個人情報保護法って何?

2008/ 07/ 29
                 
最近「個人情報保護法」について憤りさえ覚えることが多い。

職場の給与決済口座にしている○井○友銀行のいい加減さは
論外だが・・・・
今日はまたしてもメガバンク
○京三菱○FJ銀行とのやりとりを再現してみる。

週に何回か大学病院から当直の先生にきていただいている。
その先生が登録してくれた口座に当直料を振り込んだら、決済口座の
○井○友銀行から
「指定の口座が見当たらない」というメッセージとともに
振込金が戻されてきました。

というFAXが届いた。

今まで何回か当直や日直当番をしてもらっていた先生でちゃんと給与は
振り込まれていたのに、急に「口座がありません」はおかしい。
仕方がないので、ご本人に確認するべく大学病院へ電話をしてみた。

今日は外来が忙しく、外来終了後はオペが
あってとても先生は電話に出られませんので、明日お返事させます。

との医局の事務の人の返事だった。

翌日先生から電話がかかり
「私は何も変更していないのですが、私の方から銀行に電話してみましょうか?」

「そういうことでしたら、こちらで何とかお調べして振り込みますので」と
電話を切った。

何度も合併したメガバンクは支店の統合も支店名の変更もある。
先にそれらをネットで調べてみたが、支店はちゃんと存在している。

電話をかけて聞くしかない・・・・と結論が出て青葉台支店へかけた。
ところが・・・
ダイヤル案内の録音が流れて自分の目的とするところ
の番号をプッシュしろとアナウンスが流れる。
「オペレータに繋ぎます」というアナウンスの後、コールセンターなるところの
女性オペレーターが出てきた。


「相模原支店は統合されましたか?」
「いえ、相模原支店と相模原駅前支店がありまして同じ建物のなかで
営業しておりますが、○京三菱でお取引いただいていた人か○FJでお取引
いただいていた人かで支店を分けております。」


それって、銀行の都合じゃないですか!現にご本人でさえそういうこと知らなかった
ようで「私は何も変えておりません」と言っているし・・・。

と言いたかったけど、ガマンした。

「それでは相模原支店の電話番号をお教えしますので
そちらで聞いてみてください」


相模原支店に電話をかけると・・・・
またまた最初の録音が流れて「目的の番号をプッシュしろ」という。

そしてまた・・・コールセンターの女性が出てきた。

「あれ?相模原支店へ電話したんですけど?」
「相模原支店へ繋ぐかどうか、どの部署へ繋ぐかをコールセンターで
判断してからお繋ぎするのです!」

はア~~???

またまたガマンして、先ほどと同じ質問をした。
するとまた同じ答えが返ってきて
どちらの銀行とお取引していたかが分らないと
どちらの支店で登録されているのか分りません。それはご本人様からの
問い合わせじゃないとお答えできません。


出たよ~~~。個人情報保護法・・・・もう聞き飽きたよ~~。
何か調べようとすると必ず最後はここへ行き着く。
全く仕事をする上で迷惑極まりない法律・・・。

*********************

ちょっと脱線・・・新聞に載っていた投書。
ボランティア仲間に書類を届けようと家を探したが
なかなか見つからない。事前に目的物など聞いていたので、
すぐ見つかるだろうと携帯を持たずに出てしまったので、
相手に電話をすることも出来ない。
ちょうど、郵便配達の人が通りかかったので、住所と名前を言って
場所を教えて下さい、とお願いしたら「個人情報なので教えられません」
と言われて仕方なく家に戻ってきたとか。


*******************

かくして個人情報保護法に阻まれてまたドクターに電話をするしか
ないか・・・と
あきらめかけていたら・・・・。
傍でやりとりを聞いていた若き院長が
「待って!支店名は?口座番号は?口座名は?」と
言って、自分のネットバンキングから入力をしてみた。
そう、院長の振込口座も○京三菱○FJ銀行だったのだ。

相模原支店の○○○子さんに100円を送金・・・と入力してみると
相模原駅前支店ではないですか?という
メッセージが出た。
駅前支店と入力し直すとすんなり送金可能の画面になった。

なるほど!!そういう手があったんですねえ!!
お陰で支店名が違っていたということが分り、支店名を書き直して
送金依頼のFAXを○井○友銀行へ送った。
その後何の音沙汰もないところを見ると正解だったようだ。

何もご存じなかったドクターにも給与明細を送るときにひと言書き添えておいた。

それにしてもコールセンターなるところで次々と出てくる女性の何も疑うことの
ない強さに圧倒された。

合併してもなお、縄張り争いをして顧客まで支店名で分類してるとは!
それは自分たちの側の事情で申し訳ないなどとは全然疑っていないばかりか
個人情報を振りかざして教えてなるものか、という雰囲気の受け答えに
返す言葉がない。

hasu1
薬師池の大賀ハスを見に行ってきた。

関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

今回の銀行の対応は別として,,。
少し前迄は簡単に教えてもらえた事が
今はまったく教えてもらえない,
随分不便な時代になったもとのと嘆くしか無いのですが,
個人情報を悪用した事件がこれほど多くなっては
仕方が無い事なのでしょうね。

今の刑法は根本が間違っている気がするですが,
飲酒運転よりひき逃げの方が罪が軽いのなら、
酔いが褪める迄逃げていようと思う人が出てきても不思議ではなく,
すぐ手当をすれば助かる人も放置されて死亡してしまう事も起こっています。
その他矛盾だらけに思えるのですが,,。
大変です。
個人情報保護法は、目的以外に使ったら駄目だという法律なのに、仕事がやりにくくなって大変ですね。

いろいろ何かと・・・矛盾を感じる今日この頃です。
無事解決してよかったです。
お疲れさまでした。

★<mishiさん>
e-34 個人情報保護を拡大解釈して、
何でも「個人情報・・」といえば済むというような雰囲気
ですよね。
なぜこんな住みにくい世の中になったのか?と
反省しつつ、絶望感が広がっていきます。
★<nonさん>
e-21>個人情報保護法は、目的以外に使ったら駄目だという法律なのに・・・
ほんとにそうですよね。それぞれが都合のいいように
解釈して「錦の御旗」のように呪文をとなえる。

ネットバンキングもこういう活用法があったのか?と
見直しました。