四万十の旅

2013/ 12/ 02
                 
全く、11月は忙しい月だった。
ブログも相変わらずスポンサーサイトが居座ったまま・・・・。

とにかく、11月初旬、孫娘の学校が5日・6日と代休になると聞いたので
早速、二人の旅を計画した。

キャンペーン等いろいろ探していると、JALのHPに
「おともでマイル」という格安キャンペーンがあった。
本人は1万マイルで、お伴の人は片道1万円。
そこで、四万十へ行こうと計画した。

高知に住んでいた頃には、四万十も足摺も一度も行ったことがなかった。
それがなぜ??

そうなんです。TBSTVのドラマ「遅咲きのひまわり」を見て以来
なぜか四万十が頭から離れなくなったのです。

孫娘との旅をどこにしようかと思ったとき、やっぱり「高知」だよな~~と
自然に思えた。

131103simanto (48)

これが、ドラマに出てきた「沈下橋」。この橋を渡るのって怖いですよ~~。
風の強い日など、絶対に渡れないと思いましたよ~~。

この沈下橋を探すのに一時間ほどロスタイムが発生し、この遅れがその後の
計画を大きく狂わせる羽目になってしまった。

そこからカッパ館へ行き、足摺岬へと向かう旅だった。

カッパ館は、Photo Peachでどうぞ。



シバテンまたは芝天狗(しばてんぐ)は、高知県や徳島県に伝わる河童に近い妖怪、
もしくは河童の一種。

子供のころは、よくしばてんの話を聞かされた。

四万十へ行ったら、やはり足摺へ行かないと意味がない、ということで
足摺へ急いだ。妹のダンナさんが運転する車で山道をぐるぐるとイヤと
いうほど単調な道路を越えて、やっと海が見えてきた。

船からみる足摺の海底も楽しめた。写真がいまいちうまく撮れていない。

とりあえず、四万十と足摺を一緒にしたPhoto Peachをどうぞ。



海底水族館はこちら



孫娘は、足摺の海と高知をとても気にいったらしく、龍馬空港で妹夫婦と
別れる時からずっと泣いていた。
飛行機の中でも口数少なく、何か話かけるとすぐに泣きだしそうだった。

きっと彼女の思い出の中に強く「高知」が印象づけられたことだろう。




この後11月26日からまた私一人で姉婿の葬儀のために高知へ
帰ることになってしまった。







  




                 
        

運動会

2013/ 10/ 09
                 
10月6日(日)孫娘の運動会へ行ってきました。
本当は5日でしたが、生憎の台風接近のための雨で日曜日に
順延になりました。
そのおかげで、今年は最後まで見ることができました。
土曜日はどうしても仕事の関係で午後は帰宅しなければいけないのです。

hinomaru.jpg

まずは、入場行進・開会の言葉の後は、国旗掲揚。君が代の音楽が流れていました。

お嫁さんの実家のお父さんも広島から駆け付けていました。
広島のおばあちゃんにも見てもらいたかったね。


お昼は一緒に食べました。子供たちは子供たちだけで教室で食べる学校も
あると聞いたことがありますが、孫娘の学校は、家族と一緒、お友達家族と
一緒にも食べられるという形式なので、今年はお友達家族も一緒に昼食
を取りました。

今年は最後まで見ることができたので、騎馬戦や組体操・学年別リレーなど
見応えのあるプログラムを最後でみれたので、よかったなあ~~~。

なかでも6年生全員での「組体操」は感動しました。
フィナーレという最後の種目でなかなかうまく隊列が組めなくて(多分練習ではうまく
できていたと思う)
傍でフォローしている先生方も必死で、一回目はうまくいかなくて一番最初から競技を組み直すと
いうことになり、6年生は最後の運動会なので、絶対に完成させたかったと思います。

kumitate_20131009220738883.jpg
一段ずつ組んでいく様子を一枚にまとめてみました。



そして見てやってください。頂上へ立った子がついに両手を広げたのです!!

