スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

朝の月とクジ運

2017/ 02/ 19
                 
毎朝、6時前に起床し、6時25分からのTV体操をするのが日課になっている。
体操を始める前に、身支度をして、雨戸をそっと開ける。(大きな音をさせると近所迷惑だから)

いつものようにそっと雨戸を開けると、南西の空に白い月がきれいに見えていた。
今まで、朝の光景でこういう空を見なかったような気がする。
あまりアテにならない記憶だけれど~~~~。

uk_9176.jpg
sora9179.jpg
半分開けた雨戸のことは忘れて、何枚も写真を撮ることに集中していたら、
体操が始まる時間になっていることも忘れていた。

慌てて、体操を済ませて、全部雨戸を開けて、一人朝食を取った。
我が家は、朝起きる時間が違うので、夫と私は、別々に朝食をとる。
これは私がフルタイムで働いていたときからのスタイルがそのまま継続
されているということなのだ。
なので、我が家では、二人が一緒に食事を取るのは、毎日の夕食と
土日の昼食のみになっている。


今年はなぜか、ちょっとしたクジ運がいい年なのか、年末に地区の商店会の
抽選券に応募してすっかり忘れていたら、当選の封筒が届いた。

touse9093_20170219145843e1c.jpg

ラッキー~~と思っていたら、その数日後、今度は東京ガスから「福袋」が
届いた。

cats1.jpg

東京ガスのメルマガに登録してあるので、ガス代や各種お知らせは、
メルマガ経由でくる。
その中に、「福袋に応募」があったから軽い気持ちでチェックしたのだろう。

いろいろ小物類が入っていた。
付箋・傘入れ・バズル・卓上カレンダー・ピクニックシート・マスコットetc.

huku_9099.jpg
fuku9096.jpg

今年は、ちょっとツキがある年かもしれないと都合のいいように解釈している。
春から縁起がいいや~~

page1_201702191455203ef.jpg
                 
        

河津桜

2017/ 02/ 18
                 
日本で一番早く咲くさくら、河津桜を撮りに行ってきました。
ちょっと行くのが遅かったようで、散りはじめていました。
我が家から車で15分ほどのところにある、「淡島神社」というところに
毎年咲いています。
sakura9117.jpg

梅の花もまだ撮りに行ってないのに、桜が先になりました。
この淡島神社は「女性の神様」と言われているらしく
本家は和歌山市の加太にあるそうです。
そして、
加太の海女たちの氏神であったところから、
婦女擁護の神という信仰が生まれたということです。

page3_20170218162359ffc.jpg
page2_20170218162358560.jpg

もっとたくさん咲いている公園が近くにあったらしく、天気のいい日に
出かけてみよう。

梅まつりも今月末に開催されるらしい。

awsima9124.jpg
page1_201702181623577a9.jpg

やはり、お花の咲いてくる春は、気持ちも明るくなってくるな~~。

                 
        

やっと冬眠から覚めました。

2017/ 02/ 15
                 
もう新しい年も46日も過ぎてしまいました。
やっとブログ更新です。

考えてみれば、2年前までは、フルタイムで仕事をしていたのに、
それがなくなってもっといろいろ動ける時間が取れるはずなのに
時間配分が下手なのでしょうか?

さて、13日は「バレンタインの日」で、駅前のお店は、チョコレート
でいっぱいでした。
仕事をしていた頃には、それなりにプレゼントもしていましたが、
すっかり関係がなくなりました。

チョコそのものは、あまり好きではないので、今まで食べなかったのですが
最近、高カカオが含まれているチョコには、
美肌効果
動脈硬化の予防
血圧の低下
ストレスの予防・緩和
便秘の改善・アレルギーの改善

これだけの効果があると知ったので、すぐさまチョコを買いに行きました。

page1-2.jpg

レオニダス70%
ステラ マダガスカル70%
ベルギー ゴディバ (GODIVA)の72%チョコレート
ステラ チョコレート カカオ 80% 70g
リンツ


友人宅で食べ比べをして優先順位をつけてみました。
高カカオチョコレートは1日25gの目安で・・・・
それはポリフェノールの基準を目安に考えているから


しかし、ポリフェノールは、りんごにも、緑茶にも、コーヒーにも含まれている。
なので、くれぐれも食べすぎないように!そして脂質も取りすぎないように・・・・。

とにかく、チョコを食べることにした私
今年は変身する年になるかな?

tyokore9091ty.jpg

これは、バレンタイン用に成城石井のレジ横に置いてあった
チョコで甘みがあります。
                 
        

良いお年を・・・・

2016/ 12/ 29
                 
12月24日、久しぶりに横浜みなとみらいに行ってきた。
大桟橋に朝9時から大型客船「飛鳥II」
「ぱしふぃっくびいなす」X'mas 横浜ワンナイトクルーズとして着岸するという
ニュースを聞いたので、23日から泊まりに来るという長男と孫娘と次男一家を
誘い、総勢大人4人と子供2人で行ってきた。
車で行くと混むだろうと、電車で行くことにした。

page1asuka.jpg
飛鳥IIは、なかなか圧巻だった。

天気がよくて富士山がきれいに見えていた。
page3.jpg

「ぱしふぃっくびいなす」は飛鳥に比べるとちょっと見劣りがした。
page2_20161229221359915.jpg

結構乗船客がいて、ちょっとびっくり!

