希望を語る・・・

2009/ 01/ 27
                 
オバマ大統領の演説を聞いていると、これほどまでに国民に向かって
希望を語ってくれる政治家は数少ないのではないか?と思えてくる。

ケネディさんもとても演説上手でフロンティア精神を強調していたような
記憶があるが、オバマさんはただふわふわと希望を語るだけではなく
国民と共に実行しようとする意思が感じられる。

「しかし、頑なに方針を変えず、一部の利益だけを守り、楽ではない
 決断を下すのを先延ばしするような時代は明らかに過ぎ去りました。」


「我々に今求められているのは責任という新しい時代です。」


そう、今まさに職場でこの言葉をかみしめてもらいたいと思う日々が
続いているのだ。
職場で何か新しいものを導入しようとすると、頑なに抵抗し、自分達に
課せられる新しい作業を拒もうとする人たちが必ずいる。

そのことが自分の業務に大きく負担をかけるわけでもないのに、
とにかく新しく面倒な作業はしたくない・・・・・という考え方がありありと
見えている。

みんなで協力して団結しなければやっていけないにもかかわらず、
批判はみごとにするけれど、建設的な意見は何一つでてこない。

なぜだろう?批判やグチを言っていてはそこからは何も生まれてこない・・・
現実は目の前にあるのだから、どうすればよりよい状況を作れるのか?
どうすればよりよい方向へ転換できるのか?
そういうものの考え方がどうしてできないのだろう?

回覧版の最後に私は書いた。
みなさんの協力がなくては成り立っていかない作業です。
いろいろ面倒な思いをされることもあるかと思いますが、ひとりひとりが
責任を持ってご協力ください。
また、もっと簡単でやりやすい方法があればご教示くださるとありがたいです。


ひたすらお願いするしか方法がないのだ。

kanzasi1
はなかんざし
今年もかわいく咲いてきました。

hanakan



                 
        

ええ??そういうこと?

2008/ 03/ 20
                 
mitumata2

枝垂れ梅を撮影に行った帰り道、「みつまた」を見つけた。
みつまたの花を最近よく見かける。

mitumata

ふと下をみると

hananira

何の気なしに写したけれど、これって「ニラの花」ですよね?
いままで実物を一度も見たことなかったけど・・・・

03.21日追記
これは「ハナニラ」だと横浜のおーちゃんさんに教えていただきました。
ニラの花とハナニラとは全然ちがうようです。
横浜のおーちゃんさん、教えていただいてありがとうございました。


nira

やはりかわいい!
そして名前がわからないけどこんなかわいい花も・・・・

murasaki


昼休みにしてはいろいろな花をいっぱい撮影してさて帰ろうと
車のエンジンをかけたら・・・
あれれ~~ウンともスンとも言わない。
バッテリーは昨年11月に取り替えたばかりだから、そんなはずはない・・・・
なぜか・・・・
こういうときってやはりあわてるんですよね。
とりあえず職場の男性に電話をしたら、
「自分の入ってる自動車保険のロードサービスを頼めばいいよ」
と教えてくれた。

こういうときにはさすが、男性は頼りになる。
すぐに保険証券を取り出し電話をする。と思いがけない言葉が・・・

すぐにロードサービスへ連絡を致しますが、
無料サービスは10キロまでです。それ以上は有料になります。
また、今後90日以内に同じ症状で依頼することはできません。一度だけです。


ええ??そんなこと保険契約する時には一言も聞いてなかったし、
書いてもなかったよ。
マア、とりあえず職場に帰らなければいけないので仕方がない。
すべてに「はい、わかりました」と返事をし、何分くらいでレッカー車が
来るのか、相手からの返事を車の中で待つことにした。
ダメだろな~~と思いつつエンジンをかけたら、ブルルン~~と
かかってしまった。

ラッキー!このまま帰ろう!
結局ロードサービスも使わずに帰ってこれた。

帰り道、思い出したことがあった。

PCを光ファイバーに繋ぐ時、キャンペーンのうたい文句

今、申し込めば最大2ヶ月無料
そして申し込んだ。月の初めに申し込みをしたら、今工事が混んでいるので、25日頃
になるという。
随分時間がかかるなあと思いつつ25日に工事が済み、設定もして光ファイバー
無事開通。

