラまこうとするから、一気に養子縁組をするような不心得ものが
現れても不思議じゃないということですよね。

石原都知事が
「生活保護をもらおうなどという精神がダメなんだ!もっとプライドを持て!」

とおっしゃったそうですが、でも必死で働いているパートのおばさんの給料
より生活保護費の方が多かったら、プライドなんかより生活保護費をもらった
方がラクですよね。

現に役所の係の人が、仕事をしたいけど・・と相談に行った元気な人に
アナタ、あんまり多く給料もらうと生活保護費が減らされるから
収入が多くならない方がいいわよ。


とアドバイスしたそうです。
実際に現在生活保護費をもらっている知人女性がそう言っていました。
「だから、週2日くらい午前中だけ働けるところはないかしら?」と
相談されました。

根性論を言う前にそういう制度を見直す方が先じゃないかと、なんとも歯ぎしり
する思いでした。

国民のニーズを理解できない人を政治家と呼びたくない!




tomato

高知の「まほろばトマト」です。
妹が送ってくれました。
トマトが嫌いだったオットでさえ、「おいしい」と言って食べます。
これにバリの塩をパラパラと振って食べると甘みが出てとっても
おいしいのです。

高知の従姉の隣の家ではこの「まほろばとまと」を栽培しているらしい
のですが、それは直接東京の高級料亭が買い付けに来て、市場には
出回らないそうです。
そこのトマトの味も絶品ですが、従姉が送ってくれたときだけ食べることが
できます。

このトマトを食べると、家の近くのスーパーで売っているとまとは
水っぽくて食べられません。


mame

もうひとつ、今はまっているものが「豆」です。
トラ豆や紫花豆などを袋で買ってきて、家で自分好みの甘さにして
煮るのです。

これはオットは食べないので一人で食べています。
なので、袋の中身を半分ずつ煮てなくなりそうになったら後の
半分を煮ることにしています。
それもトラ豆と紫花豆を交互に煮るようにして食べています。

お店で売っているものは高いし、甘さが気に入らなかったりするので
自分で煮てみたら、簡単に自分好みに出来上がったので以来ずっと
はまっています。


                 
        

目黒川のさくら

2010/ 04/ 15
                 
連日朝の早起きが続いていて眠いけれど、さくらの花も
終わりなので、がんばって更新しましょう。

目黒川のさくらがきれいだと聞いたので、ぜひ行ってみたいと
思いつつ、なかなか行けなかった。

11日(日曜日)、久しぶりに午前中にスポーツクラブへ行き、
天気がよかったので、午後から思い切って目黒川へ行ってみた。

全長3.8キロメートルの川沿いの両岸に、約800本の桜が咲き競う
と紹介されていたが、とても全工程歩く元気がなかったので、
中目黒駅で降りて、上流に向かって歩くコースを選んだ。

川岸のお店の人たちも、テーブルやイスを出してシャンパンを
飲んだり、物を食べたりしながらハラハラと散っていく桜を
楽しんでいた。

なかなかおしゃれな街という風情で、すぐそばのマンションに
住んでいる人たちはさくらの枝が部屋の窓近くまで伸びていて
さぞ毎日いい気分だろうなあ、と想像しながら写真を撮って歩いた。

例によってPhotoPeachで作ってみた。
こちらの音楽はYou Tubeからつけてみました。
音楽と一緒にさくらを楽しんでください。



中目黒から上流に向かって歩いたら、渋谷の駅にでるはずだったのに
どういうわけか、帰りはまた、中目黒の駅から電車に乗る羽目になってしまった。

「全く、方向音痴なんだから・・・!」と自分でつっこみながら、
いささか疲れがドドッと襲ってきた。

来年はもっとゆっくりと歩いてみたい。



マイガーデンの花たちも自己アピールをしているので
おまけとしてPhotoPeachで見てください。
こちらも音楽つきです。
カーソルを写真の中へ持っていくと音楽スタートキーや
写真の回転キーなどが表示されます。
フルスクリーンモードでも楽しめます。








