映画~~64~~

2016/ 06/ 29
                 
映画「64」の後編を見てきました。

この映画は前編から、かなり評判がよく、

観客動員は、前編が公開44日で約140万人、
後編が同9日で75万人と計215万人に到達。
この日、2部作をイッキ見した観客に紅白の
64(蒸し)まんじゅうが64個限定で振る舞われた。


ebc6df86755ddb92.jpg


更に
待ち望んでいる共演がある──。
この原作の映像化したものを見てみたい、この俳優がこの役を演じるのを見て
みたいというだけでなく、この俳優たちが対峙したらどんな芝居が見られるのだろうと
期待する共演があるものだ。
「64 ロクヨン」の佐藤浩市と永瀬正敏はまさに
“待ち望んでいた”共演であり、しかもがっつりと芝居をするのは意外にも今回が初


というエピソードもあったとか・・・・。

NHKで連続ドラマとして放映した時と、後編の結末が違っていた。

TVの制作はNHK
映画はTBS


結末は、県警察の体制を変えるような出来事が起こるので、やはりNHKとTBSの違いかな?
などと勝手に思っていたら・・・・・。

昭和64年に発生し犯人逮捕にいたらず迷宮入りした
少女誘拐殺人事件・通称「ロクヨン」。
そして14年後、新たな誘拐事件が発生。犯人はサトウと名乗り、身代金を用意して
スーツケースに入れ、父親に車で運ばせるなどロクヨンをなぞっていたが……。
後編は、原作とは異なるラストが描かれている


ということだった。

6400.jpg
640.jpg

原作 横山秀夫
ご本人も映画を見て、「続編を書こうかな?」ともらしていたらしい。

後編に原作にない結末をつけたところなど、やはりTVドラマとは違う
映画の迫力を見せてもらえた作品だった。












関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント