びっくりしたなぁ~~

2012/ 02/ 20
                 
roubai

蠟梅が咲いてきた。
梅の木にはあぶらむしがいっぱいつくので、それが怖くて地植えにせず
鉢植えにしたけれど、やはり大きな木に咲かせてやりたいような
気がする。


ところで、今日、職場から帰る間際に「びっくり!」したこと・・・・。
こういう話はかなり順序だてて冷静に書かないと感情的に
なりやすい。

私の職場は、産婦人科(入院設備あり)・小児科(外来のみ)の病院。
私は、総務部経理課。
毎年書類がたまり、ダンボール箱に入れて、保管するために場所確保
に苦労する。
5年間は保管義務があるので、新しいものは病院倉庫に。
古い物は、外に借りた貸し倉庫にわけて保管している。

各部署すべて書類の保管に悩まされる。

受付はカルテの整理に悩まされている。
最近は電子カルテになったが、古い紙カルテはまだ保管している。
カルテ整理係を新しく任命し、新しいスタッフが頑張っている。

毎日診療が終了するとその日の会計を受付から受け取るのが私の仕事。
本日も受け取って帰ろうとすると入口に経理の書類を入れて
いたダンボール箱が中身を抜かれたまま無造作に投げ捨て
られていた。中身に何が入っているか目録を書いた用紙と
一緒に・・・。

「えっ!これって箱が必要だったから中身を抜いたの?」

「いえ、違います。カルテの整理をしていたら、この箱が邪魔だったので
 中身を抜いて棚に入れておきました」


「この箱って経理のものが入っているよねえ?普通、中身を抜く前に
 こういう風にしたいのですが箱を捨ててもいいですか?と聞きませんか?
 聞く時間がなかったとしても、後でこういう処理をしました、と
 報告しませんか?私が捨てられたダンボールに気づかなかったら
 そのままだったよねえ?」


係の若い子は何が悪いの?というような怪訝そうな顔をして
聞いていた。

「明日私が整理をするから、これ以上書類に触らないで!」
と少々きつい言い方をして私は帰ってきた。

翌朝、受付に行くとダンボール箱がない!
「あれ?箱は?」
「元通り書類を戻しておきました」
と受付嬢。
触らないで!と言ったでしょ!という言葉をぐっとのみこんだ。

habotan5

こういう感覚って私の中では常識だけど、考え方の違いは世代の違い
なんだろうか?
私には、年齢に関係なく感性の違いではないか?と思える。

私の病院では、毎月CS講習会(Customer Satisfaction)を
開催している。
そしてクレド(credo)の中では「ホウレンソウ」(報告・連絡・相談)を
何頁かに渡って書いてある。

講習会では、クレドの解釈について受付の若い女性も優等生の
答えができるだろう。
文章を読み、解釈するという作業のみでは誰でも正解を出せると
思う。
問題は日常生活のどこで、いつ「ホウレンソウ」を使うか?
今、あなたがやった行為が「ホウレンソウ」の典型的な
例なんですよ。と実際の場面で教えない限り何度
講習会を開いたところで意味がないような気がする。

講習会の世界と日常の世界が結びついていないという
ことを最近痛切に感じる事が多い。

habotan6

キラキラハボタン

でもね、オバサンはこういう風にうるさいから若い人から
嫌われるんですよね。

「ほめて育てる」の大事さは
分かるけど、ついつい悪いところをあげつらってしまう。
もっと上手に表現できるようにオバサンも成長しなくては・・・・・。

ryu14

肥満ジイサンになった我が家のチワワ。
なりふりかまわずの姿で眠っている・・・。