朝ドラ

2006/ 11/ 11
                 
私は、毎朝、NHKの朝ドラを見ている。
今は田辺聖子さん原作「芋タコなんきん」が放送されている。

昔は田辺聖子さんの小説が大好きだった。
「だった」というのは、最近は根気がなくなって小説
あまり読まなくなったからだ。

花の独身の頃には、関西に住んでいたので、「田辺聖子さんを
囲む会」に参加して直接近くで田辺聖子さんと話をしたことが
あった。
あまり声をはりあげたりしないで、物静かな話し方を
される女性だったのを思い出す。

で・・本題・・・・

今朝11日の放送は、
ウソをついた息子を父親がなぐった。
それをみた町子(藤山直美)が
「叩かれたらその子の心に深い傷が残る。私のお父さんは
決して子供をなぐったりしなかった。優しく厳しい言葉を
言われたが、その方が殴られるよりも胸にこたえた」

それに対してカモカのおっちゃん(国村 隼)は
「その家によって、育て方は違う。男の子はなぐられながら
育っていくものだ。
どっちにしろ、問題は、本人がどう受け取るかということや」

という場面があった。

それを見たとき、私はふと甥(私の兄の次男)のことを
思い出した。

甥が高校生の頃のこと。
彼の祖母が(私の母)彼の行動について小言を言った。
彼は、それに対して素直に聞こうとせず、「口答え」を
した。それを聞いていた父親(私の兄)が飛んできて
「おばあちゃんに向かってその口の聞き方はナンだ!!」
と息子を殴った。そのはずみで息子は裏庭の池に落ちた。

それを見た祖母や母親が「そんな乱暴なことをしなくても!」と
父親を責め立てた。
そのとき、甥が言った言葉は
「いいんだよ。それだけお父さんが
ボクのほうを真剣に向いてくれた
ということだからボクはうれしい」


私は、その場にいなかったので、後でその話を聞いたのだが、
毎日帰りが遅く、なかなか父親と向き合える時間がない
息子にとって、父親が自分をちゃんと意識してくれていると
いうことを感じられることは大事なことなんだ、と
特に男の子にとって(それも思春期の男の子)
父親は大事な存在なんだなあと思った。

私の兄は、殊更に年寄りをいたわる気持ちが強い人だった。
私が中学生の頃、兄は京都で大学に行っていたが、
私は兄によく手紙を書いた。
兄もまたマメにハガキで返事をくれた。

そのハガキの最後には必ず毎回
「お祖父ちゃん、お祖母ちゃんを大事にするように」と書いてあった。
それは今だに印象に残っている。
4人きょうだいの中のたった一人の男の子が
一番優しかったのだ。

家族みんなに大事がられた兄は、56歳という若さで
自分の母親よりも早くあの世に旅立ってしまった。

父親を身近に求めていた甥も、今は立派に双子の小学生の
父親になっている。


yama


やまほろし (山保呂之 蔓花茄子) 栽培種
常緑つる性 【なす科なす属】  原産地 南米

horosi

今年は、やまほろしもこれでお終いになりました。


関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

私も見ています。藤山直美さんが、押さえた演技でいいですね。
私も、最近小説を読みません、でも、田辺聖子さんの本読み返してみようかな、と思っているところです。
あの場面も見ました。本当にどちらのやり方でもいいのでしょうね。親が真剣に向き合って、その子のために心から動いたのであれば。。。

お兄様は心優しい方だったのですね。なかなか大学生でそんなことまでは手紙に書きません。。
御母様を大切にする心は絶対甥御さんにも伝わりましたよね。。

やまほろし、幻想的な写真になっていますね。ジャガイモの花にも似ています。。



< otayori さん>
v-170子供って親に振り向いてもらいたいためにちょっと悪いことをしてみる・・・というところも
ありますよね。
やはり問題は、親が本気であるかどうか?でしょうね。

