竹林寺の旅は続く・・・・

2006/ 12/ 15
                 
「よさこい節」という土佐の代表的な
歌は、竹林寺の僧侶純信とお馬の恋物語を唄ったものだという

くわしくはこちら

赤く塗られた「はりまや橋」は今や「がっかり名所」のひとつに
数えられているとか・・・・。

竹林寺を抜けていくと有名な植物学者「牧野富太郎博士」の
植物園に続いている。
kanran1

kanaran2 kanran3
土佐寒蘭 (クリックで大きくなります)
なかなかすっきり美人の蘭でした。
もう少し上手に写真をとればよかったなあ。

今回、お会いしたブログ仲間の一人がこの土佐寒蘭を自宅で
百鉢も育てているという。
初めて寒蘭を見た私は、洋風の蘭とは違った楚々とした美しさを
感じた。
追記
寒蘭を育てている人のブログです。お空の写真がプロ級の人ですが、蘭もすばらしくきれいです。
ぜひ見てください。




kiro  syoku

sio  huyu
(クリックで大きくなります)
寒さに弱い植物の冬支度がはじまっていました。
着せられた藁の中はどんな植物がいるのかのぞいてみたい
ような気分でした。

numa

従姉妹がこの木は「メタセコイア」だと言ったが、木にかけてあった
説明には「ヌマスギ(ラクウショウ)」と書いてあった。
どうやら同じ木だと思っている人が多いらしい。
違いはこちらで分ります。

nan

これも「なんじゃもんじゃの木」だと従姉妹が教えてくれたが、説明には
「ヒトツバタゴ(一葉たご)」と書いてあった。
そして、なんじゃもんじゃの木と言われているが正しい名前では
ないとも書かれていた。
モクセイ科で、和名は一枚の葉のトネリコの意味だとか。

花期には白い花を枝いっぱいに咲かせるそうだ。

牧野植物園の温室の中にもたくさんの珍しい植物がいっぱい
でしたが、又次回に・・・。

明日は、「昭和記念公園」のイルミネーションを見に出かけます。
うまく撮れたら、アップしたいのですが・・・・?
何しろイルミネーション撮影は初めてなので・・・・。


関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

先日、母の七回忌を竹林寺でしました。何度も法要をしていますが、庭を見たのは初めてです。中々趣のある庭でした。
<SilverMacさん>
v-174 五台山もキレイになったそうですね。
お庭を見る時間がなくて通過してしまいました。
残念でした。
でも植物園も温室も楽しみました。
いろいろありがとうございました。
土佐寒蘭 
こんばんは
mikoです。

「土佐寒蘭 」ですか。
ランは、洋風のもとばかり思っていましたが
ほんとに、すっきり美人の蘭ですね。
育てるのは、むずかしいそうですね。

イルミネーション撮影も楽しみに待っています。
<なりたか&miko さん>
v-174 土佐寒蘭は、私もはじめて実物を
みたのですが、名前も純和風名でみとれてしまうような
お花でした。
育てるのは難しそうです。
こんにちは^^
私も欄といえば洋のものかと・・・百鉢置いたら随分と綺麗でしょうね。
実際に見てみたいなあ。
なんじゃもんじゃ・・・聞いたことあるような。。。
通称のほうが親しみがあっていいような気がしますが、専門家は正しく呼んで欲しいのでしょうね^^



 
<まりおままさん>
v-174 寒蘭、実際に育てている人の撮った
写真を追記でアップしました。
そちらをぜひ見てください。実際の花に近いです。
「なんじゃもんじゃの木」は、通称の方がみなさん知ってる
みたいですけどね。
寒くなりました。四国の屋根、天狗高原には積雪だそうです。
この辺りも何かちらちら降っています。
土佐寒蘭、うちから15分くらいのところに寒蘭センターがあったのですが残念閉鎖しました。村の事情ですね。
本当に清冽で美しい植物でしたね。
<garakoさん>
v-174 来てくださってありがとうございます。
寒蘭センターが閉鎖ですか?残念ですね。
洋蘭しか知らなかった私には、寒蘭はとっても新鮮で
印象的でした。
名前も和風でいい名前がついていましたよね。