翌月のインターネットの請求は無料。ところがその翌月は有料だった。
当然抗議をした。
「2ヶ月無料じゃなかったんですか?」
最大2ヶ月ですから、工事が早ければ2ヶ月に
なりますが、お宅様の場合は工事が25日になりましたので、
その月は5日間を1ヶ月と数えますので残り1ヶ月が無料です。


ナニイィィ~~もしかしたら、工事が混んでいて25日まで出来ないといったのは
ウソで最初からそういう風に仕組んであったのではないか?
そうとしか思えない。
要するに、どんなに早く申し込んでも工事は月末近くにして無料期間を
できるだけ短くするという商法だったんだと気づいた。

「それじゃアナタ詐欺じゃないですか!」といって電話を切った。

最近のTVのCMでは、はっきりと「2ヶ月間無料です」
と紛らわしい言い方をやめている。
きっとどこかからクレームがついたに違いない。

政治家だって「暫定税率」とか言って何十年もガソリン代に上乗せして
国民を騙しているほどだもの。
そりゃまあ、甘いキャンペーンの言葉などには簡単にだまされてしまうよなあ~~。

TVコマーシャルのBGMに流れている歌で最近気にいってる歌。
竹内まりやの「人生の扉」
You Tubeで聞くことができます。
ぜひ聞いてみてください。



                 
        

答えは正確に

2008/ 01/ 16
                 
aman

ギンギアナム:ラン科
花と背丈はセッコクに似ていますがバルブが太く葉は硬く太と短い。
冬に咲く花で室内を好むらしい。

昨年は見事に花をいっぱいつけたので、今年はダメかな?と思っていたら
今年もいっぱい咲いてきた。よかった!
gingi
オーストラリア原産のデンドロビウムの原種で色は白とピンクの2色ある。


sikura

ガーデンシクラメン
これは外で元気に咲いてくれるので、気分的に世話がラクだし、楽しめる。


******************************

昨日、電車に乗ったら、お年寄りが入り口近くにいた男性に
「この電車は各駅ですか?」と聞いている。
聞かれた男性は、
「どこまで行くんですか?」
と聞き返した。

おじいさんは、自分が聞いたことへの答えではないと思ったのか、
今度は私に向かって
「この電車は、各駅ですか?」と同じことを聞いてきた。

「はい、各駅だと思いますよ」とちょっと自信なさそうに私が答えると

それを聞いていた右斜めの座席に座っていた高校生がわざわざ立って
こちらの方に身を乗り出して
「各駅ですよ!」ときっぱりと言った。

おじいさんは、安心して電車に落ち着いた。

それにしても、この高校生も偉いよな。
普通ならかなり離れたところで会話をしていることなんか自分に関係ない
とばかりに知らん顔をするだろうに、もしかしたらおじいちゃんと一緒に
暮らしている子なのかな?とも思った。


最初に聞かれた男性は、きっと降りる駅を聞いて、その駅に止まるかどうかを
言ってあげようと思ったに違いない。
だから

「どこまで行くんですか?」と聞いたに違いない。

しかし、おじいさんが聞いているのは

「この電車が急行なのか、各駅停車なのか」を知りたかったのだ。
どちらの電車か分れば、自分が降りる駅に止まるかどうかは自分で分る。

時々、気を利かせたつもりで先のことを聞いたり答えたりすることがある。
でもそれが相手の質問に対する答えになっていないことがある。

よく、国会議員などがTVに出演して、司会者に何か聞かれると
まわりくどく、いろいろ言葉を駆使して、聞かれたことへの答えになって
いないという場面に出くわす。

それは誤魔化しているんだろう・・とつっこみたくなることもある。

答えは、シンプルに!聞かれたことへの答えをしよう!

そして言い訳がましい答えもやめよう。

と思った電車の中での出来事だった。


                 
        

