無駄遣い?

2013/ 03/ 03
                 
130218ka.jpg

2月に連休があったとき、孫娘がお泊まりに来て一緒に梅の花を
見に行ったのですが、なかなか更新できず、桜の花のニュースの
頃になってしまいました。

我が家をリフォームしてもう13年が経ってしまった・・・・ということ
を改めて認識させられたのは、トイレの故障・・・。
と言っても使えなくなったわけではなく、1Fのトイレのウォシュレット
が水もれしたり、温水が時々出なくなったりしはじめたのでTOTOに
修理依頼をしたら、
「10年以上経っているので部品がありません。
新しいものと交換してください」

といわれ修理をしてもらえなかった。

お雛祭りの本日3月3日(全然関係ないけど)早速大型ホームセンターへ
偵察に行った。「オレが見に行く!」と張り切っていたオットは
あまり行きたくなさそうな雰囲気。じゃあ私が一人で決めてくるよ、と
言うとしぶしぶ同行していた。

現場へついたら、オットの言うことにゃ~~~~~~
「上のウォシュレットの部分のみ交換すれば安くすむじゃないか」
「ええ?それじゃ上と下とで色が違っておかしいじゃないの!」

そうなんです。我が家のトイレは水色。しかしTOTOは水色は生産しなくなったので
白しかないのです。ウォシュレットが白で土台が水色?

「あと2~3年しか生きられないなら仕方ないけど、10年はまだ生きられると
思うとやはり新しいものに交換したいじゃない?」

そこへ相談に乗ってくれていた店員さんが
「壁紙・床の張り替えもなさいますか?」と聞いた。
「できれば張り替えた場合の見積もりが欲しいです。」
と私。
「お前の考えることはどんどん金のかかる方へ話が進んでいく!
オレはもう知らん!!勝手にしろ!」
とオット。

orita.jpg

そういえば、13年前、リフォームすると言ったときも「しなくていい!!」と
オットは猛反対していた。
設計の人が家に来て話し合いをするときにも知らん顔で一回も話し合いに
加わることはなかった。
設計の人が「ご主人様のご意見は聞かなくてもいいですか?」と心配して
くれたほど・・・。

でも、でも・・・・
リフォームが完成した我が家は1Fのみすっかり新築になり間取りもすべて変わった。
浴室とトイレは希望通り広くなった。
ある日、オットが大阪の義兄に完成の電話をしているところを
秘かに聞いたら、
「やっぱり、風呂が広いのは気持ちがいいわあ~~」
などと喜んでいるではないか!!

何でも節約を叫ぶオットと毎日暮らす家のことにはそれなりのお金を使いたいと
思う私といつも衝突する。
着る物や趣味のものなどは節約しても家のことにはケチりたくないと思う私・・・・。
年金暮らしの身であることは重々分かっておりますが・・・・。

汚くなったトイレの壁紙を取り換えたいとずっと思っていたのでチャンスが
きたと思ったのですが、オットに言わせればムダ遣いだとか・・・。

siro130218.jpg

とにかく見積もりを頼んだので、その金額を見てから考えることにしましょうか・・・。
多分ちょっとムリしても支払うことになると思うけど・・・・ヘヘ・・・。
その代わり、オットが「節約!節約」と言って消してまわる暖房も少し寒いのをガマン
しましょう。








関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

おかね
自分は衝動買いをしてあとから「あ~あ」と悔やむ方です^^;

自分で稼いだお金、自分の代で使い切ってしまいたいですね。
足腰立たなくなれば海外旅行も行けないし、食べ物もそれほど要らないし。

棺桶代ぐらいは残さないと、と言う人もいますが死なれて困るのは残された人。
借金してでも葬式は出しますよ^^

年金で生活できていたら、後顧の憂い無くどんどん使って日本経済を潤わしましょう。
(私みたいに要らん物は買ってはいけませんが)
<Baldhead1010さん>
v-170 私も結構衝動買いをするタイプですが、
どうも毎日暮らす家の中のものはきちんとして
快適に暮らしたいです。
葬式代は生命保険があるし、オットの葬式代も用意したし
自分が元気で働いた分は自分の思う所に使いたいと
思います。
オットは月1回監査役で行っている会社からの給料は
全部自分の趣味に使っているのに、私には「節約」と
うるさいのです。