                 
        

かたくりの里の花たち

2010/ 04/ 11
                 
かたくりの里には、他にも珍しい花や木がたくさん咲いていました。
ミツマタや山つつじ、はなもも等も咲いていました。

かたくりの花は、開花までに8~10年かかるそうです。
運がよければ真っ白なかたくりの花に出会えるということ
でしたが残念ながら会えませんでした。

何より、花に名前を書いた札をつけてあるのですがそれが手書きで
なんともほほえましい字で書かれているのです。

photo Peachで確認してみてください。

on PhotoPeach



かたくりの里の帰りに恩田川のさくらを見てきました。
桜まつりをやっていたのですごい人出でした。
でも恩田川のさくらにはいつ来ても裏切られることがありません。
今まで見た内ではここのさくらは圧巻だと思うのです。

オットは「大和引地川」のさくらがよかったと言っていますが・・・・。
恩田川のさくらも PhotoPeachでどうぞ

on PhotoPeach




今日は、「目黒川のさくら」を見に行ってきたのですが、
それはまた次回に・・・。



                 
        

かたくりの里

2010/ 04/ 11
                 
4月3日相模原市城山町の「かたくりの里」へ行ってみました。
1週間以上たってやっと更新です。

かたくりの里の公式HPはこちら

かたくりの花は午前中はしぼんでいて午後から開いてまた夕方には
しぼむ、と聞いていたので、お昼頃出かけました。

4月11日までは、臨時直通バスがJR橋本駅から出ていると分かったので、
急遽出かけました。

まずは、かたくりの花をフラッシュでどうぞ。


kibana
しかし、黄花かたくりは11日ごろが見ごろということで、この一輪のみ
咲いていました。

30万株を有する南関東随一の自生地だそうで、それに個人の土地を解放されて
いると聞きました。
沢山の人が来ていました。

ところどころにベンチのようなものが置いてあり休みながら鑑賞できます。

他にもたくさんの花が咲いていましたが、別ページで更新します。



                 
        

なつかしい人と再会

2010/ 04/ 04
                 
話は3月25日にさかのぼる。

ブログで知り合った「まりおの部屋」のまりおままさんが
モロッコから一時帰国され、時間を作ってくださったので
お会いすることができた。

お台場の日航ホテルの中にある日本料理「さくら」で昼食を
したあと、皇居東御苑へ桜でも見に行きましょう、と約束して
いたのに、残念ながらその日は朝から夕方まで雨だった。

daiba

二段重ねになった料理は見た目もきれいだったし、味もよかった。
レインボーブリッジを眺めながら食事をし、いろいろお話をすることが
できた。

まりおままさんとはずっと以前に一度オフ会をしたときに日本で
お会いしている。そのときのメンバーは4人だったが、その後
メンバーの一人と私が意見の食い違いでネット上のトラブルに
発展してしまった。
それが原因で何度も私のブログは引っ越しをすることになってしまった。

その時からまりおままさんだけは終始一貫して私を支持してくれ
励ましてくれた大事な人なのだ。
他の二人は関わりたくないとばかりに去っていった。
でもまりおままさんだけはずっと現在もお付き合いして
くださって、一時帰国されたときには必ず連絡をくださる。


sakurasyok

ブログではモロッコの様子をきれいな写真と一緒に紹介している。

モロッコがどの辺にあるのか全然意識していなかったのだが、
先日調べてみてびっくりした。
北アフリカの近くではないか!