あいさつ

2008/ 01/ 11
                 
昨日、史上最年少でプロゴルファー宣言をした石川遼くんの記者会見を
見ていた夫がしきりに感心している。

高校生でよくあれだけしっかりとみんなの前で話ができるなあ。
オレなどあんなにはっきりと人前で自分の意見を言ったりできないなあ・・・。

確かに、16歳や17歳でプロ宣言などしたら、今時の若者は思いあがった
態度で見ているこちら側に反感を持たせるような物言いをする人が多いような
気がする。

石川遼くんは、敬語もちゃんと使えるし、「プロの中では自分が一番下手」などと
謙虚な言葉も発して、年齢相応の若者らしさがあふれていて好感が持てる。

きっと小さい頃から親子関係がきちんと成立していたことだろうと察せられる。

女子プロに人気を奪われた感のあるプロゴルフ界にあって男子プロの世界を
大いに盛り上げてほしいと応援してあげたくなった。

hanakanzasi

花かんざしも咲いてきた。

遼くんの話とは別にふと長男が小さい頃のことを思い出した。

商社マンのオットは毎晩帰りが遅く、世間の多くの家庭と同じで我が家も
母子家庭の毎日を送っていたので、食事はほとんど長男と二人で取っていた。

息子が2歳か3歳の頃、食事中必ず息子に話しかけ、決まって言った言葉は
「おいしいねえ!」だった。
何を食べても「おいしいねえ」と二人で言いあって食べていた。

だから、息子はきっと食事の時には「おいしいねえ」と言うのが決まりなんだろうと
思っていたのではないか?

それが分ったのは、あるとき、義母が「○ちゃんはかわいいねえ」と言うので
「どうしてですか?」と聞くと、
どうやら、オットと長男がオットの実家を訪ねたときに食事を出されてみんなで
食べていたら、長男が「おいしいねえ」と言ったらしい。

3歳の子供のその言葉におばあちゃんエラク感激したらしく、
「ええ(大阪弁で良いの意味)しつけをしてくれて・・・」と私まで褒めてもらった。

そんなつもりじゃなかったけれど、そのとき思ったことは、子供は普段から親に
何気なく言われていることが頭や身体の中にどんどん積み重なっていくものだなあ、
ということだった。


                 
        

意味が違うんじゃないの?

2007/ 11/ 17
                 
毎月一回目薬をもらうために、眼科へ行っている。
診察券を出す時、必ず受付で「お変わりありませんか?」と聞かれる。

これはすべての患者に聞いている。
要するに「かゆみとか目やにとかが出ていないか?」
前回と何か症状が違っていないかを聞いているのだ。

と私は思っていた。

事実、他の患者さんも「はい、変わりありません」
とか
「今朝起きたら、こんなに目の上が腫れてたんです」とか答えている。

ところが、今日、若い男性の患者が来ていた。
いつものように、受付の人が
「お変わりありませんか?」と聞いた。
「多分変わりありません」
「多分?」
「毎日進歩がないから・・」
「・・・・・・・・・」

聞いていて、何だか吹き出しそうになった。

病院の受付で日常生活について、まるで世間話のように
あるいは久しぶりに会った人に言うように
「お変わりありませんか?」
などと言うわけないでしょう!!

その会話を聞きながら、10数年前のことを思い出した。
現在働いている病院の面接を受けに行ったとき、履歴書の「趣味」の欄に
「読むことと書くこと」と書いた。

私にとって「読むこと」といえば「読書」で
「書くこと」といえば「文章をかくこと」という認識が当然だった。
だから、それを読んだ人も当然、そういう理解をすると思っていた。

しかし、ある日、病院内に「お知らせ」の掲示をすることになり、
総務の男性に
「ホラ、○○さん(←私の事)、得意のお知らせだよ。書いてよ」
言われた。

「ええ?私、お知らせを書くのは、字に自信がないからイヤですよ」

「だって、趣味の欄に【書くこと】って書いてあったじゃないのよ~~」

「ええ??え~~・・??」

やっと私も、気づいた!

なるほど~~、人それぞれに言葉の受け取り方が違うのだなあ。

それにしても最近特に「意味が違うでしょう?」と言いたくなるような
会話が多くなった。
世代の違いだけでもなさそうだ。
自分だけが分っていて相手に説明する部分を省いてしまう会話が
多いからかもしれない。
思いやりの心が足りないのか?

manryo

manryou2

万両の実が今年はやっと生き返った。
昨年は地植えにしたが、どうやら日当たりが悪くなり、枯れそうになっていた。
鉢植えに変えて、日当たりのいい場所に移動してやったら、葉っぱの色も
実の色も鮮やかになってきた。よかったぁ!


nobotan

sikon

シコンノボタン
花が終わった後は、こんな実に変化していた。
知らなかった。おもしろい花だなあ。


明日から一泊で京都へ行ってきます。
急に寒くなってきたので、冬支度が必要かな?