CS講習会

2009/ 07/ 15
                 
職場のCS講習会がいよいよ始まった。
7月5日、第1回目は、お台場の「東京ベイコート倶楽部」で行われた。

CS=カスタマー サティスファクション(顧客満足度)

ホスピタリティ=おもてなしの心

CS/ホスピタリティの日常の心得としては
自ら考え、自ら行動する自律型社員をめざす

ということらしい。

参加人員30名。午前9時30分から午後5時30分まで。
休憩時間は昼食時の1時間のみ。

林田正光さんと助手の女性の話を聞くだけでなく、グループディスカッション。
グループで話し合われた議題について全員の前での発表等、
多分病院の職員にとっては、初めての経験だったと思う。

yuri

お辞儀の仕方から始まって大きな声でのあいさつ。
言葉づかい。

最初は、恥ずかしさと疑心でなかなか素直に受け入れられないけれど
一日中、みっちり
「気配りができること・笑顔を絶やさない・丁寧なあいさつ・身だしなみ
聞き上手・ほめ上手になること・気づき感じる感性をみがく・・・・」
等々の言葉を繰り返し聞かされると、ここはもう、一種宗教の世界に
通じてしまうものがある。

だんだん信じるようになってくるから不思議だ。
しかも講習会の翌日、職場での出来事にびっくり!

いつもこちらが朝の挨拶をしても、知らん顔であいさつすらしなかった
ドクターがニコニコ顔で「おはよう」と言ってるではないか!

各セクションでも「おはようございます」ときちんと手を合わせて
大きな声であいさつをしている。

おお!!わずか一日でこれほど効き目があるものなのか!

usa

林田さんも、助手の女性も言っていた。
聞いたことはすぐ忘れます。話の記録をとること。
取った記録は常に読み直すこと。気づいたその時から変えていきましょう。



まさにそれを証明することも目の当たりにした。

・・・・と今日はここまで書いて力尽きました。
続きはまた次回に・・・・(いつになるかわからないけど・・・)







関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

まあcoffebreakさんにはこんな講習会は必要ないと思いますけど。結構皆さんあたりまえの事が出来てないんですね。職場に変化が表れてよかったですね。続きますように。
<ciscokidさん>
v-170 並べられている目標は
当り前のことばかりなのですが、なかなか
日常でできていないのです。
大きな声で挨拶をすると自分自身気持ちが
いいものだということも今更のように
認識したのですが、これもまた「続ける」
ということが大変な作業だということも
体験しました。
CS!
おはようございます。
CS 勉強されましたね!
そうですね、記録をとる・そして気付いたその時から変える・・・実践することにしたいと思います!

では、また
<ぷうさん>
v-170 簡単そうでなかなか難しいことでした。これから年末まで毎月1回開かれます。
こんばんは
仕事に関する講習会は良い勉強になりますね。
普段慣れてしまった仕事のやり方に問題点や改善すべき点を発見できたりします。
製品のCSとちがって、直接対面してのホスピタリティは一層難しいところがあるのでしょうね。
<横浜のおーちゃん さん>
v-170 簡単にCSやホスピタリティと
口にしてますが、いざ実行となるとそれは難しい
ことだということが日々実証されています。
さすがに理事長も「大変なことに手をつけたというところが実感です」と感想をもらしていました。
こんにちは^^
こういう講習が、病院で働いていらっしゃる方々にも、ということに、何だかびっくりしてしまいました。
昔の感覚なんでしょうね、これって。
一律ではなく、その職場に合ったCS/ホスピタリティということなのだろうなあ、なんて漠然と想像してみましたが。。。

それにしても、一日にして効果が表れたなんて、嬉しいですね。
昔々、新入社員の時や、3年目研修、なんてのを思い出して、なんだか懐かしくなりました^^
<まりおままさん>
v-170 そうなんです。ホテルのサービスを
病院に取り入れるなんてムリだという職員が多いのです。
でも院長は、ホテルのような病院にしたいようです。
ロイヤルカスタマーだけに来てほしい。ならば職員も
ロイヤルでなければならないということらしいです。
これから毎月一回講習会が開かれます。
どうなりますことやら・・・・。