undoukumi_201310092054154bd.jpg
一度やり直して完成させるまでみんな固唾をのんで見守っていましたので
成功したときには、涙を流すお母さんや感動の拍手が長く長く巻き起こりました。
私ももれなく感動に包まれました。
周りを囲んでいる赤いポロを着ているのはサポートの先生方です。


毎年楽しく見れるのは、5・6年女子の棒倒し

boutaosi.jpg

女子はどこの世界でも元気です。するするっとてっぺんに登っていく身軽な
女の子をみていると胸がすくような気分です。


騎馬戦は今年初めてみました。これも5・6年男子です。

kiba.jpg
kibasen.jpg

学年別三色リレーはやはり圧巻でした。走りの早い子はフォームが全然違いますね。

全学年を赤・青・黄色に分けて毎年対抗戦にしているのですが、孫娘は青色に
所属しています。
昨年は残念ながら青色は2位でしたが今年はダントツ1位を取りました。
昨年の1位赤色は今年は2位になってしまいました。

page.jpg


応援合戦も、ダンスも運動会はやはり見ていていつの間にか引きこまれて
こちらもたっぷり楽しんでしまいますね。

ouen.jpg

danns.jpg


立ってる時間が多くて帰り途いささかお疲れ気味でした。

とにかく今年のイベントもひとつ終わっていきました。







                 
        

長~~いお休み

2013/ 05/ 14
                 
あまりにも長い間更新がないので、スポンサーサイトが居座ってしまいました。

130512.jpg

今年の「母の日」のプレゼントはこの花。「イタリアンラベンダー」
という名前だそうです。初めて知りました。

昨年の母の日にいただいた「ミニバラ」も今年もいっぱい蕾をつけて
咲いてきました。

013haha.jpg

写真を撮ったときにはチラホラと咲いていましたが、今日になって上から下まで
いっぱいに花をつけています。
イタリアンラベンダーも多年草らしいので、来年もまた咲かせましょう。

お花を眺めているとほんとに幸せな気分になれます。


さてさて5月の連休に孫娘と一緒に
福岡へ行ってきました。
二男が福岡に住んでいるのですが、
「来年は本社に帰るから早く福岡へ来ないといなくなるよ」と言ってきたので
急遽決心をしたのです。

ゴルフ旅行しか興味のないオットは留守番するというので小3の孫娘を
誘ったら、一緒に行ってくれるというので心強かった。

130504 (24)

湯布院へ出発しようと街へ出たら、ちょうど「博多どんたく」をやっていた。
有名などんたくも見れて息子の車で湯布院へ出発。
5月3日という連休真っ最中なので、当然あちこちに渋滞が起こっている。
息子がカーナビを使ってあちこちと裏道を探し、大きな渋滞に巻き込まれずに
済んだ。
私はこんな風にカーナビを活用したことがないので、息子の隠れた才能に
ちょっと目を見張った。

残念ながら湯布院の写真をあまり撮っていなかった。
一日目は湯布院へ泊まり、2日目は、阿蘇へ行った。
阿蘇へ行く途中、孫娘のために、乗馬クラブへ寄った。
ジャカルタでは乗馬を習っていて一人で馬に乗れるのに
日本の遊園地等で乗るポニーは全部引き馬になっていてなかなか
一人で乗れない。
それがここでは身長124センチ以上であれば一人で乗せてもらえるのだ。

jyouba

乗馬用タイツもちゃんと用意してきたのだ。うれしそうだった。
二男のお嫁さんも2歳の息子を連れて引き馬に乗っていた。

阿蘇は広大な土地があちこちにあるのにびっくり!

