批判するのは簡単だけれど・・・

2011/ 05/ 03
                 
yamatutuji

マイガーデンのやまつつじ。
今年は花が少ないのはどうしたんだろう?

最近、マスコミが煽るように伝えているのが「菅おろし」

どんかん、あきかん、すっからかん・・・などとさんざんに批判されている
菅首相。一生懸命でやっているだろうに・・・とちょっと気の毒になってくる。

確かに政権を初めて取った民主党は、何をするにもお手本は自民党政権になる。
日本をガラリと変えてくれると期待して民主党に投票した人達にとっては
何も変わってないじゃないか!という思いでいっぱいになり、失望に
変わっていると思う。

今回の東日本大震災の後処理についても、自民党からは「遅い!」と言われ
身内の民主党の中からは、リーダーシップがないと批判され、「勉強会」
などと悠長なことをして散々菅さんのことを無能呼ばわりしている。

あなたたち、そんなに言うなら、菅さんにやり方を教えてあげれば
いいじゃないですか!超党派で協力するときだと口ではカッコつけた
事を言いながら何にもしていないあなた達だって50歩100歩じゃないの!

tutuji


なんとかしようとがんばっている人がいる。
それは、ホントに勇気づけられることです。
特に、そのことについて、
自分に出来ることが何もない時には。
だから、なんとかしようとがんばってる人を、
ただ座ってしゃべってるだけの人間が、
批判したり、揚げ足をとっている姿は見たくない。

ほかの人のダメなところを
見つけるのは、それが得意な誰かに
まかせましょう。わたしたちは、
自分ができることを一生懸命探して、
それに集中しましょう。それが世のため、人のため。


これは「ほぼ日刊イトイ新聞」の糸井重里さんのことばです。
こちらからどうぞ

何とかしようとがんばっている人とは、菅さんのことではないかもしれない
し、私も菅さんを応援しているわけでもないけれど、自分は何もしないで
批判ばかりする人がTVで発言するには「時の政権批判」しかないと
いわんばかりに、したり顔して発言するのはどうもいただけない。

原子力発電を積極的に進めてきたのは、自民党です。と先日
元自民党の長老、野中さんが発言していた。
自民党もそんなことはすっかり忘れたかのように民主党の批判ばかり
していて、聞いていても情けない思いになる。

50年間で68人が電力会社に天下り 経産省調査
産経新聞 5月2日(月)20時29分配信

こんな記事がヤフーニュースに載っていたけれど、これだって
ほとんど自民党政権の時の話ですよね。

siba
我が家の庭にも芝桜が咲いてきた。

5月2日の日経新聞に「政官民甘かった備え」という見出しの記事が
載っていた。

福島第一原発事故の原因を東電は「想定外」とした。
だが「想定」は間違いなくあった。直視してこなかった
だけだ。

失敗学で有名な東大名誉教授畑村洋太郎(70)は言う。

見たくもないものは見ない。考えたくないことは考えない。
米国は考えようと努力する国。日本は考えないままにしておく国

[事故は必ず起きると言う考え方こそが危機管理」
最悪を考えない危機対策には限界がある


私は大いに共感した。日本の国の危機管理は常に「想定内」のこと
しか考えないようにしているとしか思えない。

その点、「ディズニーランド」を経営するオリエンタルランドの
危機管理はさすが!と感心する。
常に最悪事故を想定して訓練を重ねているので、先日の大震災のときにも
スタッフ一人一人がうろたえることなく普段以上の力を発揮したという。

himeutugi
姫うつぎも白い花を咲かせてきた。


あまり政治のことは書きたくないけれど、避難民の方達には
まだ義援金のごくごく一部しか支給されていないと聞いて、
いらだたしいものを感じる。
市町村の機能が回復していないので、分配するところまで手が回らないと
いうのが原因らしい。
ここでもまた、「想定外」の対策を考えていなかったことへの
ツケが出ている。

連休を利用して多くの人がボランティアに参加したという。
はじめて現地へ入って改めてびっくりした人たちもかなりいたらしい。
支援はこれからずっと続いていくだろう。

私の職場も息長く支援するために、毎月の分娩数×1000円を
日本赤十字社に振り込むことに決めた。
患者さまお一人1000円を分娩費からだしていただくという
発想なのだ。3月には48件の分娩数だったので48000円
振り込んだ。
4月分は連休明けに振り込まなくては・・・・。

いまできることを、少しずつでも長く続けていきましょう。




関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

政治の役割は国民の安全と日々の生活を守る事が基本的な役割です。それが分かっていれば政治家各自何をするべきかの道しるべになると思いますが、残念ながら何処の国でも政治家が政治屋になってしまい、政治の目的が国民ではなく自分達の利益を守る事に優先順位が置かれているケースが多々あるように思います。政党の間には批判も必要ですが緊急時にはそれが創造的な前向きの行動であって欲しいものです。そしてこんな時こそ全ての責任は俺が取るからと腹をくくれる事が出来るリーダーがほしいものですね。
<ciscokidさん>
v-170>こんな時こそ全ての責任は俺が取るからと腹をくくれる事が
出来るリーダーがほしいものですね。

ほんとに、だんだん骨のある政治家が少なくなっていく
ようで、将来が心配です。
批判するのも悪いわけではないのですが、そこで終わって
しまっているところにがっかりしますよね。
そんなに批判するなら代案を出しなさいよ!と言いたいですね。
代案も出さずに批判するだけなら誰にだってできますよね。
こんにちは。
本当にそうですね、口だけではなんとも言えますものね。
でも、とにかく今度のことで、政府は当てにならないと
痛感した人たちがどんなにたくさんいたことか。
そういう人たちが、何とか自分たちでけでも動こうと、
支援活動を頑張っている姿がいろいろ伝わってきます。
もう、そういう方たちを細々でも後方支援し続けていく、
これしかないような気がしてきます。
わたしなんかはこんな遠くにいますので、オンライン署名とか、
情報の拡散しかできませんけど。。。

芝桜、綺麗ですねえ、、、
こちらは一時、お天気が悪い日があって急に気温が下がりましたが、
お天気回復、もう初夏の装いです。
<まりおままさん>
v-170 モロッコはもう初夏ですか!
日本も今日は「立夏」らしいですが、まだ薄着を
するにはちょっと寒いです。

大げさにボランティアを叫ぶ人は、結局何も
していない・・・。ほんとに支援しようと思う
人は、黙ってしっかりと支えてあげている
のです。
政治家なんて何も分かっていないクセにTVで
もっともらしいことを言う人は信用できません。
東電や原子力保安院の人が言うことも信用できません。

海外在住の方の方が、情報は持っているかもしれませんね。
オンライン署名のこともままさんのブログで教えていただき
ました。ありがとうございました。