御岳山のレンゲショウマ

2013/ 09/ 07
                 
906renge (15)

御岳山のレンゲショウマを一度見に行きたいと思っていたのに
なかなか行けなくて、9月6日やっと友人と行ってきました。
連日の雨で、もしかしたら散ってしまったのでは?と思い前日に
電話をして問い合わせたら
「見ごろは過ぎていますが、がんばって咲いています」との返事。

年に数回会う高校時代の友人と3人で出かけた。
天気予報では5日・6日は曇りということだったので雨は降らないと
予想して傘を持参しなかったら、行きの電車の中からポツポツと
雨が落ちている様子が見えていた。

JR青梅線で奥多摩行きに乗り換え、御嶽駅からケーブル下までバスで10分。
45度傾斜のケーブルに乗って6分。御岳山ふもとについた。
レンゲショウマの群生地へ行くにはそこから2分ということだったが、
急な傾斜坂を2分ではないか!!雨でぬかるんだ細い泥道を転ばないように
上っていったら、「がんばって咲いている子」達が
ちらほらと待っていてくれました。

906renge (11)
(蓮華升麻) 多年草【きんぽうげ科れんげしょうま属】

あたりは一面の霧でせっかく高い山に登ったのに、下界の景色は何も見えず・・・。

レンゲショウマの群生地としては日本一だそうで、5万株が群生しているらしい。
見ごろはやはり8月中旬から8月末頃まで。しかしがんばって咲いている子たちは
9月中旬頃までは見られるということらしい。

今年は日程をもっと早めにすればかわいい群生が見られただろうになあ~~~。

御岳山を一周すれば2時間30分くらいかかるらしく、本格的な登山スタイル
の人達は楽しんでいた。
私達は短いコースをちょこっと周ったけれど、それでも坂が多く、階段が多く
車生活に慣れた私は、健脚の友人2人から常に遅れ気味に歩いていた。

情けなや~~~~~!!

山へ上がるほどに雨がひどくなり、結局ビニール傘を350円で買う羽目になった。

906renge (17)
みずひき「たで科たで属」

紅白で咲いていたのに、なぜか白い花を撮っていなかった!


anzan.jpg
大きな杉の木が多かった。
この杉は「産安社」「うぶやすしゃ」と読むらしい。
という3人の女神が祀られている祠の周辺に伸びていた。

こんなに広い山を想像していなかったので、雨のせいにして1時間ほど周って
帰路についた。

でもまあ、久しぶりに高校時代の友人に会えて近況も報告し合い、
ほっとした一日だった。

906renge (19)


残りの写真をPhoto Peachでどうぞ


on PhotoPeach






関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

No title
かわった!!
<garako さん>
v-170気にかけてくださってありがとう!
ひまわりはもう、散ってしまいました。
雨の中、レンゲショウマを見に行ってきました。
レンゲショウマ
キレンゲショウマは石鎚山系で見たことありますが、レンゲショウマはまだないです。

花色も薄墨色みたいで渋いですね。
今年の夏はほんとに暑かった(/_;)
来年以降もどんどん暑くなるでしょうね・・・・。

ところで、私のブログですが、ログインメンバーでないguestの外国人がたくさんのPRコメントを書き込み、消すのに難儀しました。
中には日本語のコメントもありました。
そんなこともあり、まことに申し訳ありませんが、guestでの書き込みはできないように設定しました。
<Baldhead1010さん>
v-170早速調べてみましたが、キレンゲショウマという名前は
花がレンゲショウマに似ていることに由来しているらしいですね。
四国・九州に分布するそうです。
キレンゲショウマに関連した宮尾登美子さんの小説が「天涯の花」だそうです。

guestでの書き込みができなくなったということは、写真を見せて
いただくだけになったということですね。
人気のブログだから、訪問者がけた外れに多いということでしょうね。

いつも私のブログへのコメントありがとうございます。