いい言葉

2010/ 08/ 25
                 
kotoba1

時々、「いい言葉ネット」から、なるほど~~と感心させられる
言葉の数々が送られてくる。
何度も読んで味わってみるけれど、なぜかすぐに忘れてしまう。

感受性豊かな中学生・高校生の頃にはそんなことはなかったのになあ~~。
って一体どんだけ昔にさかのぼってるんだよ~~。

今でも懐かしく思い出すのは、
高校生の頃からずっと芥川賞をもらえるような小説を書いてみたいと
思っていたことだ。
そのころ取っていた雑誌に「高校コース」という受験雑誌があった。
ふとみると、「原稿用紙50枚程度の創作小説」を募集していた。

何だか書いてみたくなり、遊び半分に書き始めてみたら、だんだん
調子が出てきて気が付いたら、一晩で50枚を書きあげていた。

我ながらびっくりして、こんなに一気に書き上げることができた
のだから、応募してみようと翌日ポストに投函した。

それっきり、そのことはすっかり忘れていた。

kazura

今年は、なぜか我が家のノウゼンカヅラがいっぱい咲いている。


小説を投函してから二か月近く経ってから、国語の先生に呼ばれ
「どんな内容の小説を書いて応募したの?」
と聞かれ、私が???できょとんとしていると、
実は高校コースから電話がかかってきて、私の応募した小説が一次予選を
通過したので、学校の方から、本当に本人の創作小説かどうか打診して
ほしいと言ってきたというではないか?


すっかり忘れていたことを鮮明に思い出して以来、ずっと選考結果が
気になって毎日そわそわしていた。
妹にも話してあったので、妹は
「学校の帰りに一番近い本屋へ行って見たけど佳作にも入ってなかった。
 別の本屋へ行って確かめてみたけど、同じことだった・・・」と言って
家に帰ってくるなり言っていた。

そりゃあ、どこの本屋へ行っても結果は同じでしょう!バカだねえ!

nousen

というわけで後にも先にも私の長編小説はこのとき限りで二度と
書くことがないまま、今現在に到っている。なあ~~んだ。

でも結構短編や新聞のコラムなどの投稿は採用してもらった
ものが多かった。特に朝日新聞の「ひととき」欄には何回も
採用してもらったことをチョット自慢しておこう。


kazura20

ノウゼンカヅラの咲き終わった後ってこんな実になるとは
知らなかった。


nouzen20


中学時代に憧れていた英語の先生が言った言葉は、今でもはっきり覚えている。

教えるとは希望を語ることであり、学ぶとは誠実を胸に刻むことである。

いま、仕事をしていて、人に教えるということがかなり難しいことだと
しみじみ思う。
何かを説明してもこちらの意図した言葉がそのまま伝わらないことが多い。

参加しているボランティアグループの経理を新しい人に引き継ぐこと
になって、手順や会計の集計、領収書の作り方など、できるだけ簡単な言葉
で説明してメールのやりとりをするけれど、
「なぜそういう話に変わっていくの???」というようなメールが返って
くると思わず大きなため息が出てしまう。

それは、経理経験者と未経験者の違いの問題ではなく、相手の話をどういう
風に聞いているか?の問題だと思うことが多い。

そしてメールに使われている言葉をどう理解したか?の問題でもある。

経理の技術的なことなど、覚えてしまえば簡単にできる。
しかし、どう理解したかによって出てくる答えは違ってくる。
更にそれをどう応用していくかにつながっていくので、言葉の理解力
は、かなり重要な要素になってくると思うことが多い今日この頃です。


sen1




                 
        

赤沢日帰り温泉

2010/ 08/ 08
                 
akazawa5

またまた更新が遅い!
赤沢温泉には4日、日帰りで行ってきた。
太平洋を眺めながらの入浴はすばらしい体験だった。
HPはこちら

akazawa4

アメニティはすべてDHCの製品。しかも無料。タオルも使い放題。
ごていねいにあかすりタオルまで置いてある。

ゆえに持ち帰る人が多く、このままでは無料サービスを中止せざるを得なくなります。
というお知らせが貼ってあった。

人さまのものを勝手に持ち帰るということが平気で出来る人が増えて
いるのだろうか?
私の勤務する病院でも、あちこちにお花を(造花だが)飾ってある。
毎週一回花瓶も花も組み合わせを変えて飾る係を私がしている。

一階外来待合室に男子用、女子用に分かれてトイレがある。
そこの花を取り替えに行ったら、ない!

花瓶も花も一式なくなっているではないか!
男子用トイレから花瓶ごと花がなくなって数ヶ月後、女子用トイレ
からもすべてがなくなっていた。

akazawa3

先日は、ダイニングで紅茶をいれるときに使うスプーンがなくなっていた。
陶器でできたもので、ちょっとおしゃれなものを買ってきておいた。
もしかしたらなくなるかも?という予感があったので5本だけ出して
様子をみてみた。
予感的中・・・というのもちょっと寂しい!


sen3

ともあれ、赤沢温泉はすばらしかった。
従業員の方も、床掃除など頻繁にしているし、湯あがりに素足で歩いても
埃がなくて気持がいい。
床も濡れたりしていないし、使用済みタオルの回収袋も常に空になっている。

盗難予防のためにそうしているとも聞いた。

食事をするレストランの床も埃ひとつないし、接客の言葉使いや態度も
感じがいい。

おそばを食べたあと、「そば湯をください」と言ったら、
「申し訳ありません。そば湯はお出ししておりません。」
普通ならここで会話が終わりになる。
しかし、彼女は
「よろしかったら、あったかいお茶をおもちしましょうか?」

と聞いてくれたので、お茶をお願いした。
ないといってしまえば素っ気ないけれど、変わりのものを提案すると
相手の気持もなごむ。
私たちもCS講習会で何度も教えられた。

akazawa2

念願の赤沢温泉に行ってきたのはよかったけれど、残念なのはいささか遠い。
朝7時20分ごろ家を出たら、高速は渋滞もなくスイスイと走っていった。
ナビを頼りにひたすら走り、到着したのが午前10時。

帰りは富士山が見られるかもしれないと思い、「伊豆スカイライン」を使った。
残念ながら霧がかかり展望台からも富士山は見れなかった。
家に帰りついたら、車は埃で真っ白になっているし、オットも私も
「疲れた~~」という言葉が出てきてしまった。

温泉へ行ったのに、疲れた~~~というのもなあ~~~~。
もう少し、近くだったらまた行きたい温泉だった。


sen2