日常を離れる

2010/ 01/ 22
                 
最近では仕事の帰りがほとんど夕方7時半から8時の間になる。
帰宅すれば着替えて座る暇もなくキッチンで夕飯の用意。
夕飯が終わっても次々と用事は湧いてきて、入浴後ほっと
するのは、午後10時すぎ・・・。

こんな生活を毎日繰り返していると、たとえ1日でも旅に出ると
日常から離れることができる。

kaigan

伊豆のホテルは、オーシャンビューの部屋なので「日の出」が見えるだろうと、
夕食のときにいろいろ情報を仕入れておいた。
朝6時50分ごろが日の出時刻だと聞いていたので、早くからスタンバイ
していたが、何だか雲が厚くなってくる様子。

oosima

大島の方から上ってくるということだったので、1階に降りてレストランの横の
出入り口から浜辺の方へでてみたが、ポロポロと雨のようなものが落ちて
くる。
結局、朝日に出会えず、時間ばかりが過ぎていく。

tensi

再び3階の部屋に戻って海の方をじっと眺めていると「天使の梯子」のような
現象が見えた。肉眼の方がもっときれいに見えたが、私のカメラ技術ではうまく
撮れていない。
日の出どころか雲がどんどん厚くなっていくようだ。

あきらめて「カーネーション見本園」へ出かけることにした。
オットは例によってそんなものには興味がないので、朝から温泉へ
入るという。
ホテルの送迎車で河津駅まで出て、駅から徒歩10分くらいだと聞いた
ので歩いた。

kane1

kanesyo6

カーネーションにはそれぞれ名前がついていた。
市場に出回っているものには名前がついていて、まだ市場に出ていない
試作品段階の花は「特別棟」の中で咲いていると入場券売り場のおばさんが
教えてくれた。

特別棟2か所を含めてなんと花の多いこと!!
みんなきれいなのでどうやってアップしようかと悩んでいる。


bugen
これは爪木崎花園温室に咲いていたブーゲンビレア。

青いバナナと葉ボタンも折角だから登場させよう。
温室の熱気でカメラのレンズが曇ってきた。

banana

habotan4

欲張ってあちこち見ようとする私と、部屋でのんびりしたいオット
の一泊旅行はどうもかみあわない。

土曜日は夕方5時まで診療があるため、その後の売り上げをもらって
金庫に入れる作業があるため、4時半には家に帰ってきた。

umi

日常から離れるための旅行だったのに、すぐに元に戻ってしまう
私のライフスタイルを今年は少し変えなくては・・・・。

次回はカーネーションの登場です。


関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

こんにちは^^
伊豆は東京からも手軽に行けるので、ちょっと一泊という時にいいですよね。
あいにくのお天気で日の出が見られなくて残念でしたね。
二枚目の海岸の景色、日本の海を思い出させてくれて、しみじみ拝見しました^^
大西洋側にはこういう景色はないので。

だんなさまと旅のペースが合わないなら、もうお独りでどんどん回られちゃったらいいですね。
それでだんな様のご機嫌が悪くなるということはないんでしょう?
ご夫婦といえども、完全にペースを合わせていたら疲れることもありますよね。
いっそのこと
家は父さんに任せて海外旅行に出ましょう^^

げに、主婦の仕事を金に換算したら・・・。
男は文句は言えませんね。
<まりおままさん>
v-170近くで一泊か二泊してリフレッシュするのが
一番いいのですが・・・・。

>もうお独りでどんどん回られちゃったらいいですね

おっしゃる通りです。友人と出かけたりすることが多くなり
ました。オットもゴルフ仲間と一泊で出かけたりしています。
でもまあたまには一緒にと思ったのですが・・・ネ(笑)
<こまっちゃん>
v-170> 家は父さんに任せて海外旅行に出ましょう^^
はい、若かりし頃は南フランス8日間の旅に友人と3人で
出かけました。でもあのころは夫も若かったし、洗濯機を
回せる息子たちもいたので安心でした。

今年3月に妹と二人でジャカルタへ一週間ほど行くことに
しましたが、父さんは、今回は一人きりの留守番。
洗濯機を使えるかどうかも心配ですが・・・。(笑)
伊豆旅行楽しそう
こんばんは
私も1年に1回、海外旅行に出かけます。
昨年秋ごろから少し忙しく少し暇をみていく国内旅行もいけてません。
ちょっと旅行も結構、開放感を感じるので好きです。
家にいるといつも何かをしている。
現にブログの更新も・・・と思わなくていいから^^
<yumeさん>
v-170確かに家にいると何かをしているんですよね。
それにキッチンでの仕事が多くて・・・。
旅行をすると上げ膳据え膳のところがキラクです。

3月にはジャカルタ(息子の駐在先)へ行く予定です。
海外は毎年というわけにもいかないので、年齢とともに
遠ざかっていきます。(笑)