放射線被害

2011/ 03/ 22
                 
被災した方々の避難所生活でのストレスがピークにきているようです。
つい最近、夜の気温が低い日に、1時間体験をしてみました。
2階の6畳間でTVドラマをみるときに、暖房をつけずに
ひざかけ、カーデガンだけで1時間過ごしてみました。

耳のあたりがシンシンと冷えてきて寒さでだんだん身体が
堅くなり、最後には肩が凝って体が重くなりました。
わずか1時間でこんな状態なら、何時間も何日もこの
状態が続いたら一体どうなるか?
ストレスなんていう生易しいものではないだろうと思いました。

何とか早く仮設住宅を作ってあげてください。
プライバシーが保てる場所に移動させてあげてください。
民主党政権さん、ここが腕のみせどころですよ!
さすが!と言われるためには、処理の速さが大事ですよ。

sannsyu

計画停電も、思ったほどには実施されていなくて、我が家は蝋燭・懐中電灯を
常に身近に置いてありますが、全然停電の日はありません。
今は、TVも放射線のニュースばかりです。

原発といういい方は、反対派の方達の
使う言葉なので、原子力発電と言ってください、と以前に原子力発電所に
勤務していた人がFace bookで言っていたそうです。

それにしても、連日放射線と格闘してくださっている消防庁・自衛隊の方々
には頭が下がります。
彼らは決死隊の覚悟で任務に当たっていることでしょう。
そんなニュースを聞きながら、放射線が怖いからと早々と西の方に引っ越したり
一時避難したりした人が周辺にいることはちょっと残念だ。

放射線を浴びてしまう圏内に住んでいる人ならそれは仕方がないでしょう。
地震の被害も放射線の被害も全然関係ない場所に住んでいながら
岡山の知人の家に一家で避難した人が知り合いにいます。

分娩予約をしていた患者さんの中にも、放射線が怖いからやっぱり実家へ
帰って出産しますと予約を取り消した人もいます。

じゃあ、一生懸命で水をかけ、ときには外に出てホースの方向を
替えたりして危険にさらされながら日本国民のために働いてくださって
いる人たちを見殺しにしてみんな逃げるんですか?

逃げてはいけないでしょう?
外資系の会社の社員たちは、本国の命令で香港へ避難したり
しているようです。
でも私たちは日本人です。我先に一刻も早く逃げることを考えている
人の気持ちが分かりません。
逃げ出さなければいけない状況になれば、みんなで逃げましょう。

ooinu

今まで経験したことのないような大きな地震を体験し、その後も
余震が続き、何だか毎日が落ち着きません。
またそのうちに大きな揺れが来るのではないか?今度は関東圏内に
なるのではないか?という不安がつきまとう。

落ち着いてするべきことを毎日こなしていかなければ・・・と
思いつつ、何でもない時でも身体が揺れているような錯覚に
襲われたり、被災していない私たちでさえ、こんな気持ちが
続いているのに、避難所で過ごしている人たちのストレスは
計り知れないものがあるに違いない。

mimoza

助かるか助からないか、それはその人の運・不運に左右されると言いきる
人もいる。
確かにそうかもしれない。
それでは、
神様、今までの私の行動を悔い改めますのでこれからは「運」を下さいと祈り続けるしかないかも・・・・。


momo5




                 
        

お見舞いを申し上げます。

2011/ 03/ 15
                 
M9.0という世界史上最高の大きな地震に見舞われた日本。
多大な被害を受けられた地方のみなさまには心からお見舞いを
申し上げます。

しかし、それは決して他人事ではないらしい。
同じ規模の地震が近い将来、関東に起こるという予想が
どうやら本物めいてきたようだ。

今までこういう災害予防対策を何もしてこなかった我が家も
ここにきていよいよ防災グッズを用意し、多分地震に会ったとき
には家族それぞれ違う場所にいることだろうから、
必ず落ち合う場所を決めておかねばならない時がきた。

sumire

職場の同僚のおばあちゃんが、今回の地震に会っていた。
電話を何度してもおばあちゃんが入居している施設につながらない。
その地方に住んでいるおじさんには連絡がついたけれど
おじさんもおばあちゃんの安否を確認できていないという。

3日後の今日になってもまだ連絡がとれていないという。
心配した院長がFacebookとTwitterで呼びかけてくれた。
Twitterはさすがにまたたくまに呼びかけが広がり
仙台に住んでいると言う人から、直接院長あてに電話が
あり、おばあちゃんが入居している施設は無事ですよ、と
知らせてくれた。

その電話に出て、お礼を言っている院長の声は涙声に
なっていた。

こんなときでも、みんな全然知らない人のことでも一生懸命で
親切に役に立とうとしてくれる・・・。
日本人って、やっぱり心の優しい人は沢山いるんだ。
有難いなあ!今日は早退した同僚も知らせを聞いてほっとした
ことだろう。