やまほろし、フラッシュをたいたら、花びらだけが
うかびあがりました。
こんにちは♪
田辺聖子さんのものは好きで、こちらにも文庫本をたくさん持って来ています。
と言っても、ほとんど初期のものばかりですが。
この題名のは読んでません。読んでみたいな^^
お父様も真剣だったから、お兄様にも通じた鉄拳だったんでしょうね。
私も常々、もちろん両方のバランスが必要でしょうが、特に男の子には男親のバックの必要性を感じますね。
こちらは女の子は女親が、男の子は男親がというところがありますので、その点では感心することが多いです。
まあ、日本もその昔はそうだったのでしょうが、何と言ってもお父さんが忙し過ぎる、ということなのでしょう。
おまけに、お母さんも忙しくなっちゃって、そうしたら子供はどうしたらいいの?という所のような気がします。
再出発ですね!!
残念ながらNHKの朝ドラ見ていないので詳しく分からないのですが・・・
子供を育てるには親は一生懸命愛情を持って育てているのですよね。
振り返ってみると色々反省する事はありますが
今となっては遅すぎますね~~

とてもご立派なお兄様でしたね。
ブログの背景とても素晴らしいです。
遅くなりましたが。。。
昔と今とでは随分と世の中の仕組みが変わっていますが、どうしようもない出来事、どうしようもない考えを持つ人間というのは変わらないものだと思いました。ご苦労された分、これからのブログ生活、パソコンライフがより良いものであることを心からお祈り申し上げます。これからもどうぞ宜しくお願いいたします。
こんばんは~♪
このドラマは出勤時間の都合でちょうど見られないのですが。。。
うちの長男も子供の頃は父親が怖かったらしいんですけど今自分が父親になってその気持ちわかるようです!!
そんなものなんでしょうねぇ~

私メールのお返事しましたよね??
忘れてたらごめんなさい<(_ _)>
この頃ぼぅ~としてるんで(笑)
 この口調、説明のしかた誰、誰だったっけ、
忘れているのです。
読むうちに、あの人と分かってきました。
すみません。
<まりおままさん>
v-170モロッコのしつけはちゃんと役割分担
が決まっているんですね。すごい!
日本ではどうしても父親が不在になってるところが
多いのでそこに問題があるかもしれませんね。
< guraseriさん>
v-170子育ては、今となって反省することは
みなさん同じではないでしょうか?(笑)
でもその先は子供に考えてもらうことにして・・・。
いろいろ励ましていただいてありがとうございます。
<naolibさん>
v-170世の中、いろんな人がいるものですね。
ほんとに今回はいい勉強になりました。
まだちょっと安心はできませんが・・・・。
でも常に応援してくださる人がいるからこそ、
立ち上がることができました。
こちらこそ、よろしくお願いします。
<さあきさん>
v-170男の子はどうしても父親がモデルに
なるんですよね。
子を持って知る親の恩・・・・とかいいますが、多分
ご長男さんも親の気持ちをよ~~く分るようになってると思いますよ。

さあきさん、メールいただいたのに、お返事がおそくなってるのは私の方です。ごめんなさいね。
< 自然を尋ねる人さん>
v-170めまぐるしくHNやURLが変わるので
誰だったか分らなくなりますよね。
すみません。
よけいなご案内を差し上げるものだから・・・・・。
もうここで落ち着きたいと思っています。
これからもよろしくお願いします。
芋タコなんきん
私も毎朝見ています。考えさせられる場面も多いですね。田辺さんの書かれたものに「カモカのおっちゃん」がよく出てきますが、ドラマを見てなるほどと得心しています。
<横浜のおーちゃん さん>
v-170 この間、毎日新聞で田辺聖子さんが
カモカのオッちゃん役をやっている国村さんの雰囲気が
亡夫によく似ていると書いていました。
それにしても、田辺さん、仕事もして大家族の
面倒も見て、すごい女性ですよね。