旧古河庭園

2011/ 10/ 20
                 
16日友人と一緒に「旧古河庭園」へ行ってきた。
午前中雨かも?と心配しながら出かけたのが、思いがけなく
暑い一日となった。
あわてて朝、洗って収納してあった半袖を出して
着て行ったけれど、それでも暑かった~~~。

youkan

大正初期の庭園の原型を留める貴重な存在で、平成18年
国の名勝指定を受けているとHPに書かれている。

英国人ジョサイア・コンドルさんの設計だそうで、こよなく
日本を愛した設計家らしく、彼の手による「洋館」も
見学できた。

本来は館内見学は事前に往復ハガキで申し込みをしなければ
いけないけれど、当日申し込みができないかと入口へ
行ってみると、ありました!!朝10時半からの1回目
の見学は、当日追加申し込み12人のみできると書いて
あったのだ。

ラッキーと二人で喜んで参加した。もちろん館内は
カメラも、いろんなものに触れることも禁止。
若い案内嬢が丁寧に説明をしてくれました。

youkan2

洋館なので、すべて洋式の造りかと思いきや、中へ入ると
和室の部屋もいくつか作られていて、ジョサイア・コンドル
さんのセンスに感心した。
和室には、欄間も作られていた。今の日本家屋ではなかなか
見られない。

ちなみに高知にあるわが実家は、慶応三年に建てられた家で
彫刻欄間がついている。台所等はリフォームしたところも
あるが、家本体はびくともしないで健在だ。

seiyou

天井の高いお部屋でバラ園を眺めながら、紅茶とケーキをいただいた。

bara


高い天井といえば・・・・。
最近、我が家のすぐ近くの空き地に次々と建売住宅が
できて15日が内覧会だというチラシを持って
モデルハウスを見に行ってみた。

1階のリビングは吹き抜けの天井になっていて広さを
演出し見かけは若い人好みの家に仕上げていた。
オバサンは意地悪い質問をしてみた。
高い天井に直付けになっている照明器具を指さして
「あの電球交換はどうやってするんですか?」
「そうですねえ。あれは誰かにやってもらわないと自分ではムリですね」
という担当の案内人(若い男性)が答えた。

そして翌日、ジョサイア・コンドルさん設計の高い天井の部屋を
見学すると、照明器具は、天井に直付けではなくちゃんと真ん中に
スライド棒がついていて器具を上下に動かせるようになっている。
前日のモデルハウスの事を思い出しながら「このアイデアだよね~~!」
と心の中で叫んでいた。
大正時代のアイデアなんですよ!やっぱり設計者の感性の違いは
こういうところに現れるんだなと痛感した。


旧古河庭園の様子、またPhoto Peachでどうぞ。
バラがあまりうまく撮れていないのが残念!!






                 
        

西方寺の彼岸花

2011/ 10/ 15
                 
saiho2

10月2日、神奈川県港北区新羽町にある西方寺に
咲いている彼岸花を撮影に行ってきました。
ブログにアップするのが随分遅い!!

新羽町なんて普段は滅多に行かない所なので場所が
分かるだろうか?と不安に思いながら駅に降りた。
意外と簡単に目的地に着いた。

saiho3

こじんまりとしたお寺だった。
法事のお宅が多いのか、そういう服装の方が多かった。

写真を撮りに来た人も多く、みなさん異口同音に
「白の彼岸花は見たけれど、黄色は珍しいね」
と言っていた。

saihouji

saiho

秋の花を追っかけて撮影に行こうと思いつつ、なかなか
日程がうまく取れない。
とりあえず、あす16日は旧古河庭園へ秋バラ
を見に行ってくる予定。
友人を誘ったら、OKの返事がきたので、久しぶりに
会うことになる。

saiho4

いつものように彼岸花をPhoto Peachでどうぞ




                 
        