ボランティアグループで一緒に活動している人からもこんな
メールが届いた。

地方から卒業旅行でディズニーランドに来ていた姪御さんと
連絡がとれないととても心配していたのです。

ディズニーの姪も無事合流しました。
中学3年生の女子だけで鹿嶋から来ていました。
3時頃の地震時に園内営業ストップで
お店もすべて閉店
その後、スタッフたちが来客者を
温かく、優しくケアしてくださり
姪は感激していました。

非常用のアルミの防寒具とかっぱ
お菓子、飲み物、食べ物等が配布され、
今日はミッキーの家に泊まれる等
彼女たちなりに協力しあい、乗り切ってました。

翌日は出口まで、スタッフが明るく見送ってくれたそうです。
何も動いていないけど、もっといたいかも・・と
帰りたくなかったみたいです。
さすがはディズニーランド

感謝です。



ディズニーランドのホスピタリティあふれるおもてなしぶりは
有名な話ですものね。地震の怖さも忘れて彼女たちには
ディズニーランドのおねえさんたちの優しさが心に残った
ことでしょう。

hana3

計画停電とやらで今日は終日落ち着かない日だった。
病院の住所は停電エリアに入っていないけれど
節電には協力しようということで、病院内は必要最小限の
照明にした。
廊下も待合室も薄暗かった。

診療も停電したらストップになるので、昼休み返上で
予約の患者さんは全部診療させてもらい、
やっと一息つけたのが午後4時前。

「ちょっと昼食を取ってくるから・・・」と言って院長は
出て行った。結局停電はなかった。

明日もまた計画停電が実施されるらしい。明日はオペが入っているので
診療は長引くと思う。
またまた忙しい日々になりそうだ。


hato  hato



                 
        

痛ましい事件

2011/ 03/ 05
                 
ブログをかなり長く放置している間に次々とニュースが
流れている。

今日、美容院へ行ったら、熊本のスーパーでの幼児殺害事件
の話がでた。
美容院でも朝からこの事件の話で持ち切りだったとか。

殺害した犯人には被害者と同じ苦しみを与えて同じ様に
死んでほしいと娘を持っている親たちはみんなそう思うに
違いない。

特に犠牲になったのが幼い子供だということが一層
やりきれない。

でもどうしても私には疑問が残る。
なぜ3歳の女の子を一人でトイレに行かせたのか?
なぜ、両親のうち一人が入口まで付いていかなかったのか?

いつも来ているスーパーだから、よく知っている場所だから
安心していたのか?

昨今、日本は決して治安がいいとは言えない事件があちこちで
起こっている。
にもかかわらず、自分たちの身近では起りえないことだという
意識が強いのだろうか?


私は、6歳の孫娘がジャカルタから帰国するときも、また
日本からジャカルタへ出発するときも、必ず孫娘に言う。

お母さんの手を離したらダメよ!いつもお母さんの傍にいるのよ。

すると孫娘は、
「知らない人が連れていくから?」と聞いてくる。

「そうよ、知らない人が来てもついていかないのよ!大きな声で
お母さんを呼ぶのよ」


「うん、わかった!でもSちゃん(自分の名前)はテコンドーを習って
いるから、キックできるよ」


などと言っている。

しかし、毎回、毎回私は同じことを孫娘に言っている。

私の年代では、小さな子供を一人でトイレに行かせたり、一人で
遊ばせたりすることはとても考えられない。
用事をしていても、常に子供の姿は自分の目の端に入れておかないと
気が気でない。

スーパーには防犯カメラが設置されていた。
しかし、それは犯人追跡には役立っても、事件を予防することには
役だっていない。
事件に巻き込まれないためには、常に自分で自分の身を守ることを
考えていなければいけないと思う。
家族についても同じこと。

特に幼い子供を守ることは、大人が一番考えていなければ
いけないことではないだろうか?

何だか、やりきない思いでいっぱいになった事件だった。




hana




                 
        

連休

2010/ 05/ 05
                 
連休もあと一日となった。
過ぎてみるとあっという間だった。

ニュースを聞いていると「休日の分散化」ということが考えられて
いるらしい。
国民の祝日が地方によって違う日になるということだろうか?
それは変ですよねえ。

今日は休日だから遊びに行きます、と相手に言ったら、
その地方の人たちは休日じゃなくて勤務日だった・・・なんてことに
なるのだろうか?

本社から地方の支店に出張しようと思ったら、祝日が違う日なので
日程を組むのに困った・・・なんてことになるのだろうか?

休日の分散化・・・なんて誰が考えているの・・??

連休の渋滞にも関わらず出かける人たちは覚悟の上で出かけて
渋滞に巻き込まれているのだし、分散化なんてことは本人たちが
考えることであり、オカミが上から押し付けるものではないのでは?