帰りに、孫達のために
オービィ横浜ランドマークプラザ
遊んできた。
オービィ横浜は、大自然を全身で感じる、エンタテインメント型ミュージアム を売りにしているらしい。
地球上空から深海まで さまざまな大自然や生き物を体感できるという通り
大人でもかなり楽しめた。

ランドマークプラザでは「トリックアート」へ行ったが
これは、あまりにも貧弱すぎた。入場料大人800円は高すぎる代物だった。

その後、バックヤードでの催し「動物の音楽会」を見てきた。
page4.jpg

久しぶりの横浜埠頭、やはり風情があった。
この後、28日から孫娘は、広島のおじいちゃん宅へ新幹線一人旅に
出かけた。
なので、我が家のお正月には、孫娘はいないので、ちょっと寂しいが
次男のところの孫がくるので、また家族で集まれることになった。

残り2日になりました。

みなさま良いお年をお迎え下さい
                 
        

さよなら紅葉

2016/ 12/ 20
                 
写真を撮ったままになっていた紅葉を年の終わり間近にアップして
あげないと・・・・!
毎年のように、写真を撮りに行っていた場所なのに、2~3年間隔が
あいて、今年久しぶりに訪れたら、なぜか道に迷って、一人で同じ道を
何度も歩いてみたり、時間をすっかりムダにしながらやっと目的達成!

あああ~~、年を感じるなあ~~。

     ささぶねの道
page1_201612202240381f9.jpg


   心行寺  
page2_201612202303509a1.jpg
 
マイガーデンのもみじもやっと色づいてきたと思ったら、
あっというまに散ってしまいました。

mai_8916.jpg

8914.jpg

寒椿も、くろがねもちも、ちゃんと咲いていたよね。
8918.jpg

8926.jpg

やらねばならないことが、なかなか片付かないうちに新しい年は、もうすぐ
そこに!



                 
        

11月の雪

2016/ 11/ 24
                 
まさか!とタカをくくっていたら、ほんとに11月の雪が降ってきました。
我が家の庭の木にも・・・

kname_8762.jpg

隣接の公園にも・・・・

page2.jpg

これ以上、積もると雪かきが大変だから、午後からは溶けてほしいと願いつつ・・・・・

夫は、月1回の出勤日で(非常勤監査役)朝早くから都内へ出かけるため
最寄り駅まで車で送った。
道がすべるので、足の筋力が衰えている姿をみると、帰宅できるまで心配になる。
今年いっぱいで「お役ごめん」にしてもらうかな?などと言いつつの外出。

TVをつけると、11月の初雪は54年ぶりだとか・・・・・。関東は大雪に注意
という文字も出ている。

暖房した部屋から眺めているだけなら支障はないけれど、積もったりすると
明朝の雪かき作業が思いやられるのでユウウツになる。力仕事は、我が家ではすべて
私の仕事なので、気が重い・・・・!

やっと紅葉してきた我が家の「どうだんつつじ」

doudan8732.jpg

にも雪が・・・・

douda8765.jpg

今日は、一日家でおとなしくしているしかないかな?
もしかして、駅へ迎えに来るようにという電話があるかも?

kuru8768_2016112411125102f.jpg
                 
        

東大へ行ってきました。

2016/ 11/ 09
                 
「明日は東大へ行ってくるから、朝早く家をでるよ」
と前日の夜に夫に言ったら、
「何をしに行くの?受験か?」という。

おかしい会話ですよね。受験しようにも応募資格がないでしょ!!年齢的に!

セミナーに参加するためです。

セミナー内容
① 弱視者むけ アクセシビリティ機能紹介 
主に大きくする、コントラストを上げる等で見える方を対象にiPadの様々な活用法をグループで
学習・情報共有できます。

② 全盲向け VoiceOver機能 
主に音声によるデータの収集や、音声命令(Siri)によるiPadの操作や活用法を紹介します。

このセミナーは毎月無料で開催されているらしく、ボランティア仲間の方を通じて
メールをもらい、すぐに参加表明しました。
受講している視覚障害の方1人に付き3人お供の人が参加できるということで、
人数に入れてもらったのです。

iphoneとiPADを持っていきました。
10時から12時までという予定でしたが、講師の先生のご都合で11時30分に終了しました。

講師の先生は、東大の先端科学研究センターと神戸医科学研究所所属だとか。
  元々眼科医なので、各企業の産業医も引き受けておられるとか。

質疑応答の時間もあり、視覚障害の方がよく勉強をしているということに、改めて感動
しました。
VoiceOveやSiriの使い方に関しては、絶対的に視覚障害の方のほうが使いこなしています。