お話をきけば飛行機はフランスで乗り換えをするらしい。
フライト時間はかなり長い。
フランス、日本間はエアフランスと日航の共同運航になっているとか。

デジイチを日本で買って帰られるとかで私も新しいカメラが欲しいと
思っていたので、カメラの話やモロッコで飼っているワンちゃん2匹
と猫ちゃん5匹の話など、雨のおかげで(?)ゆっくりお話することが
できた。

これからもずっとお付き合いしていきたい大事な友人なのです。



職場の前の道路の桜が満開状態になってきたので、PhotoPeachで
作ってみました。音楽もいれました。

on PhotoPeach




                 
        

時之栖

2010/ 04/ 01
                 
カレンダーはもう4月までめくられましたね。

先月28日、2度目の誕生日祝いをしてもらいました。
もうこの年になると誕生日なんてめでたくもないのですが
二男夫婦がお祝いに食事をごちそうしたいと言ってきたのです。

バリで一度長男一家にお祝いをしてもらったのに、また日本でも・・・。

それなら食事は私がごちそうするから御殿場の「時之栖」
連れて行ってほしいと頼んだ。
これ、「ときのすみか」って読むらしいです。

友人からいいところだから一度行っておいで、と言われていたので
自分ではなかなか車を運転して富士裾野まではいけないので
連れて行ってもらうだけでお祝いになるからと頼んだ。

温泉もあるというとオットは喜んでついてきた。

私は、周辺を散策してお花とか桜を写真に撮りたかったのに、
オットはまるでそんなことには興味がない。

kurisumas
クリスマスローズがいっぱい咲いていましたが、雨でちょっと花が痛んで
いました。
相変わらず下を向いて咲いている花たちですね。

sumika

残念ながら桜はまだ咲いていませんでした。それに富士山を期待して行った
のにあいにくの曇り空。
一度もその姿をみることができなくて、がっかりでした。

時之栖の中は、「茶目湯殿」と「気楽坊」に分かれていてどちらにも
食事と温泉がついている。
茶目湯殿の方は18歳未満は湯殿には入れない。
入湯料金は日曜・祝日は2000円。

お嫁さんが食事の予約をしてくれていたので、茶目湯殿の方で
先に食事をした。

momo

食事をしながらジャカルタの話をしていたら、興味のないオットは
さっさと食事を済ませて先に外に出てしまった。
タバコを吸うためもあって・・・・。

私たちも、急いで食事と話を切り上げて、外に出た。
そして入浴準備にかかろうとしていたら、オットが
「ここの風呂は狭そうだから、別のもっと広い場所へ行きたい」
というではないか!

全くわがまま亭主には世話がやける・・・・・。
息子が携帯のネットでいろいろ検索して「御胎内温泉」というのを
見つけた。
こちらは入浴料1300円と安かったし中はかなり広かった。

山の上の方にあり、富士山に近づいていく感じだった。
富士山を見ながら入浴できると書いてあったが曇天の
ため露天風呂を楽しむだけになった。

sakura1

寒い一日だったので露天ぶろは無理かと思ったが、全然平気だった。
むしろ外の方が気持ちよかった。
いろいろ露天風呂の種類があって、入ったり出たりおもしろかった。

着替えて待ち合わせ場所へ出た時には、暑くて扇風機が
ほしいくらい体が温まっていた。

外に出ると雪のようなものがチラチラしていたが温泉で温まった
せいか寒さを感じなかった。

sakura2

それにしてもオットのわがままには振り回される。

そういえば、私がジャカルタへ行って留守の間、二男夫婦が心配して
食事に誘ってくれたらしいが
「一人のほうが気楽なので・・・」と言って断ったらしい。

他人に気を使いながら食事をしたり、話をしたりするのが
苦手なタイプだけれど、愛想のないオジサンですよねえ。

結局、食事も息子たちに御馳走してもらい、車も運転してもらって
過分な誕生日プレゼントだった。

家に帰ってお茶を飲んでいた時、お嫁さんが
「またどこか温泉にいきましょうね」と言ったら、
息子がぼそりと
「オヤジと別に行かないとゆっくりできないよ」と
言っていた。


自分の目的を達成すると他のことや他の人のことなどお構い
なしに「もう帰ろう」と言う人と一緒だと落ち着かないし、
折角の景色も味わうこともできないものねえ。





                 
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。