認知症じゃないの?

2016/ 05/ 29
                 
映画「ロクヨン」を見てきました。
64_1_large.jpg

平成へと年号が変わる直前の昭和64年に起きた未解決の誘拐事件「ロクヨン」をめぐり、
県警警務部の広報官を主人公に警察内部の対立や県警記者クラブとの
衝突などを浮き彫りにしていく物語。

原作は横山秀夫。夫は横山秀夫の作品が好きで必ずTVでも映画でも見ている。
何ヶ月か前に、NHKTVで毎週土曜日に放送されていた。

夫も私も別々に録画して、別々に録画を見た。
今回それが映画になり前編・後編と2回に分けて放映されるという。

夫が映画を見に行くかどうかで悩んでいる。TVの録画を見たのに、
ストーリーを覚えていないという。
大好きな横山秀夫の作品なので映画を見に行きたいけれど、
前編をあまり早く見ると後編を見るとき、前編の話を忘れそうだから、
できるだけ後編が放映される間際にいかなくては・・・と。

私は、ストーリーを全て覚えているので、わざわざお金を払ってもう一度見なくても・・・・と
思ったけれど、TVと映画では監督もシナリオも違っているだろうから、
どういうキーワードの違いが見れるか、まあもう一度見に行ってもいいかなと思い、
5月23日に出かけた。

後編は6月11日から始まる。
それにしても夫は、TV番組「相棒」でも同じ話を何度も見ているので、
「それ見たのに・・・」というと
「覚えてないから何度も楽しめる」などと負け惜しみを言っている。

認知症が始まっているのではないか???
毎月一回、都内の会社へ非常勤監査役として出勤しているけれど
仕事はちゃんと出来ているのだろうか?と心配になる。

 64-movie_thumb.jpg


ロクヨン後編は楽しみだ。ストーリーはわかっているので、映画がどういう描き方をするのか?
わずか7日間しかなかった昭和64年。少女誘拐・殺人事件は、
昭和天皇の崩御のニュースに隠されて新聞には一行も書かれなかったそうだ。



7713.jpg



関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント