高尾山の紅葉

2014/ 12/ 06
                 
takao2014 (12)

12月5日、午後から雨の予報がでていたので、朝早く高尾山の紅葉を見に行くことにした。
ほんとの目的は新しくできた「圏央道」を走ってみたいということだった。
圏央道を通ってその先に高尾山があったので、紅葉を・・・と計画したのに、
オットと私の日程がなかなか合わず、12月になってしまった。
HPを見ると紅葉の見頃は11月中旬から下旬と書いてあった。

しかしまあ、圏央道を走るのが一番の目的なので、出かけることにした。

圏央道って何??
それについては、
圏央道
首都圏の車の渋滞を緩和するために、来年3月にも新しい道路が開通する。
そうなると我が家から長男の家に行くのもとても便利になると期待している。
中央環状線

圏央道は、なかなか快適な道路だった。平日だったせいか、渋滞は全然なく
スイスイと100キロ出して走れた。しかし、圏央道の制限速度は80キロ。
ちょっと意外だった。

takao2014 (13)

横浜の我が家から圏央道経由で高尾には50分くらいで到着したにも関わらず、
高尾山のケーブル乗り場が分からなくて、ぐるぐる山を登ったり下ったりして
一時間ほどロスしてしまった。
もっとよく下調べをして出かけるべきだったと大いに反省。

takao2014 (23)

高尾山の頂上に行くケーブルは日本一の急勾配ケーブルだという説明があった。
頂上から更に奥へ歩くと、寺院や関東を一望できる展望台等あるのに、オットは全然
そういうところには興味がない。
「ここで待ってるから一人で行ってらっしゃい」などと言っている。
いつもオットとどこかへ行っても、観光等全然興味がないから、私は慌ただしく行動
しなければいけない!

takao2014 (6)

いつだったか、オットの友人に
「奥さん、旅行に行くときは、旦那さんと行くほうがいいですか?
友達と行くほうがいいですか?」
と聞かれたことがあった。即座に私は、「そりゃ、友人ですよ!!」
と答えたら、
「ええ!!??どうして???」と不思議がられた。

オットは毎年三人兄弟で一泊旅行に行っている。温泉にゆっくり入り、
部屋食を楽しみ、カラオケで声を張り上げ、一年に一回兄弟が顔合わせをし、
元気を確認し合って帰ってくる。
その間、奥さんは、家で一人でのんびりできてこれはいい企画だと、
私は機嫌よく送り出していた。
ところが、どういう風の吹き回しか、昨年から奥さんも随行することになり、
しぶしぶ私は参加した。

takao2014 (4)

今年はもう勘弁して欲しいと思っていたら、どうやら兄嫁・弟嫁は
一緒に行きたいらしい。
兄弟の付き合いだから・・・・と言われれば、義理を欠くことはできないので、
参加せざるを得ないかもしれない・・・・。
でも旅行は「何処へ行くか?」よりも「誰といくか?」の方が大事な
ことだと私は思っているので、できれば息子一家や親しい友人と
気楽な旅をしたい。
義理を果たす行事は、必要最小限にしてほしいと願うのは、わがままだろうか??

Photo Peachでどうぞ




                 
        

ささぶねの道

2014/ 11/ 15
                 
紅葉を今年は全然見ていないと気がつき、近くの「ささぶねの道」へ13日午後
から出かけた。近所に住む長年の友人・・(といっても私よりもはるかに年下です)
と一緒に・・・。

車に乗るなり、彼女が「夫と毎日ずっと一緒にいると息が詰まるのよ。こうやって
あなたが来てくれると救われる。いつもあなたはタイミングよく来てくれてありがとう」
と言われた。
ええ??とちょっとびっくりしていろいろ話しながら運転しているとそれぞれの家庭に
それぞれのスタイルがあって悩みはあるんだなあ~と思った。
いつも仲良し夫婦だと思っていたのに、お互いに言い分はあるんだフムフム~~~。

sasabune2014 (1)

sasabune2014 (2)

紅葉は時期的にちょっと早すぎたようで、来週頃からみごろかな?

でも親しい人とこうやっていろいろ話をしながら、季節を楽しむのもいいものだなあ
と思った。いつも写真を一人で撮りに行くので、そそくさと帰ってくるけれど、
お互いに悩みや、人生観など話していると時間はどんどん過ぎて、あっという間に
帰る時間になる。

彼女も長く、仕事をしていて昨年、不本意な理由で退職したので、話題はいっぱいある。
私もあと一ヶ月で専業主婦の身になる。仕事には未練を残している気持ちを彼女は
よく理解してくれている。
年下の人と話していて、仕事に対する考え方が同じという人は少ない。

sasabune2014 (7)

でもこうやって悩みを話して同じ気持ちを共有できる人が身近にいてくれてよかった
としみじみ思う。彼女もまた時々私が家に行くと「夫から解放される」と喜んでくれて
ご主人もまた私の訪問を歓迎してくれて二階に避難したりせず、私たちが話している
傍でTVを見ながら、時々話に入ってくる。

なるべく間隔をおいて嫌がられない程度の訪問をし、お互いに悩みを軽くしていこうと思う。

いつものPhotoPeachでどうぞ。



                 
        

雪・ゆき・積雪

2014/ 02/ 15
                 
yuki20140215 (11)

今日の午後のご近所の家です。午後でもまだこんなに雪が残るほどの
大雪でした。
ご近所みんなが出て家の前の雪かきをしながら、みなさん「こんなに積もった雪は今までみたことない!」
と言っていました。
私もここ横浜に住み始めて30年以上になりますが、こんなに深く積もった雪は
初めて見ました。

yuki20140215 (3)

玄関のヒサシの屋根にも、2階のベランダの屋根にもこんなに積もったのです。

朝9時半に歯医者さんの予約を取っていたので、雪道を歩いて出かけたとき
すれ違う人が向こうから歩いてきたとき、雪の上に待機して向こうから来る人を
待っていたのは、毎回私だった、ということをfacebookに書きました。

そのとき、誰もよけて待っている私に「ありがとう」とか「すみません」とか言った
人は一人もいなかったということも書きました。


でもでも
夕方、職場に本日の売り上げ金を受け取るためにバスで出かけました。
前日車で通勤してきた人はみんな駐車場に置いたままで帰宅しました。
金曜日は早めに診療時間を切り上げ職員は早帰りをすることになり
事務長が雪の降りしきる中、患者さまや職員を駅までピストン輸送
(病院の車はチェーンをつけていたので)してくれました。

もちろん、私も最後に家まで送ってもらいました。

で・・・・・
受付のスタッフと話していて本日車に乗って帰ろうということになりました。

yuki20140215 (6)

朝、家の前の雪かきをしたのですが、午後になってもまだ上のような状態でした。
なので、家に帰るのに車に乗って帰っても家の駐車場に入るのがちょっと
心配でした。

前日から駐車していた自分の車の駐車場へいくと、まだまだ雪はいっぱいで
今日も置いて帰ろうと思っていたら、受付のスタッフと外来の看護師が
ちょうど帰宅しようとしていて雪かきを手伝ってくれるという。
ひとりで雪かきはちょっとムリと思っていたので、もうひとつ雪かきスコップを
病院から持ってきて3人で必死でやっていたら、スコップを持ったおじさんが
通りかかり、雪かきを手伝ってくれたのです。

「いや、いいですので」とお断りしたのですが、
「オバサン3人でやってるよりオジサンが1人入った方が早く終わるでしょう」
と言いながらどんどん雪をどけてくれたのでもう私は車に乗って帰るしか
ありません。

大通りは何とかスムーズに運転して戻ってきたのですが、予想した通り
我が家の駐車場には苦戦しました。車から降りて雪をどけ、また車に乗って
少し動かし・・・・を何度繰り返したことか・・・・・。

でもふと思ったのは・・・・・

朝、道路ですれ違う人のことで不満を言ったら、夕方親切な人に出会い
そんなに嘆くことないんだなあ~~と思い直した雪の日の出来事でした。

yuki20140215 (2)

yuki20140215 (13)

マイガーデンのウッドデッキにもこんなに雪が・・・・・。



                 
        

十五夜

2013/ 09/ 19
                 
やはり、タイムリーに写真をアップしないと意味がないと思ったから・・・。

0919tu.jpg

今日、9月19日は「十五夜」「中秋の名月」だそうだ。
その日と満月が重なるのは珍しいというニュースを読んだので、今夜記念に満月を
撮ってみた。

一週間前の12日、三日月を撮り、その後三日月が膨らんだ月の写真を撮り、十五夜が近づいて
いるとは知らずに無意識に月を撮っていた。

何だ!!そうだったのか!それじゃ最後の仕上げの満月を撮らなくては・・・と
帰宅するなり、夕食も用意せず写真を撮り続けていた。


mik916.jpg

仕事帰りに三日月をみたとき、「アッ!きれいだな」と思ったので、試しに
写真を撮ったらうまく撮れていた。

翌日?三日月がもっと膨らんでいたので、あっ、これも撮らないと!・・・と
思ったのだ。

0916hange.jpg

そして今日が十五夜だと分かって、ああそうかぁ~~と納得(ええっ!それって当たり前の
ことでしょう??)
物知らなさすぎでは???あなたは・・・・。とふと笑えてきた。

ブログを更新して見直していたら、「あっ忘れていました!」

15日の夕方台風が去っていったあと、キッチンの窓が真っ赤になっていたのだ。
窓を開けてみたら・・・・・・。

電線だらけの夕焼けがちょっと残念です!

0916taihu.jpg



職場でイヤな日々を過ごしているときれいなお月さまに会えたらほっとする。

若い人の言動にイライラを感じるようになったら、それはきっと年を取って
いってる証拠だろうなとしみじみ思う。


一日一日がんばっていれば・・・・と日々の仕事を消化することだけを
考えていこう。

on PhotoPeach







                 
        

さくら

2013/ 03/ 31
                 
0326sakuradai (24)

更新が遅くなっている間に、さくらも散り始めた。
今年は、さくらの名所にはどこへも行けなかった。
仕方がないから職場の前の道路に咲いている桜を撮ってきた。

いつもの年より早く開花したせいか、花見見物にいく時間が取れなかった。

0326sakuradai (31)

サクラを撮るときには強制的にフラッシュをたくときれいに撮れると
聞いたことがあるけれど、この写真もフラッシュをたけばよかったなあ~~と
反省する写真になってしまった。


今日は、久しぶりに高校時代の友人とランチをした。
2年ぶり??
4人とも年齢が同じせいか(当たり前か・・・)共通の話題で盛り上がる。

普段、若い人が多い職場にいると何となく疎外感を味わったり、遠慮をしたり
消化の悪い毎日を送っているので、こうやって同年代で「うんうん」と
うなづきあえる話をすると一気にストレス発散という気分になって
すっきりした。
食事のあと、ホテルのラウンジに移動し、お茶とケーキで長時間はなしこんで
しまった。

だから・・・・オバサンの厚かましさが嫌われる・・・???

4人のうちの1人は、年末ホノルルマラソンへ参加してきたと言って
写真を見せてくれた。彼女が一番元気かも?
次回は東京マラソンに参加すべく準備をしているとか・・・・。
すごいなあ~~~~。

私など、わずか10分歩くだけで息切れしているのに・・・。

みんな元気なうちに日帰り旅行も計画しようと約束して帰ってきた。


いつものようにPhoto Peachで桜台のさくらをどうぞ。