冬のスイカと箸置きと牡蠣

2007/ 12/ 22
                 
hasioki

「これ、覚えてる?」と職場の栄養士さんが持ってきた。
「ああ、ジャカルタから帰ってきたとき、お土産に買ってきた箸置きね」
「そう、これを患者さん用にお正月に使いたいんだけど、
お宅に、いくつかあったら貸してくれない?

籐製品の材料で作った箸置きだ。

早速家に帰って探してみたけど、多分ほとんど人にあげたらしく、家には写真の
3個しかなかった。


ふと思いついてジャカルタにいるお嫁さんに頼んで、買って送ってもらおうと
メールをしてみた。
古い資料を探し出して、売ってたお店の名前と住所を書いておいた。


すぐに返事がきて、彼女は、そのお店を知っているという。
「先週行ったとこだったんですよ」と言って、来週月曜日に行ってくれるという。
その上、ちょうど日本へ一時帰国するお友達がいるので、荷物をその人に
頼んでくれるとか。

こういうところは、長女嫁は、すぐに頭が回転してとってもテキパキとやってくれる。

頼りになるぅぅ~~~!!

普通だったら、姑からこんなこと頼まれたら、いろいろと口実をつけて断わる
ところなのに・・・・。感謝!感謝!


kurisumasutonakai



suika


ところで、冬のスイカをいただいた。
思ったよりも甘くておいしかった。しかし、スイカはやはり汗をかきながら食べる
方がおいしいような気がする。
でも送っていただいたことに感謝!感謝!



と思っていたら、友人(といっても私よりかなり年下)から「広島の牡蠣」
が届いた。

kaki

「能美」という場所の牡蠣で特においしいそうだ。
冷凍もできるそうなので、お正月まで保存しておこう。

彼女とは、シンガポール駐在時代に知り合いになり、帰国してからも
ずっと付き合いが続いている。
毎年「今年こそ会おうよ~~」と言いながらお互いに忙しく、彼女が武蔵野市に
住んでいて近いにもかかわらず、電話の会話のみになっている。
広島出身なので、こうやって土地のおいしいものを送ってくれる。

私も、彼女が一番好きな「文旦」などを送ったりする付き合いを続けている。

こちらも感謝!感謝!である。

関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

ほんとに感謝感謝ですよね♪

冬のスイカ、、、。
スイカ大好きの私ですが、冬に買うことはないですね。
高くて贅沢と、値段も見ないで決めつけていますが、、、夏のお楽しみと言うことで。

我が家にもいろいろなものが巡ってきます。私もささやかなものを差し上げます。ものも気持ちも滞ったらだめなのでしょうね。
< otayori さん>
v-170 冬のスイカはハウスものですので、お値段は
高いと思います。私もスイカは大好きですが自分で買ってまでは
食べないと思います。やはり夏に買いますね。

いろいろいただくというのはあり難いことです。
その気持ちに応えるためにささやかでもお返しをする。
お互いに負担にならない程度に気持ちを通わせたいですよね。