運転力診断

2016/ 03/ 31
                 
スマホにyahooカーナビをダウンロードしたら、メニューの中に「運転力診断」
があって、自分の運転を診断してくれるという話を聞いた。

カーナビは以前からダウンロードしていたけれど、そんなメニューがあるとは知らなかった。

早速、試してみた。

sindan_7380.jpg


スマホに行き先を入力し、起動させ車の車載ホルダーにスマホを固定し、運転開始。
どうやら、ダッシュボードの上に固定したほうが、高い得点が出やすいらしい。
一度、助手席の椅子に置いたままで走ってみたら56点などという低い点数がついていた。

それぞれの点数の解説を開くと詳しい説明が書かれている。

sindan7382.jpg


どうも私は「加速の安定性」の点数が低いようだ。前回も5点だった。
急発進・急加速の傾向が多いという解説。そんなつもりはないけれど・・・・??

私の車は、道路中央の白い線を踏んだり、車間距離が少なかったりすると、
「ピピッピ」と音が出るように設定してあるし、
アクセルとブレーキ踏み間違い防止装置もつけてある。
明らかに急発進の時には「急発進です。注意しましょう」
と女性の声が出るようになっている。

しかし、時としてそういう声が出なくても、ナビは急発進・急減速だと
判断するようだ。

unten7383.jpg


最期に総合判断を読めるようになっている。

ネットでこれを使っている人の書き込み等みると、
「知ってる場所へ行くときも、住所を入れてナビを起動して、運転力診断をしている」と
いう人が多かった。

私も高得点を取れるようになるまで、頑張ってみよう!!

マイガーデンの花達

20160323-(2).jpg


20160323-(6).jpg
イベリスの花は大好きです。


20160323-(8).jpg


                 
        

横浜緋桜

2016/ 03/ 28
                 
横浜緋桜が満開だと聞いたので、早速撮影に行ってきました。

20160323-(44).jpg

我が家は横浜市青葉区なのですが、おとなりの都筑区にある「都筑中央公園」に
咲いているのです。
天気もよかったせいか、子供連れの(幼稚園・保育園は春休みのせい?)ママさん
たちが敷物を敷いてお弁当を食べていました。

20160323-(22).jpg

桜の名前に「横浜」とついたものがあるとは知りませんでした。
どうやら、横浜市港北区に住んでいる白井勲氏が、桜の新品種作りに取り組んで

昭和47年ごろに早咲き種の鮮やかな紅色の寒緋桜(かんひざくら)と
病気に強い山桜(兼六園熊谷(けんろくえんくまがい)という種類)
を交配させ、それぞれの系統の利点を備えた丈夫で美しい桜を
誕生させたそうです。


昭和60年1月、その桜は、横浜の名を冠し、花の色の特徴を表す
「横浜緋桜」と名付けられ、
 そして農水省に種苗法に基づく品種登録がされたということです。
原木は本牧山頂公園(横浜市中区)に植栽されているということです。

樹高は4メートルから8メートルくらい。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は3、4月。
花は紅色の濃い一重咲きで、旗弁(はたべん)という雄しべが
花弁のように変化したものが混じる。
属名の Prunus は「plum(スモモ)」を意味する。

20160323-(24).jpg

ソメイヨシノやオオシマサクラとは違った紅色が印象的な桜の花です。

20160323-(40).jpg

20160323-(43).jpg


何気なく開いた新聞に、こんな一文が載っていた。

平安時代の歌人・在原業平は、
「この世に桜が全くなかったら、のどかな気持ちで春を過ごせるのに」
と桜花への溢れる思いを逆説的に歌い最大の賛辞とした。

今か今かと咲くのを心待ちにする。いざ満開になると散るのを惜しむ。
日本人が桜に心を掻き立てられるのは昔も今も変わらない。



                 
        

春を見つけて

2016/ 03/ 22
                 
更新した運転免許証を近くの警察署へ受け取りに行った。
駐車場に、毎年、一本の木から紅白の木蓮の花が咲いているのをみていたので、
今日もそれを撮ってこようと一眼レフを持って行った。

20160322moku-(21).jpg

折角、一眼レフを持って行ったのに、またまた失敗をしてしまった・・・・・。
「バッテリーを交換してください」のメッセージがまた出た。
そうなんです。スイッチONにしたまま、カメラをしまってあったのです。

前回もそれを経験したはずなのに・・・・。
またまた、スマホで撮りました。

一本の木から枝分かれして、紅白の花びらがでている様子がどうもうまく撮れていない。

何度も同じ失敗をするので、家に帰って、取り替え用の電池を
Amazonから注文した。4320円。

20160322moku-(22).jpg

20160322moku-(7).jpg

あすは、天気が良ければ「横浜緋桜」を撮りに行ってみよう。

20160322moku-(10).jpg

春は、あちこちで花が開いてくるので、気持ちもウキウキしてくる。
3月生まれの私にとって、一番好きな季節がやってきた。

20160322moku-(4).jpg
                 
        

春を探して

2016/ 03/ 17
                 
雨の月曜日が一転して翌日は素晴らしい晴天。
桃の花が咲いている頃、もしかして「横浜緋桜」も見られるかも?と
思い、カメラを持って出かけることにした。

いつも写真を撮りに行こうと思ったら、一人でさっと出かけるのに
15日は、何故かいつものお茶飲み友達を誘おうか???と迷ったが
メールをしてみたら、一緒に行ってくれるという。

momo20160315-(7).jpg

毎年行っている桃源郷は、満開状態になっていた。

丁度、もう一人おじさんがカメラを持って撮影していたので、お互いに「こんにちは」
と声をかけてふと見ると・・・・・
「あっ!Oさん!」と私はびっくり。そうなんです。いつも花だよりをメーリングリストに
アップしてくれるボランティア仲間の方でした。

横浜緋桜もまだ月末頃が見頃だと教えてもらった。
そのかわり
桃の花が咲いている別の場所を教えてもらい、二人で行ってみた。


ここには沢山のカメラマンたちが集まっていた。
みなさん三脚持参で本格的です。

momo20160315-(38).jpg

momo20160315-(36).jpg

友人ともいろいろ悩み事などお互いに話し合いながら桃源郷へのドライブ
となった。

青い空と元気な桃の花を見たら、私達も元気が出てきた午後のひとときだった。

Photo Peachでどうぞ
on PhotoPeach