海外生活

2010/ 03/ 28
                 
かって住んでいたジャカルタが10数年を経てどういう風に
変化したか?を見るためと、懐かしさを感じるために出かけた
ジャカルタ旅行。
息子が駐在中の方が、泊まるところや車に心配がないと思い
決心して出かけたジャカルタ旅行。

ジャカルタはとにかく外を歩くことができない。
どこへ行くにもDoor to Doorで、家庭車の運転手にすべてを
任せて目的地に連れて行ってもらうことになる。

気軽にタクシーにも乗れないし、バスはローカルの人達が
利用する。

casa2
息子の住んでいるアパートのロビー。「Apartment Casablanca」

どういう縁なのか、10数年前に私たちが住んでいたのもこの
「カサブランカ」アパートだった。


tawa1

こちらは、カサブランカアパートのタワーⅠのロビー。

アパートと呼んでいるが2LDKで145㎡も床面積がある。

以前、英会話の先生に聞いた話では、
日本で言う「マンション」というのは真の意味は「広大なお屋敷」という意味だそうだ。

集合住宅のことは、アメリカ式では、Apartment イギリス式では Flat
という呼び方が正しいそうだ。


そしてアパートの中には、スポーツジムやプールもあって住人は
すべて無料で使える。プライベートレッスンを受ける場合のみ料金を
別途支払う。

キッズルームもあって、子供たちはその部屋で遊んだりする。
アパートの庭は歩くことができる。

こんなホテルのようなアパートに住み、メイドや運転手を使う生活は、
一見優雅な生活に見える。

しかし使用人を使う生活はラクな半面、イライラさせられたり、気を使ったり
ストレスもたまる。

使用人を使わざるをえないという方が正しい言い方かもしれない。

どこでも自分の好きなところへ出かけられ、何でも自由に手に入る
日本から比べると常にストレスを抱える生活が続く。

そんな中でいかに楽しみを見つけ、その居場所を心地いいものに
する努力をどれだけできるか、駐在員の妻たちは日々自分自身を
奮い立たせているのだ。

しかしまた、「住めば都」であることも確かだ。
10数年経って訪ねてもどこかなつかしさを感じる。

sui3

どこへ行くにもトイレットペーパーを持ち歩く生活もなつかしい。
バリでも田舎へ行くとトイレにはペーパーなど置いていないし
水びたしのトイレを利用することになる。

今回の旅行で一番びっくりしたのはマレーシアの国際空港のトイレが
とてもきれいになっていたし、ペーパーを置いてあったことだった。

日本のようにどこへ行ってもトイレットペーパーは大抵設置して
あるし、ペーパータオルまでおいてある国は少ないだろう。

日本でもトイレットペーパーなど設置していないところもあるのを
発見してびっくりしたのを思い出した。
大阪市営地下鉄のトイレにはペーパーは置いていない。
そのことをオットに言ったら、それは昔からだという。

sui5

話がどんどん脱線するので今日はこの辺で。
というよりジャカルタ旅行記は、また何か思い出せば書く
ことにします。




関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

ほー、ジャカルタでは外は歩けんというのは何故に?
治安が悪いからでしょうか?
普通にタクシーやローカルバスに乗ると、どんな風になってしまうんでしょうか・・・?

そうなんですよね。
英語では「マンション」は、大きなお屋敷のことを言います。
”うちの父がマンションに住んでて・・・”と話した時に、ほほぅー!と感動されたのを思い出します。ちっちゃいとこやったんですけどねぇ^^;。

使用人の話はよく聞きます。
私ならどうかなぁってよく考えますよ。知らない人に家の中を触られたくないとかもあるし、どんだけその人を信用できるかですよね。ええ人やったらええけど、きっといろんな人もおるでしょうし。
こんなお話、興味深くて楽しいです。続きが楽しみ☆
トイレットペーパー
フランス、ニュージーへ行って感じたのは、日本の物に比べて幅が狭かったような。
必要最小限の合理性でしょうね。
不自由はしませんでしたから^^;
<うるわし さん>
v-170
> ほー、ジャカルタでは外は歩けんというのは何故に?
> 治安が悪いからでしょうか?
> 普通にタクシーやローカルバスに乗ると、どんな風になってしまうんでしょうか・・・?

一言でいえば、治安が悪いから・・・ですね。
外を歩いているのは、地元の人たちのみ。日本人がほんのちょっと歩いた
だけでも目立ってしまいます。
タクシーは「ブルーバード」か「シルバーバード」ならいいのですが
他のタクシーはどこへ連れていかれるか分からない。
もしかしたら身ぐるみはがれて放り出されるかも?
バスはローカルの人たちでいっぱいで、ドアなど閉めずに走ってます。

下手にトライしたりすると、目的の場所で降りれるかどうか?
インドネシア語しか通じないのでまず観光客はバスなど利用できません。

使用人は、やはり相性のいい人に出会うまで次々とかわるという
こともあります。
家の中に他人がいるということは気が休まらないし、
外出する時には常に部屋の引き出しには鍵をかけなければ
いけないというのもちょっとしんどい気もします。

<こまっちゃん>
v-170南フランスへ行ったときには、公衆トイレの
前におばさんが立っていて一回分のトイレットペーパーを
もらうのにお金を払いました。

上海へ行ったときにもトイレットペーパーを持って行った
のですが、正解でした。ホテルなどは不自由しなかった
のですが田舎へ行くとやはり備え付けはありません。
2LDK出145㎡は結構スペーシャスですね。
ヨーロッパでトイレの入り口におばちゃんがいたのを憶えています。その為にいつも小銭を持つようにしてましたね。
<ciscokidさん>
v-170ジャカルタでも「そごう」のトイレの入り口に
おばさんがいて、ペーパーを渡してはお金をもらっていました。
一日中ではないのですが・・・。
日本人が住むアパートは結構広くできています。
日本とは広さが違いますね。
まあ土地も日本の5倍くらいで人口も2倍くらいですよね。
ジャカルタは大都会って感じです。