税務署でのバイト

2015/ 04/ 04
                 
3月2日から31日まで、住所地の税務署で、確定申告のデータ入力のアルバイトをしました。
公務員としての派遣社員という身分での仕事は初めてでした。

午前9時にチャイムがなり、一斉に仕事を始めます。ひたすら同じような種類のデータの数字
補正や、訂正や、個人番号新規登録等、はじめての経験でした。
でも、数字に関しては、10年以上経理をやってきたおかげで抵抗なく、入力業務をこなせたと
思っています。

しかし、お役所の仕事は、ほんとにチャイムからチャイムまできちんと進められてなぜか
息抜きがなく結構疲れるなあというのが実感でした。
昼食も、きちんと1時間なので、お弁当を持参して、仕事の席で食べるしかなかったですね。

まあ、これもまたよい経験になりました。一日約500枚から700枚くらいのデータ処理をして
1月に仕事から離れて、久々に充実した気分になったことも確かでした。

夕方5時に帰るとき、外へ出ると高速道路の向こうにステキな空が広がっていて思わず携帯で
撮りました。

iti0579.gif

itigao0574.gif

臨時に雇用された派遣社員の人数は、びっくりするほどの人数でした。
それぞれ、グループに分かれ、仕事内容は違っていました。
2月3月に集中して書類が増えるということなのでしょうね。

ずっと車通勤に慣れていたので、はじめてのバス通勤は、やはり窮屈でした。
それだけ今までラクな仕事をしていたのか?いや、恵まれた仕事をさせてもらって
いたのかも?
しかし、税務署のアルバイト、交通費がでないんですよね~~~。
これって時給が低くなるということですよね~~。


mm0329.gif



関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

No title
役所の仕事、お疲れ様でした。

役所の仕事には個人のノルマがないので、懸命にやる人とちゃらんぽらんにやる人の給与が同じというのも、納得がいきませんね。

文章作ったりする作業は少し離れると、いい文案がなかなか浮かびません^^;
e-113Baldhead1010 さん
いつもコメントありがとうございます。

> 役所の仕事には個人のノルマがないので、懸命にやる人とちゃらんぽらんにやる人の給与が同じというのも、納得がいきませんね。

確かにそういう気がしました。でも一応税務署では、一人ひとり、一日にやった
枚数を記録する用紙が渡されていましたので、自己申告ではありますが、何枚仕上げました
という報告はできました。
それがなかったら、チンタラやったり、話ばかりしたりという現象が多かったと思います。
いろんなグループに分かれていましたが、大きな声でしゃべりながら仕事をするおばちゃん達も
いてちょっとびっくりでした。
初コメ失礼します♪
最近…踏んだり蹴ったりの日々を過ごしてる私です…(汗)

ボキャブラリーなくて申し訳ないんですけど
coffebreakさんのブログ良いですよね。
読ませてもらって肩の力が少し抜けた気がします\(^○^)/

だからもっとお話させてもらえたらなって(`▽´)
そしたら心の奥で凝り固まったものが解れる気がして!

coffebreakさんに私の悩みを少しでも聞いてもらえたらすごくありがたいです。
ちょっとした感想でも大丈夫ですから♪

このままコメントで相談というのもあれなので直接お話しさせて欲しいです。
嫌だったり迷惑ならこのコメントは消してしまってください。

突然すみませんでした。
連絡もらえるの待ってます♪(゚▽^*)ノ⌒☆
cielさん、
コメントありがとうございます。
残念ながら、あなたのコメントの意味がよくわかりません。
あなたがおっしゃるようにコメントを拒否することもできましたが、
一応いただいたコメントは公表することにしていますので・・・。

でもどういう方か私にはわかりませんし、直接お話をするといっても
脈絡がないので、どうすることもできません。
すみません。
空の広さ
空の広さに、目を、心を向けるとき、人間の営みの小ささが思われます。

その小さな営みの中で、われわれ人間は、ある時は喜び、ある時は苦しみ、ある人たちとは愛し合いながら、ある人たちとは憎しみあいながら、生きて、死んでいくんですね。

空のお写真を見せていただいて、そんなことを思いました。
空の広さ
e-434biko さん
詩的なコメントありがとうございます。

> 空の広さに、目を、心を向けるとき、人間の営みの小ささが思われます。

確かにいつも空を見上げるとき、私の悩みなんて小さなものなんだと思うときが
度々です。

広い空や海を眺めていると日常を忘れられるような気がして元気がでてきます。




> その小さな営みの中で、われわれ人間は、ある時は喜び、ある時は苦しみ、ある人たちとは愛し合いながら、ある人たちとは憎しみあいながら、生きて、死んでいくんですね。
>
> 空のお写真を見せていただいて、そんなことを思いました。