130504 (57)

阿蘇山の噴火がよく見える場所に行った。そこにも馬がいっぱいだった。

otatidai


aso
ここは、天皇陛下が景色を見下ろした展望台だと説明看板が立っていた。


それともう一つ、はじめての経験は、スターフライヤーという航空会社の
飛行機を使ったことだった。
運賃は安いし、イスは横幅も前も十分に余裕があって、すべての座席に
モニターがついていて音楽でもDVDでも好きなものを聞いたり見たり
できる。
他の航空会社がやめたお茶のサービスもあり、小さな子供には折り紙を
くれたり、絵本を貸してくれたり、「おもてなし」をモットーに
している航空会社らしい。
残念ながら「福岡」「北九州」「関西」にしか飛んでいない。
安くて快適なのですぐにチケットも売り切れる。

ともかく、孫二人と存分に遊べた連休の思い出は、強く印象に残った。

帰り途、孫娘が「おばあちゃん、今度はどこへ行こうか?」という。

もう2年もすれば、「お友達と行きたいからおばあちゃんと一緒に旅行
できない」と言われそうなので、できるだけ計画をたてなければ・・・・と
楽しみになってきた。


Photo Peachでどうぞ。



                 
        

無駄遣い?

2013/ 03/ 03
                 
130218ka.jpg

2月に連休があったとき、孫娘がお泊まりに来て一緒に梅の花を
見に行ったのですが、なかなか更新できず、桜の花のニュースの
頃になってしまいました。

我が家をリフォームしてもう13年が経ってしまった・・・・ということ
を改めて認識させられたのは、トイレの故障・・・。
と言っても使えなくなったわけではなく、1Fのトイレのウォシュレット
が水もれしたり、温水が時々出なくなったりしはじめたのでTOTOに
修理依頼をしたら、
「10年以上経っているので部品がありません。
新しいものと交換してください」

といわれ修理をしてもらえなかった。

お雛祭りの本日3月3日(全然関係ないけど)早速大型ホームセンターへ
偵察に行った。「オレが見に行く!」と張り切っていたオットは
あまり行きたくなさそうな雰囲気。じゃあ私が一人で決めてくるよ、と
言うとしぶしぶ同行していた。

現場へついたら、オットの言うことにゃ~~~~~~
「上のウォシュレットの部分のみ交換すれば安くすむじゃないか」
「ええ?それじゃ上と下とで色が違っておかしいじゃないの!」

そうなんです。我が家のトイレは水色。しかしTOTOは水色は生産しなくなったので
白しかないのです。ウォシュレットが白で土台が水色?

「あと2~3年しか生きられないなら仕方ないけど、10年はまだ生きられると
思うとやはり新しいものに交換したいじゃない?」

そこへ相談に乗ってくれていた店員さんが
「壁紙・床の張り替えもなさいますか?」と聞いた。
「できれば張り替えた場合の見積もりが欲しいです。」
と私。
「お前の考えることはどんどん金のかかる方へ話が進んでいく!
オレはもう知らん!!勝手にしろ!」
とオット。

orita.jpg

そういえば、13年前、リフォームすると言ったときも「しなくていい!!」と
オットは猛反対していた。
設計の人が家に来て話し合いをするときにも知らん顔で一回も話し合いに
加わることはなかった。
設計の人が「ご主人様のご意見は聞かなくてもいいですか?」と心配して
くれたほど・・・。

でも、でも・・・・
リフォームが完成した我が家は1Fのみすっかり新築になり間取りもすべて変わった。
浴室とトイレは希望通り広くなった。
ある日、オットが大阪の義兄に完成の電話をしているところを
秘かに聞いたら、
「やっぱり、風呂が広いのは気持ちがいいわあ~~」
などと喜んでいるではないか!!

何でも節約を叫ぶオットと毎日暮らす家のことにはそれなりのお金を使いたいと
思う私といつも衝突する。
着る物や趣味のものなどは節約しても家のことにはケチりたくないと思う私・・・・。
年金暮らしの身であることは重々分かっておりますが・・・・。

汚くなったトイレの壁紙を取り換えたいとずっと思っていたのでチャンスが
きたと思ったのですが、オットに言わせればムダ遣いだとか・・・。

siro130218.jpg

とにかく見積もりを頼んだので、その金額を見てから考えることにしましょうか・・・。
多分ちょっとムリしても支払うことになると思うけど・・・・ヘヘ・・・。
その代わり、オットが「節約!節約」と言って消してまわる暖房も少し寒いのをガマン
しましょう。








                 
        

