いつもと違う日

2008/ 01/ 20
                 
毎週土曜日に配達される「NIKKEIプラスワン」の中で
イラストレーターの上大岡トメさんが小さなコラムを書いているけれど
その内容が好きで欠かさず読んでいる。

19日のテーマが「いつもと違う日」
サブタイトル「電気を消してお風呂」

上大岡さんは、お風呂が大好きで、お風呂で色々試してみたり、毎日浴槽で
ヨーグルトを食べたりするらしい。

知人に勧められて「電気を消して入浴」を試してみたとか。

暗い浴槽は静かな夜の湖みたいで
ネス湖のネッシーになった気分だった
そうだ。

そのコラムを思い出して、私もちょっと試してみた。
浴室の中も、それに続く洗面所の電気もすべて消してみた。

我が家の浴室は、大きな出窓を取ってあるので、すりガラスの窓を通して
街灯のあかりがかすかに見えるので真っ暗にはならない。

上大岡さんところと同じで給湯のコントロールパネルからもほのかな光が見えている。

ネス湖のネッシーの気分とまではいかないにしても、電気を消した浴室は
なぜか落ち着く。私も浴槽の中で体操をしたり足をあげたり、身体をねじったり
してお風呂を楽しむタイプなので、ほのかな明かりの中のほうがゆっくりできる
気分だ。

文字が全然読めないのでシャンプーとリンスの容器がどちらか分らない。
上大岡さんは、においをかいだそうだが、私は、どちらかを手に取ってあわ立てて
みた。よく泡だった方がシャンプーだ。
最初、間違えてリンスを取ったみたいであまり泡がでなかった。

髪を洗い終わってもう一度浴槽に浸かるころには、すっかり暗闇に目が慣れて
何の不自由もなかった。

huro


よし、これからも時々、電気を消して湯船に浸かってみよう。
考え事をするにももってこいの環境だ。

よほど、脱衣所の電気も消したまま、パジャマを着ようかと思ったけれど、
こちらは、残り湯を取って洗濯もしなくてはいけないので、さすがに電気を
つけて作業をした。


普段、当然のごとく電気を使っているけれど、たまには電気にもお休みをやろう。



関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

以前からキャンドルの灯りだけにする等
ゆったりとお風呂を楽しむ方法はありましたが、
灯りを全部消してしまうというのは徹底していますね。
太古の時代に戻った感じなのでしょうか。
<mishiさん>
v-170 マンションなどで浴室に窓がないと
全部電気を消したら、ケッコー真っ暗でちょっとあぶない
かもしれません。
キャンドルの灯りぐらいあったほうがいいかもしれませんね。
我が家の場合、外の灯りが少し入ってくる状態だったので、
全部消灯できたのかもしれません。
こんにちは^^
節電にもなるし、これは中々良いアイデアかも、ですね。
以前、こちらで入浴中に突然停電になり、慌ててろうそくを持ってきてもらったことがあります。
暗すぎるかと思ったのですが、案外に良く見え、(そうそう、段々目が慣れてくるのですね。)意外にのんびりと残りの入浴時間を過ごしたこと覚えてます。
明るすぎない方がリラックスの効果があるのかもしれませんね。
なるほど
暗闇で入る風呂も、普段と違った気分に浸れそうですね。
今晩にもやってみます。。
<まりおままさん>
v-170 アロママッサージのお店とかに行くと、ちょっと照明を
暗くして音楽を流して効果を高めるようにしてますよね。
ちょっと灯りを消すというのは、ほっとする心理作用があるような気がします。
急いで入浴したいときには、無理かもしれませんが、時間があるときには
時々試してみようと思いました。
<横浜のおーちゃんさん>
v-170 灯りを消したお風呂もなかなかいいものですよ。
静かに考え事をする気分にもなれますし・・・・。
ちょっとクセになりそうです。
いいアイディア!!
私もやってみようかなぁ!!
なんだか暗闇の入浴って、原始にかえったみたいです。

ゆっくりと暗闇の入浴につかっていると
素敵なアイディアが生まれてきそうです。
<miko さん>
v-170 そうなんです。暗闇の中で落ちついてみると
じっくりと何かを考えることができて、バタバタと時間に追われている
毎日を反省したりします。
ぜひ体験してみてください。気持ちにゆとりがないとできませんね。