スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

畳と○○は新しい方が・・・

2007/ 04/ 24
                 
1階のリビングに畳コーナーがあってそこはいつも夫の
居場所になっている。
あまりにも畳がささくれだって、へりも破れてきたので
新しいものに取り替えることになった。

タイミングよく(?)電話セールスがかかり、とりあえず
見積もりをとってみようということになった。

畳コーナーは真ん中に掘りごたつがあるので、畳数としては
5畳くらいしかない。
そこを表替えをし、2階の6畳の和室を半返ししてもらうと
見積もりが9万8千円だという。

オットも私も「それは高すぎる」と言ったら、9万5千円に
するという。
何の下調べもしていなかったので、とりあえず翌日インターネットで
調べたり、近くの畳屋さんに同じ材料のものの値段を聞いて
みたりした。
その結果、前日の業者に「いろいろ調べたけど、やはり高いと思うけど」と言ったら、
見積もりにきた営業さん、
「正直いって、今お仕事がほしいので
それじゃ、8万5千円にします。それ以上安くはできません」


と言ったので、返事は「明日します」ということにした。

調べれば調べるほど、見積もりが高いと分り、病院によく来る
建築屋さんに別の畳屋さんを紹介してもらった。
そこは「和紙畳」というのを扱っているという。

「琉球畳」にしたいと思っていけれど、これはとんでもなくお高い。
更にヘリなし畳にしようと思ったら、これもまた床から交換しなければ
いけないので、倍近く高くなるという。

「和紙畳」のことを知らなかったので、ネットで調べてみたら
今や、琉球畳よりもおしゃれで人気があるし、丈夫で長持ちする
とか・・・・。お値段は普通のものより少し高いけれど
長持ちすることを考えればびっくりするほどの値段でもない。

で、結局こちらの見積もりは6万5千円になった。
それを更に値切って6万2千円にしてもらった。

wasi
これが「和紙畳」

tatami
2階の「半返し畳」(普通の井草の畳)
ちょっと蛍光灯が反射して色が分りにくいけれど
やはり「和紙畳」とは色が違う。

どうしてそんなに値段の違いが出るのか?

作業は一日で終わったけれど、分ったことは・・・・。


最初の業者は「営業」「電話セールスの女性」「職人」と従業員が
かなりいる様子。実際見積もりに来た「営業」さんは、作業の話を
しているときに「水曜日は私も休みをとってゴルフに行くんです」
などとニコニコ話していた。

お値段の安い業者は、見積もりに来たと同じ人が、朝早く一人で
畳を運び出しに来た。畳を工場へ持っていくのだから、2人くらいは
来るだろうと思っていたので、ライティングデスクなど重いものは
そのままにしてあった。

ところがその重いものも一人で動かし、夕方出来上がったものを
持ってきたときにも一人だった。

まあ、最初の業者は「ウチは昔ながらの手縫いですので機械で
やるものよりきれいに仕上がるから値段も安くできない」
と言っていた。
しかし、それだけではなく、「人件費」
お値段に乗っているんだな、ということがよく分かった。

安かった畳屋さんは、確かに手縫いではなく、機械だと言って
いた。しかし、両方を並べて敷くわけでもないので、比べる
こともないし、だいいち、眺めるための畳でもなく、物を
置いたらよほどの詳しい人でもなければ機械なのか手縫いなのか
なんて分らないだろう・・・・とも思った。

ともあれ、畳が新しくなって気持ちがいい。


man1
まんさくの花がやっと咲きそうになった

mansaku
数日後、花がちらほらと咲いてきた。でも数が少ない。
春と秋と二度咲くと聞いていたけれど、花が小さく数が少ない。


arena
アレナリア・モンタナと一緒に咲いている紫色の花の名前が
また分らない。

kasumi
かすみ草は満開状態。


yamahoro
お気に入りの「やまほろし」も咲き始めた。

(写真はすべてクリックで大きくなります)




関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

業者さんによって値段にもかなりな差が有るのですね、
しかし狭い町で同業者が数件と言う僕の環境では、
なかなか比較して注文とは行き難いのが残念です。
見積もりをしてもらうと余程の事が無い限り注文せざるを得ません。
それとなく業者さんの評判を聞いておくぐらいしか手が有りませんね。
タタミ
我が家が昨年やってもらった業者も一人で全てやっているようでした。たしかに重いものもひとりで動かしていました。
紫色の花はホタルカズラに似ている気もしますが、違うかもしれません。http://www.c-able.ne.jp/~takosan/d-hotarukazura.html
畳、いいっすねぇ。匂いが好き。
祖母の家で寝泊りしとった時のことを思い出します。
海外に住んどると、やたらと日本チックな物が恋しくなりますけど、畳のそのうちの1つ。
毎週行くお茶の教室で畳の上を歩くことができて、ほんのちょっと幸せになります^^。
それにしても、bahagiaさんとこは掘りごたつがあるんですかぁ。
ええなぁ☆ 掘りごたつ、憧れやわぁ^^#。
<mishiさん>
v-170 我が家も、一度見積もりをもらったので
断わるのはまずいかな?などと悩みました。
しかしあまりにも高かったので、あとで後悔するのも・・・と
思い、思い切って断わりました。

やはり事前にいろいろ調べてから見積もって貰う方がいいですね。
<横浜のおーちゃん さん>
v-170 多分、畳屋さんは、何もかも一人でやって
るのだと思います。

お花の名前とサイトのご紹介ありがとうございました。
ホタルカズラとは葉の形がちょっと違うような気がしますが
でもその名前も聞いたことがあります。
<うるわしさん>
v-170 オットは畳みの部屋とこたつがないとダメな
人なんです。食事も和室に座ってします。
イスに腰掛けて食事をするのがキライなのです。
海外駐在の時にもリビングのソファに座って食べて、
食卓には座らない人でした。
こんにちは^^
畳の部屋で寝転がり、思い切り伸びをするのが、一時帰国した時の私の常。
気持ちいいですよね、やっぱり畳って。
値段の違い、何でこんなに違うんだろうって思う時ありますよね。
商品そのもの質が違う場合もあれば、このように人権費の場合もあるんですね。

お花、去年も見せていただいたやまほろし、いいですね。
つぼみの時のウッスラとピンクっぽい色も可愛いです^^




<まりおままさん>
v-170 畳の部屋で手足を伸ばして寝転がると
ほっとするときがありますよね。
表替えの値段は、一応同じ商品で比べてみましたが、
3万円も違ってくると機械縫いでも仕方がないか・・・という
気分でした。

やまほろし・・・毎年かわいく咲いてくれます。
畳が新しくなるというのは気持ちいいでしょうね~
我が家も、いつ新しくしてもいいぞ!という状態の畳なのですが(?)、諸般の事情で延ばし延ばししています。。

近所に畳屋さんがあって、覗いたことはないですが、玄関先のたたずまいがこざっぱりしていて、感じよさそうです。

< otayori さん>
v-170 我が家もこんなに早く替えるつもりでは
なかったのですが、へりがどうにもすりきれてきて
思い立ったが吉日・・・ということで取り替えました。
やはり新しい畳は気持ちがいいです。
気持ちいいでしょうね
新しい畳にご主人は喜んでおられる事でしょう。
畳の匂い好きなので新しい畳で
寝転がると気持ちいいでしょうね。

「やまほろし」のかわいいお花私も好きです~
毎日お花を見るのが楽しみですし癒されますね。

    
< guraseriさん>
v-170 新しい畳は見た目もきれいで
気持がはずみます。

やまほろしはこれから咲いてくれるでしょう。
無事に冬を越して咲いてくれたのでほっとしています。
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。