誕生日

2013/ 01/ 28
                 
sinb0118.jpg

義妹に株分けしてもらったシンビジュウムが今年はいっぱい花を
つけています。

「誕生日」というのは、1月27日がオットの誕生日だった
のです。
前日に「あっ、あしたはオレの誕生日だ!」と騒ぐので、
「それがどうしたの?」と言ったら、「イヤ別に・・・・」
「キンキを食べたいなあ~~」とボソッと言っているのです。
昨年キンキを買ったお店に土曜日に行ったとき、キンキを見かけなかった。
まあ、一応日曜日にお店に行って聞いてみたら、
「先週は仕入れましたが、今週はいい品物がなかったので仕入れませんでした」
とのこと。

家に帰ってオットに言ったら、「じゃあ仕方がない・・・」。

そのかわり「めばる」を買ってあるからそれでよしとしてください。
だって先週、カシミアのセーターも買ってあげたじゃないですか!

夜になって孫娘から「Happy Birthday」の電話があり、それで
ちょっとご機嫌になっていました。

ヤレヤレ、世話がやけるおじいちゃんだねえ~~~。

0118syak.jpg


なかなか更新できなくて、更新したと思ったら、またまたクレーマーおばさんに・・・。
そう、26日に福岡に住む二男のところに精米したお米を送るために
近くの宅急便の営業所に車で運んだのです。
できるだけ店の入り口に近い所へ駐車したいと思って探したけれど
店の前2台分の駐車場にはすでに車が止まっていた。
仕方なく入口より遠い場所に止めて10キロの米をいれたダンボールを
必死の思いで店の中に運んだ。

受付が終わって「うん~~???」とふと思ったのは、
「あれ?お客さんはいないじゃないの?」
あの一番いい場所に止まっている車二台は職員の車??

帰るとき、二台の車のナンバーを書きとめた。
そしてその営業所を管轄する統括店に電話をして職員の車かどうか
調べてくださいと頼んだ。
電話に出た女性は、
「申し訳ございません。調べて営業店の店長に電話をさせますので」と
言って電話を切った。


0126man.jpg

わ~~い!やっとまんまるお月さんを撮ることができたよ~~


宅急便の営業店から電話がありました。その電話を聞いてますます
私はがっかりしました。

「職員の車を駐車するスペースがなくてあちこち動かしながら営業して
いますので、重い荷物をお持ちになったときには声をかけてくだされば
いつでも私どもが運びますから・・・」


ちなみにそこの営業所にはお客さん用の駐車場は車4台分しかないのです。
その4台のうちの入口に一番近い真ん中の2台分に職員が駐車しているのです。
当然、お客さんは入口から遠い両端しか使えません。両端の一台は、傍に大きな
鉄骨の柱が立っている場所で、車が柱に当たりそうな場所です。
そして隣りの倉庫前は、配達の車用の駐車スペースが5台分くらいあり、
午後4時ごろにはガラガラに空いているのです。

職員が駐車している時には、声をかけてくれれば荷物を運ぶから、
ではなく、隣りの配送車の駐車スペースに動かしておくべきじゃ
ないですか?
あるいは、近くに職員用駐車場を借りればいいじゃないの?と
私は思ったのですが、電話口の方には
「あなたのおっしゃっていることはおかしくないですか?
私は病院に勤務していますが、病院の入口に近いところは患者さま用
です。職員は遠い場所に止めて歩いて出勤していますよ」と
言いました。

yuki114.jpg

この会社は社員教育をしているのか?こんなレベルの社員ばかりなのか?と
何だか話をしても通じない無力感がいっぱいでした。

サービス業に携わる人がお客様第一に考えているのではなく、自分たちのことが
優先され、そのことを指摘されたら言い訳をする。反省していないのか???
こういう人たちに大事な荷物を任せて大丈夫なのか!と思ってしまいますよねえ。

0126.jpg

どうしても月を撮影できなくて悩んでいたのですが、説明書を読みながら
以前に Baldhead1010 さんに教えていただいたことを思い出して
TRYしたら、うまく撮れました!よかった!!



0114.jpg