雪・ゆき・積雪

2014/ 02/ 15
                 
yuki20140215 (11)

今日の午後のご近所の家です。午後でもまだこんなに雪が残るほどの
大雪でした。
ご近所みんなが出て家の前の雪かきをしながら、みなさん「こんなに積もった雪は今までみたことない!」
と言っていました。
私もここ横浜に住み始めて30年以上になりますが、こんなに深く積もった雪は
初めて見ました。

yuki20140215 (3)

玄関のヒサシの屋根にも、2階のベランダの屋根にもこんなに積もったのです。

朝9時半に歯医者さんの予約を取っていたので、雪道を歩いて出かけたとき
すれ違う人が向こうから歩いてきたとき、雪の上に待機して向こうから来る人を
待っていたのは、毎回私だった、ということをfacebookに書きました。

そのとき、誰もよけて待っている私に「ありがとう」とか「すみません」とか言った
人は一人もいなかったということも書きました。


でもでも
夕方、職場に本日の売り上げ金を受け取るためにバスで出かけました。
前日車で通勤してきた人はみんな駐車場に置いたままで帰宅しました。
金曜日は早めに診療時間を切り上げ職員は早帰りをすることになり
事務長が雪の降りしきる中、患者さまや職員を駅までピストン輸送
(病院の車はチェーンをつけていたので)してくれました。

もちろん、私も最後に家まで送ってもらいました。

で・・・・・
受付のスタッフと話していて本日車に乗って帰ろうということになりました。

yuki20140215 (6)

朝、家の前の雪かきをしたのですが、午後になってもまだ上のような状態でした。
なので、家に帰るのに車に乗って帰っても家の駐車場に入るのがちょっと
心配でした。

前日から駐車していた自分の車の駐車場へいくと、まだまだ雪はいっぱいで
今日も置いて帰ろうと思っていたら、受付のスタッフと外来の看護師が
ちょうど帰宅しようとしていて雪かきを手伝ってくれるという。
ひとりで雪かきはちょっとムリと思っていたので、もうひとつ雪かきスコップを
病院から持ってきて3人で必死でやっていたら、スコップを持ったおじさんが
通りかかり、雪かきを手伝ってくれたのです。

「いや、いいですので」とお断りしたのですが、
「オバサン3人でやってるよりオジサンが1人入った方が早く終わるでしょう」
と言いながらどんどん雪をどけてくれたのでもう私は車に乗って帰るしか
ありません。

大通りは何とかスムーズに運転して戻ってきたのですが、予想した通り
我が家の駐車場には苦戦しました。車から降りて雪をどけ、また車に乗って
少し動かし・・・・を何度繰り返したことか・・・・・。

でもふと思ったのは・・・・・

朝、道路ですれ違う人のことで不満を言ったら、夕方親切な人に出会い
そんなに嘆くことないんだなあ~~と思い直した雪の日の出来事でした。

yuki20140215 (2)

yuki20140215 (13)

マイガーデンのウッドデッキにもこんなに雪が・・・・・。



                 
        

Ipad

2014/ 02/ 02
                 
ipad.jpg

Ipadを息子2人がオットにプレゼントだといって持ってきました。
1/27の誕生日プレゼントも兼ねてお正月に無線の設定もしてもらい、
オットは今、Ipadに慣れるために一生懸命です。

9歳の孫娘の方が達者に使えるので、メールや、写真をどんどん送って
くるのですが、受信・開封もできず、私が開封してやっとメールを
読んでいる始末。


そんな人がどうしてIpadを???

我が家は、パソコンを使うのはほとんど私。オットは株式情報を見たり印刷
したりするだけで、メールもしない。
最近、電車の時刻を調べて印刷することは覚えたので、私が代行することも
なくなった。
なので、パソコンはデスクトップしか使っていない。

すると自分の定位置である「掘りごたつ」の場所からデスクトップまで
立ちあがって歩かなくてはならない。といってもほんの数歩ですよ~~。
なのに、

ここに(堀ごたつの場所)座ったままでパソコンをできるようにしたい
などとわがままな要求をずっとしていました。
もうひとつ自分専用のPCを欲しがる理由は、ゴルフ友達が最近Ipadを習い始め
たらしくその人への対抗心もあるのかも??

Ipadには取説も何もなく、何とか最近は自分がみたい証券会社のHPには
たどりつけるようになっている。

何とかして私の方が先にIpadを攻略したいと思っているのですが
私のほうが使える時間が少ないのでどうなることやら・・・・・。

ipad2.jpg

それよりもIpadを長男が買うきっかけになった話をお嫁さんから聞いた。
昨年の忘年会で長男の会社の部長がすばらしい腕時計をしてきたらしい。
みんなで誉めたら、部長がうれしそうに
「息子が還暦祝いに買ってくれたんだよ」
と答えたそうです。

それを聞いた長男が「そういえば自分は父親の還暦にも古希の祝いにも
何もしてやっていない」と気づいたらしく、次男にも連絡し、有無を
言わせず、半分負担を宣言したらしい。

その話を聞いたときに、息子達も年老いた親のことを少しは心配する
ようになってきたのかとちょっと安心した。


ryu2_20140202203937b18.jpg

Ipadの壁紙になっている我が家のチワワ、こちらも年老いていよいよ「老老介護」の
時期になったかな?と心配な毎日です。
ちょっとボケてきたのか?と思えるような行動が目立つようになってきた。

ryu3_201402022039380ca.jpg


今年4月で満14歳です。

ryu.jpg