*******************************

湘南グリーンラインへ行ったとき、「あの上の方の建物の庭にきれいな
花がいっぱい咲いていましたよ」と声をかけてくれたおばさんがいた。
せっかく教えてくれたので、行ってみたら芝桜がきれいに植えられていた。

「ゆず」の音楽と一緒に楽しんでください。

on PhotoPeach




ちなみに我が家の山ツツジ

tutuji

我が家の芝桜

siba3

siba2

最近、よく知らない人から声をかけられる。
先月も日帰りで関西方面へいったら、電車の中で隣に座った
おばあちゃんから声をかけられた。
黙って聞いていると、自分は80歳でまだ現役でエステの仕事を
しているという。
みると確かに肌はつやつやしていて皺もなく、色白だった。
私のしわが目立つのか、「月に一回はエステに通った方がいいよ。
一回しか持てない顔だから大事にしないと」
と言われてしまった。
どうやら関東でお店を持っているらしい。
勧誘のつもりだったのか・・・。

それから延々と孫自慢がはじまった。
孫娘が優秀で仕事がよくできていたけど惜しまれながら退職し
横浜に豪邸を買って結婚した。ベンツを乗りまわしているとか・・。
「宅建」の資格を持っているので以前の会社からきてくれと声が
かかるけど、他のことをしていると・・。

ええ??宅建の資格ならウチのダンナも持っているけど、
不動産業界は今は人を探すほど景気がよくないと思うけど・・・?


と心の中で思ったけど、黙っていた。

新幹線の席を確保してるのか?と聞かれて、指定席はまだ買って
いなかったけど、横浜まで一緒の席でこんな話を聞かされるのも
しんどいなあと思い、とっさに「はい買ってます」と言って
電車が京都駅に着いたらお別れして後ろも振り返らずに指定席
を買いに走った。ごめんなさい!おばあちゃん!


わが家の庭にも「卯の花」が咲いてきた。

utugi


まとめてマイガーデンをどうぞ。何年ぶりかで「はなみずき」が咲きました。

on PhotoPeach





ougon

またまた高知から友人が「黄金柑」というミカンを送ってくれた。
はじめて知ったミカンだった。
こんな新種がでていたのだ。名前の通り味が黄金だった。

こうやって送ってくれる人がいてくれるということは
有難いことだ!


                 
        

子供手当って何?

2010/ 04/ 26
                 
不思議なことは、なぜ外国人の子供が、日本政府から「子供手当」を支給
してもらえるのか?ということです。

子供は社会の宝だから、国民みんなで育てましょう、という趣旨で子供手当
を支給するのです。


と、どこかの党の党首が言っていましたが、いつのまにその中に外国人の子供が
含まれていたのでしょうか?

少子化対策をほんとうに考えているのなら、もっと働きやすい環境=保育所を増やす、
職場の中に保育室を作る、など社会環境を整えることが先決問題ではないでしょうか?

一律に現金をバラまこうとするから、一気に養子縁組をするような不心得ものが
現れても不思議じゃないということですよね。

石原都知事が
「生活保護をもらおうなどという精神がダメなんだ!もっとプライドを持て!」

とおっしゃったそうですが、でも必死で働いているパートのおばさんの給料
より生活保護費の方が多かったら、プライドなんかより生活保護費をもらった
方がラクですよね。

現に役所の係の人が、仕事をしたいけど・・と相談に行った元気な人に
アナタ、あんまり多く給料もらうと生活保護費が減らされるから
収入が多くならない方がいいわよ。


とアドバイスしたそうです。
実際に現在生活保護費をもらっている知人女性がそう言っていました。
「だから、週2日くらい午前中だけ働けるところはないかしら?」と
相談されました。

根性論を言う前にそういう制度を見直す方が先じゃないかと、なんとも歯ぎしり
する思いでした。

国民のニーズを理解できない人を政治家と呼びたくない!




tomato

高知の「まほろばトマト」です。
妹が送ってくれました。
トマトが嫌いだったオットでさえ、「おいしい」と言って食べます。
これにバリの塩をパラパラと振って食べると甘みが出てとっても
おいしいのです。

高知の従姉の隣の家ではこの「まほろばとまと」を栽培しているらしい
のですが、それは直接東京の高級料亭が買い付けに来て、市場には
出回らないそうです。
そこのトマトの味も絶品ですが、従姉が送ってくれたときだけ食べることが
できます。

このトマトを食べると、家の近くのスーパーで売っているとまとは
水っぽくて食べられません。


mame

もうひとつ、今はまっているものが「豆」です。
トラ豆や紫花豆などを袋で買ってきて、家で自分好みの甘さにして
煮るのです。

これはオットは食べないので一人で食べています。
なので、袋の中身を半分ずつ煮てなくなりそうになったら後の
半分を煮ることにしています。
それもトラ豆と紫花豆を交互に煮るようにして食べています。

お店で売っているものは高いし、甘さが気に入らなかったりするので
自分で煮てみたら、簡単に自分好みに出来上がったので以来ずっと
はまっています。