孫娘との毎日

2011/ 10/ 04
                 
9月18日は赤沢温泉へ行き、19日の祝日には
野毛山動物園へ女3人で行ってきた。
車は混むと思ったので電車とバスを使って行った。

ジャカルタではどこへ行くにもドライバーに
行き先さえ言えば連れて行ってくれる生活
なので、電車でキップを改札に通したりすることが
孫娘にはおもしろいらしい。

一人前に自分専用のキップを買ってもらえるのも
うれしそうだった。

「動物に触りたい」という孫娘の
希望がかなうのは野毛山動物園しかないと思った。

nezumi

小さな廿日ネズミがチョロチョロと手や肩に這い上がってきて
おもしろそうだった。

nezumi2

触れることができる動物は、ヒヨコやモルモット、にわとり、廿日ネズミ
など小さなものが多い。大きな犬に触りたいという彼女に希望を
叶えてやれる場所がなかなか見つからない。

ジャカルタ生活も6年ほどになるのでそろそろ本帰国の時期
かもしれないと、帰国したらゴールデンレトリバーを
飼いたいと言っている。
さてさてその希望は叶えられるでしょうか?


kanran

そして23日の祝日には、「葛西臨界公園」へ行ってきた。
ここは隣りの駅がディズニーランドという場所で、
日本一高いと言う観覧車に乗ったら、ディズニーのお城が
見えていた。
広々として景色のいいところだった。
水族園や他の施設もあり、ゆっくりと遊べるところだった。

孫娘がいなかったらこういう場所にはほぼ来ることがなかっただろう。
はじめて知った場所だった。

野毛山動物園の様子をPhoto Peachでどうぞ。
on PhotoPeach





葛西臨海水族園もどうぞ。
ここの魚の写真はほとんど孫娘が撮影したものです。
on PhotoPeach



9月27日、家の中ではもう添え木もはずし、普通に腕を使っても
いいよという診断をもらったのであとは日時が解決してくれる
だろうと孫娘は、29日ジャカルタへ再び帰って行った。
あと少し、空洞がうまれば完全に治癒なので、外へ出る時には
添え木をつけている時間が少し続くだろう。

早く学校へ行ってお友達と勉強したり遊んだりする方が
ストレスが貯まらなくて彼女にとってはいい環境だろうと
ほっとしている。

しかし、小さい人と暮らすにはかなりの体力が必要だと
今回も痛感した。



                 
        

孫娘との生活

2011/ 10/ 02
                 
左手首の骨折のオペを日本でして、一時ジャカルタに
帰っていた孫娘がワイヤーを抜くために再び日本へ
やってきた。
9月11日から約3週間我が家で一緒に生活をした。

普段は、仕事のため帰りが遅い私は、孫娘が食事を
する時間になかなか帰宅できない。
なので、ほとんどお嫁さんに夕飯作りはお任せ状態
になってしまった。
お嫁さんはよく気がつくので、オットの面倒まで
みてもらう羽目にもなった。

そのかわり、日曜、祝日は私がサービスをしなければ・・・。

9月18日は伊東市の赤沢温泉へ行ってきた。

huji1

天気もよく風もあったので期待した通り、富士山がよく見えた。

huji2

この富士山は帰り途伊豆スカイラインを通ったときに
みた富士山。ちょっとモヤがかかっていた。

太平洋を一望する絶景の中での温泉は昨年と同様、やはり
大満足の入浴だった。
しかしやはり日帰りするにはいささか遠い!!
今回は、往復共にお嫁さんが運転をしてくれて私はラクを
させてもらった。

孫娘も満足そうだったけれど、例によってオットが帰りを
急ぐので、いろいろやってみたいことや触ってみたいもの
などあったのに、あきらめさせられてちょっとふくれ顔に
なっていた。

しかし、帰りの車の中ではオットのひざまくらでぐっすり
眠り込んでいた。

akazawa

箱根芦ノ湖を下に見ながら、そして空でパラグライダーを楽しむ
人達に手を振りながら、スカイラインはスイスイと走ってきた
のに、高速に入ると残念ながら渋滞で、かなり体力を消耗した。

それにしても雪をかぶっていない富士山は感動がちょっと
薄くなるなあと改めて思った。