シンプルな生き方

2017/ 08/ 25
                 
いらなくなった端切れをモップの先につけて、毎朝掃除をするの。
  部屋にはほとんどなにもないからひと拭きで終わっちゃう。
  
  食器は、お湯と布で洗えばシュツときれいになるわよ。


これは、ある雑誌に載っていた樹木希林さんの言葉。
何だかうれしくなってきた。

私も長い間、食器はお湯とアクリル毛糸のたわしで洗っていて
洗剤をほとんど使ったことがない。

akuri0160.jpg

アクリル毛糸のたわしは、ボランティアで行っている
パソコンサポートの部屋に勉強にくる高齢者の方が、いつも編んできてくれる。
10個千円で買っている。

油で汚れたフライパンなどは、最初にキッチンペーパーなどで拭いてから、
果物についてくるこれ
0162.jpg
こんなものを取っておいて、まずそれで油を落とす。最後に、
アクリル毛糸スポンジの古くなったもので洗えば、洗剤は必要がない。

浴室のホーロー浴槽も、「水だけで落ちる」というモップを買ってきて
洗剤は使わず、周囲を洗う。きれいに落ちて、浴槽のツヤも落ちないので、
気にいっている。
希林さんのように、モップの先に、布の端切れをつければ、買う必要もないかも。

石鹸は、風呂場に一個あるだけ

とこれも希林さんの言葉。

私は、風呂場と、洗面所に石鹸を置いている。おしゃれなハンドソープや
ボディソープなど使ったことがない。石鹸のほうが、肌が乾燥しないし、
ニキビなどもできにくい、と何処かで読んでから、ずっと石鹸を使っている。

洗濯には、柔軟剤を使い、食器にはキッチンハイターを使い、
「洗剤大好きな」友人がいる。
水だけでOKのスポンジをプレゼントしたら、そのあと再び洗剤をつけて、
浴槽の中に入って、ゴシゴシと洗うらしい。

ガラスのコップは、たまに食洗機を使うと、ピカピカになる。
二人暮らしで、食洗機を使おうとすれば、三回分くらい汚れた食器を
貯めておかなければならない。
でも汚れた食器を食洗機に入れて、かわりに普段あまり使わない
食器をたまに出して使ってあげるというのも、必要なことではないか!と思い、
貯めておく。
もちろん、食洗機(ビルトイン)を使うときには、専用の洗剤を使う。
でも月に2~3回ぐらい。

0716.jpg
洗面所やトイレの手洗いなどをあらうときには、
上のような小さいスポンジを使っている。
これもまた水だけできれいに汚れが落ちるので、洗剤は使わない。

koue0777.jpg
いつも悠々と我が家の庭を横切って、隣の公園へ降りていく猫がいて、
野良猫にしては人を見ても、逃げるでもなく、悠々と歩いているので、
不思議に思っていたら、見つけました!!

雨上がりのちょっと湿った土の上にじっと座っていました。

ne0778.jpg

見ていると2~3時間この姿勢でずっと座っていました。

どこへ帰って行ったのだろう???
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

こんばんは
日中はまだ猛暑の土佐です。
私も手作り石鹸派で、洗面所、キッチン、お風呂場に置いています。
結構、これでピカピカになるんですが、娘たちが帰ってくると柔軟剤や除菌剤やその他いろいろなものを使います。
だから帰った後は片付けてまた私のスタイルに戻ります。
こだわりは自分だけで、彼女たちにそれを言うのはエネルギーがいるから(笑)

猫ちゃんですが、私は野良ネコをそのまま見逃せません。
今、その猫もほとんど家に居着いていて夫に怒られています。
Re: タイトルなし
yume さん
お忙しいのに、わざわざコメントをありがとうございます。

我が家も「ハンドソープ」や「ボディソープ」などは、息子一家が泊まりに
来るときだけ用に、置いてあります。
最近は、あまり泊まることがなくなったので、いつまでもなくなりません。(笑)

石鹸は、私がしっかり使うので、すぐなくなります。

> こだわりは自分だけで、彼女たちにそれを言うのはエネルギーがいるから(笑)

そうそう、私も自分のこだわりは話しません。両方置いて「好きな方を使って」と
言っています。


> 猫ちゃんですが、私は野良ネコをそのまま見逃せません。
> 今、その猫もほとんど家に居着いていて夫に怒られています。

この猫、どうも野良ではないような気がします。我が家の玄関前で日向ぼっこ
していて、ドアを開けても、あわてて飛び起きることもなく、悠々と立ち上がって
公園へ歩いていきます。人間を全然警戒していないのです。

チワワが亡くなってからは、夫が寂しがっていますが、もうこの年令では
最後まで面倒を見れるかどうか分からないので、野良を拾うこともできません。

大阪に住んでいたころには、よく夫が野良犬や猫を拾ってきて、面倒を
みるのは、いつも私の役目でした。子供二人を乳母車に乗せて、その横に
犬のヒモを取り付けて、二人と一匹の散歩をしていました。