虹の橋を渡っていきました

2016/ 05/ 04
                 
2016年5月2日午後7時30分
我が家のチワワが虹の橋を渡って行きました。
享年16歳1ヶ月。人間の年に換算すれば80歳になります。

晩年は、老老介護で、いたるところにオシッコやウンチの置物をして
私は大声で怒りつつ、その始末に追われる毎日でした。
でも食欲はあったので、まだまだ長生きするだろうと思っていたら・・・・

2日の夕方は何故か半分しか食べなかったのです。昼もオヤツを見せても
全然食べようとしなかったので、ちょっと心配していたら、食事を半分残したまま
私の方へ寄ってきてそばに座り込みました。

ふと見るとまたまた粗相をしたので、また怒りながら体を拭いていたら、何だか
体がフニャフニャして力が入っていないので、おかしいなあと胸騒ぎがしてきました。

やがて・・・舌がベロンと出てきて・・・・あああ、恐れていたことが現実になりました。
夫は、「そのうちに目をしっかり開けるかもしれないから、タオルなど掛けるな!」と
騒いでいましたが、その願いも虚しく・・・・

ryu5.jpg

孫娘に電話で知らせたら、大泣きに泣き始め「今から会いに行くから」と泣きじゃくっている。
夜遅いし、連休前で車も混んでいたら危ないから、来なくていいよ、と言ったけれど
長男嫁も、「すぐに出発しますから」と東京からわざわざ車で駆けつけてきて、実際に寝顔を
みたら、またまた二人共泣き出してしまった。

長男は、やっと仕事が終わったからと、電話をしてきたので、状況を報告した。

090307-(29)_201605041932569e0.jpg
孫娘がまだ小学校へ行く前、我が家に来るとこうやっていつも散歩に連れていっていた。
彼女は、手紙を書いてくれたので、一緒に箱にいれた。

tegami02.jpg

次男も、翌朝7時頃、会いに来た。りゅうは次男が大好きで、次男が家に来ると、
顔を上から下までペロペロとなめまわしていた。

5月の連休は、いつも決算の仕事で、休みがない彼は、これから会社へ行くという。
「社員に休日出勤や時間外をさせるとうるさく指導がくるから、課長が仕事を
するしかないんだよ」と笑いながら出かけていった。

sinr1391_20160504193301a21.jpg


晩年は、心臓と肝臓の薬を飲みながら皮膚病にも悩み、それでも16年がんばって
生きてくれたチワワに感謝している。

ryu_7566.jpg

banne1146.jpg

日増しに寂しさが募ってくる。
夫も朝起きると「あっ、りゅうはいないのか・・・」と寂しそうにしている。
亡くなった直後には
「そんなに急に逝くとわかっていたらもっと昼間面倒見てやればよかったなあ~~」
としきりに後悔の言葉を出していた。








関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

りゅうくん
お久しぶりです、大変長いことご無沙汰してしまって。。。

りゅうくんの悲報を知って飛んできました。
まだまだと思っていましたのに。。。

16歳1ヶ月、、、さぞかし大きな悲しみに包まれての日々、
心中お察しいたします。
でも、みなさんに可愛がられたりゅうくん、
今頃は安らぎと共に自由に飛びまわっていることでしょう。

お孫さんの愛情溢れるお手紙に涙しました。
お返事が届きますように。
ありがとうございます。
e-51まりおまま さん

早速お越しいただきありがとうございます。

チワワは、我が家へ来たばかりに、右前足が使えなくなって不自由な
生活をさせてしまい、ほんとにかわいそうなことを
したと、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

でもいろんな場面で我が家の「厄」を引き受けてくれた
ことには感謝しています。

最期は、私のそばへよってきて静かに息を引き取っていきました。

ウィンダ嬢やまりおクンに会えているといいのですが・・・・?
なかなかブログを訪問できなくて、すみません。


天寿を全うした、と言ってもよろしいでしょうか?
ほんとうにご愁傷さまでした。

我が家で飼っていた雑種犬、「ケン」も平成14年2月4日立春の朝、生まれ故郷へ旅立ちました。(もう14年にもなるんですね)

最期は抱いても軽い、骨と皮だけでした。
もっと優しくしてやればとの、後悔ばかりでした。

それ以後、犬は好きですが、いざ飼おうとなると、いろいろなことを思いやって、決心が付かず今日まで来ました。
歳が行くに従って、生き物を飼うのは難しくなってゆきますね。
寂しさが・・・・
v-25Baldhead1010 さん

ご丁寧にありがとうございます。
チワワの前に飼っていた雑種も16年生きて、私が仕事から帰って
きたら、一人寂しく縁の下で亡くなっていました。
この子は外で飼っていましたので、オシッコなどの世話は必要なかったです。

夫が定年後、一人留守番では寂しいから、年がいって大型犬は散歩に
いけないからとはじめて室内犬と暮らしました。

また新しい犬と暮らすことを想像すると、今更最初からしつけるのは無理
だし、多分こちらが先に行ってしまうと思うと諦めるしかありません。

日増しに寂しさが募ってきます。