「ちりとてちん」

2007/ 11/ 03
                 
NHKの連続TV小説「ちりとてちん」を毎朝見ている。
とてもおもしろい。

前回は、東京制作の「どんど晴れ」
今回は、大阪制作の「ちりとてちん」
「芋たこなんきん」のドラマも大阪制作だったけれど、どうも
大阪発の方が、ドラマとしてはおもしろいような気がする。
ドラマのセリフ自体が漫才の掛け合いみたいで、「さすが大阪」と納得
しているのは、私だけだろうか?

今回の「ちりとてちん」は、1回目から登場人物の心の動きなどが
とてもリアルに描かれていて期待以上の連ドラだと思う。

人間模様をうまく捉えているところが気にいって、毎朝欠かさず見てから
出勤することにしている。

ドラマを見ていると時々セリフがず~~んと胸に響く時がある。
そういうときに感動してしまう。
大阪発のドラマにはそういう場面が多いような気がする。
と思うのは、私が関東以西出身だからかもしれない。

murasaki
もう終わったと思っていた「むらさきごてん」がまだいっぱい咲いている。

goten

murasaki02




先日、感性アナリストの黒川伊保子さんの
講演会の抜粋を記事にしたが、もっとくわしく講演内容を教えてもらった。
その中で興味深かった言葉。

【人間の脳が最もバランスよく働くのは、53歳以降】 
53歳から60代の脳は生殖ホルモンの働きが減少して脳のバランスが
一番いい時である。男性は人の話が聴けるようになり、社会では頼れる
人となり、女性は社会のことを考え出す。女性が社会に発言していくことが
大きな力となる。50代、60代の女性が世の中のことでおかしいと思うことは
発言していく。
バランスのよい脳を持つ50代、60代の女性の存在が企業、地域、
家庭でもっと大切にされるといい。 



子どもへの「早寝早起き朝ご飯」のすすめ。
早寝でメラトニン、
早起き朝ご飯でセロトニンというホルモンが分泌され子どもに集中力、
好奇心を付けてくれる。
夜中の10時から2時の間の睡眠が成長ホルモンを
分泌する。
子どもは成長し、中高年女性は骨粗鬆症の予防となる。
早起きのセロトニンはうつ予防。朝日を浴びて反復運動が効果を増す。
朝の乾布摩擦、家事をしているだけでよい。


 
50代、60代は、まだまだこれから!とちょっと元気が出てきた。

オットの母がよく
「40代は、女性の花盛り、知恵盛りの時期だよ」と言っていた。

ということは、女性は40代以降が最も知恵が働き、脳がうまく機能する時期
ということだろうか?

angero
「アンゲロニア」エンジェルフェイス


関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

ちりとてちん
私も毎朝見ています。京都出身としては落語「愛宕山」が重要な役割をしているのも嬉しいです。
関西発が面白いですが、今回の視聴率はまだ上がっていないとか。
主人公のきいこ役の演技も好きです。
<横浜のおーちゃんさん>
v-170 視聴率、上がって
ないですか?主人公のきいこちゃん
の自然な演技は好もしいですよね。
お母さん役もとっても上手だなあと
思います。
これから、視聴率が上がるのでは
ないでしょうか?
e-397 むらさきごてん、まだ咲いているのですね。
大阪制作の連続TV小説はなんとなく親しみがわく気がします、
四国も関西圏なので肌が合うのでしょうか。
TV
お昼休み 今度のTVドラマは、皆みてます。
和久井さんの母親役いいですね。
落語って、いいですね。

最近吉本にも嵌ってます。
昨年、近くに雅さん他数人が見えたのですが、最初から最後まで笑いっぱなしでした。
落語も面白かったです。
<mishiさん>
v-170 むらさきごてんは
我が家の鉢の中で次々と咲いてきます。この花は挿し木でどんどん増えるので何鉢も我が家は植えているのです。

大阪局制作のTV小説は、やはり
関西圏出身の人にはぴったりくる
ものがありますよね。
<nonさん>
v-170 落語っておもしろい
ですよね。
お昼休みにTVを見れる職場って
いいですね。

落語や漫才で笑うっていうのも
精神的にいいことですよね。
こんにちは^^
又々いいことを教えていただいて、嬉しいです^^
何って、50代以降云々~
これは励みになりますね。
ちょっと体調が悪い時期が続いているのですが、そういうことなら我慢します(笑)
朝陽を浴びるのもうつ病の予防になると私も以前聞き、実行してま~す^^
とにかく早寝早起きがいいのですよね♪
NHKの朝連、一時帰国すると必ず観てしまいます。
こっちで縁がないはずなのに、不思議ですねえ、長い習慣のようなものかもしれません^^
この話し呼んで希望の光がみえてきました。
ヒタヒタと迫ってくる老いばかり目を向けていたけどv-13
本当おもしろいですよね。
掛け合いがとってもいい!!
私の友達は福井県に住んでいるのですが
「言葉はあんな感じ?」と聞くと、
「あれはちょっと違うね~」と言ってました。
時々、広島弁がドラマ等で出てきますが、やっぱり、私も聞いていて
「そんな言い方、いまどきしないなぁ」と思う事しばしば。
だから、友達もそういう風に聞こえるんだろうなと思います。
これからの主人公の活躍が楽しみですね。
ちなみに、我が家では
和久井えみが演じているお母さん役に釘付けです!
<まりおままさん>
v-170 女性は40代以降が
最も輝くときだということですよね。
若い人にコンプレックスを持たなくて
いいですよ~~。(笑)

TV小説は、やっぱり見てしまいますよね。
<オリーブさん>
v-170 希望を持って益々
頑張りましょうね。
これからがしっかり知恵が働く時
です。
<キララさん>
v-170 そちらでもTV小説は見れるんですよね。
そうそう、和久井映見さんのお母さん
役がうまいですよね。

方言は、その地方の人が聞くと
やはり完全ではないと思います。
でも特徴をよく捉えていて
役者さんの努力がうかがえますよね。