ど根性花

2008/ 06/ 10
                 
毎年この時期に咲いてくる職場の花「アマリリス」
今年は、花開く前から追っかけてみた。

ama1
今年は、子供なのかきょうだいなのか2本も立ち上がっているではないか!!

ama2

ama3

ここまで毎日変化を撮影。

どんな環境か??

hati
こんなボロボロの鉢の中で毎年毎年黙って咲いてくるのだ。
誰も植え替えもしていない。水をもらえるのも雨が降ったときだけ。
肥料などやったことも無い。
花が咲きそうになってきたときだけ、みんなに思い出してもらっている。
冬場など誰も見向きもしない。

ama4
この状態が先週の金曜日の夕方だった。
これは土曜日になったら花開くな、と思ったので仕事が休みだったけれど
カメラを持って出かけてみた。



ama5
予想的中!見事に開いていた。



昨年は1本だけだった。
ama7



ama6
今年は2本。たくましいねえ。ケナゲだねえ。

アマリリス
【ひがんばな科ヒッペアストルム属】  原産地 南アメリカ
花言葉:おしゃべり

3~4月植え   日当たりや排水の良い場所へ植える
有機質を充分に施す   そのままでも毎年咲いてくれる
草丈60センチまで   5~7月咲き  多色あり  花径15センチ位
昔の花は剣弁だったが改良されて丸弁となり豪華になった

こんな説明が載っていたけれど、この花に限っては
そのままでも毎年咲いてくれる
この言葉のみがあてはまっている。



もうひとつ我が家の門の前のアスファルトの小さな隙間から伸びてきたはな。
pinkhana

このアスファルトの隙間からは雑草や蝶の好きな花などが次々と顔を出す。
雑草は必死で引き抜くけれど、こんな風にお花が咲いているとちょっと手を出しにくい。
この花は
あかばなゆうげしょう (赤花夕化粧)という
名前ではないか?と思う。確信はない。
そうだとすれば、これもまた南アメリカが原産地だ。
多年草 【あかばな科まつよいぐさ属】 らしいので、毎年咲いてくるだろうか?
アスファルトのほんの数ミリのスキ間から伸びてきて花を咲かせるなんて
これもまた何とたくましいことか!


関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

アマリリス
見栄えのする大きな花なので大事に管理せねばならないと
想像していましたが、意外と丈夫なんですね。
ガーデニングをやる割りにいい加減な私にとってピッタリです。
機会がありましたら仕入れます。
我が家のアマリリスも似たようなものです。
最初に買ったときのあの見事さとは徐々にかけ離れていっていますが。。。

でも、こうやってcoffebreakさんに見つめられて、幸せなアマリリス?!
しかし、、、鉢があまりにも悲惨。。。。なような。。。。
強い花
寒さに強い花なのですね~v-254

「アマリリス」
岩佐東一郎作詞・ギース作曲

みんなで聞こう
楽しい オルゴールを
ラリラリラリラ
しらべは アマリリス

月の光
花園を あおく照らして
ああ 夢を見てる
花々の眠りよ

フランスみやげ
やさしい その音色(ねいろ)よ
ラリラリラリラ
しらべは アマリリス

http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/amaririsu.html
こんにちは^^
まあ、まさに職場の花なのですね^^
もうこの環境にばっちり適応しているのでしょう。
返ってテを入れるとだめになるかも、ですね。
それにしても綺麗な色、見事に咲きましたねえ。
花言葉が「おしゃべり」・・・それを読んだ途端に、二輪の花たちが囀り始めたように見えてひとりで笑ってしまいました^^;
アスファルトの花も可愛いですねえ。
そう言えば、我が家の屋上のレンガ敷きの隙間からもいろいろ伸びて来て楽しませてくれます。 あんまり根を張ってしまうと良くないと思いながら、ついそのままです^^;
<ammyさん>
v-170 はじめまして!お越しいただいてありがとうございます。
このアマリリスは誰も世話をしていませんし、ほんとに勝手に咲いてくるという
おりこうな花なのです。
こうやって咲いたときだけ、みんなに「偉いねえ」と声をかけられて
います。
< otayori さん>
v-170 >鉢があまりにも悲惨。。。。なような。。。。
そうなんです。鉢を持ち上げたりするときっとバリバリと割れてしまうと
思います。
地植えで毎年咲いてくるのは聞いたことがありますが
こんな劣悪な鉢の中でよく枯れないものだと感心しているのです。
<nonさん>
v-170  はい、この歌知ってます。
この記事を書くときに歌を書き込もうか?と思ったほどです。
ありがとうございます。
最後の♪調べはアマリリス♪のメロディがずっと耳から離れないのです。
アマリリスを見るとそのフレーズが出てきます。
<まりおままさん>
v-170 >もうこの環境にばっちり適応しているのでしょう。
返ってテを入れるとだめになるかも、ですね

そうなんです。みんなそういういいわけをして誰も鉢を取り替えてやろうと
しないのです。その中に私も入ってるんですけれど・・・(笑)
いずれは、鉢が崩壊するときがあるでしょうけど・・・・そのときには
誰が面倒をみるのかな?

ママさんのお家の屋上のレンガ敷きの隙間からもお花が伸びて
いるんですか?
たしかにあまり根を張るものは危ないかもしれませんね。
ポエムの
時系列に流れるフォト、そしてそのしてきな説明、すてきです。

今日教えていた教訓
雑草でも綺麗な花をつければ誰も手を出さない。
・・綺麗にすれば誰も汚さない。
不法投棄防止モデルの事例に記載さしてもらいます。
< 自然を尋ねる人さん>
v-170 おほめ頂いて恐縮です。
きれいな花が咲いていると手を出せないのは本当です。

>綺麗にすれば誰も汚さない。
これも本当だと思います。きれいな場所を汚す人はよほど
無神経な人ですよね。
自然さんたちのボランティア精神がだんだんいきわたって
みなさんがきれいにすることを当然と思ってくれるように
なるといいですね。

アマリリス
昨年も見せていただいたアマリリス、今年は球根が一つ増えたのですね。
そのままでも毎年咲いて、子供まで増やすとは逞しい。
アカバナユウゲショウも毎年咲くに違いありません。
<横浜のおーちゃん さん>
v-170 >アカバナユウゲショウも毎年咲くに違いありません。
多年草らしいですので毎年咲くかな?と期待しています。
どこから種が飛んできたのか?と不思議です。
それもアスファルトの小さな隙間から伸びているのは??
と不思議だらけです。
アマリリスも来年は鉢を変えてやろうかな?と思っています。