私が、所属しているPCボランティアのグループでも、視覚障害の方の参加が多いので
サポートする方も、ショートカットキーの使い方などを理解しておかないとサポートできません。

なので、年に何回か「マウスを使わないでPC操作」という講習会を開いています。
講師は、視覚障害の方です。その方は、中途失明の方ですが、キーボードの並びや
パソコン画面などがすべて頭に入っていて、ほんとに講習会のたびに、感心しています。

視覚障害の方は、画面を見れないので、「PCトーカー」という音声ソフトを使って読み上げ音を
聞きながら画面操作をしていくのです。
ついつい画面を見てしまう私は、講習についていくのに、必死です。
いつも講師の先生に「画面をみないで、音に従って操作してください」と言われています。


      catsjyugyo.jpg

晴眼者の私たちは、講習会よりも、東大の学食で昼食をとることを楽しみにしているような
オバサンたちです。
終了して、学食へ行ったのですが、ものすごい行列にびっくりして、構内にある別のレストランに
入りました。

           cats_20161109144902902.jpg

食事メニューを写真に撮るのを忘れて食べ終わって気づきましたが、味は、今ひとつでした。



1714hut.jpg

東大と言っても、文京区の赤門ではなく、目黒区駒場にある東京大学先端科学技術センターと
いうところに行ったのですが、構内はとてつもなく広く、構内を車が走っています。

        catskyanpas.jpg
        catssentan.jpg

新しく発売されてIphone7や7プラスなどの特徴もおしえてもらった。
いろいろ便利なアプリも紹介してもらったけれど、使いこなせていない自分がいる。
視覚障害の方は、T字ブロックなど音声で教えてくれるアプリなど便利に使っているらしい。

晴眼者の私などより、よほど前向きで、皆さんとてもいきいきしていて、講習会参加が
楽しいという向学心に刺激され、自分を反省されられた一日でした。
                 
        

新語ができましたか?

2016/ 10/ 30
                 
我が家は、紙版新聞を2紙も取っている。
年金ぐらしの家庭では贅沢だと思うのに、夫が現役時代からずっと続けている
ことなので仕方がない。シンガポール駐在時代にもずっと二紙を取り続けていた。

日経新聞は、毎週土曜日版についてくる「プラスワン」が面白くて何度か記事を
ブログでも紹介したことがある。

毎日新聞でも、「日曜くらぶ」という特別版が入っていることに、最近気づいた。
なかなかおもしろい読みものが詰まっていることも最近気づいた。
(もしかして新聞読んでなかったの?)

その日曜くらぶの中に「みんな集まれ」という読者投稿コーナーがある。

sinbun0001.jpg
さいたま市の63歳の女性が投稿した文章です。

この投稿を読んだとき、えっ!また新語が現れましたか?とびっくりでした。

翌日、いつも行っている病院へインフルエンザの予防注射といつもの薬をもらい
に行った。
帰りに薬局で薬待ちをしていたとき、薬剤師さんがおじいさんに話している・・・
「◯◯さん、お薬がお家に残っているから、
      今回は要らないという形でいいですか?」


あっつ、昨日新聞で読んだ言葉だ!とひらめいた。あれ?薬剤師さんの間で使われている言葉なの?

ひところ、「◯◯の方でよろしかったですか?」という言い方がはやっていたのを思い出す。
私の携帯にも電話がかかってきたとき、「◯◯さんの携帯の方でよろしかったですか?」
と聞かれた。
「よろしいでしょうか?」ではなく「よろしかったですか?」となぜか過去形なんですよね。

そういう話し方を最近聞かないなあと思っていたら、今度は「~~~という形」に変換したのでしょうか?


hatuyuki_20161030110703ca0.jpg
はつゆきかずら
この木は花は咲かないけれど、葉っぱで一年中楽しめる。
青々とした葉っぱからピンク色の葉に変化していき、秋になると紅葉する。
(これは、すべて昨年撮った写真です)

kouyo-(11).jpg
kouyo-(9).jpg
                 
        

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」

2016/ 07/ 15
                 
NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」が好調のようだ。
視聴率は常時20%を超えているとか・・・・。

小さいころ亡くなった父親から、
「一家の柱になって、父の代わりに家族を守ってくれ」
と遺言された長女が家族を養うために一生懸命で生きていく物語。

主人公のモデルは「暮らしの手帖」を創刊した、大橋鎮子さん。
後に一緒に雑誌編集長になる「花森安治さん」役を
唐沢寿明さんが演じている。

asadora_8099.jpg

「暮らしの手帖」は、毎回買って読んでいた記憶がある。
大好きな雑誌だった。

ドラマは、現在戦後の大変な生活を強いられる「とと姉ちゃん」と
家族の様子、花山伊佐次(花森安治)に一生懸命雑誌作りに
協力してくれと頼み込む場面が放送されているが、
戦争中の場面を見ながら、ふと実家の母の話を思い出してしまった。

私の妹は、昭和20年7月15日生まれ。そう丁度終戦記念日の
一ヶ月前に生まれているのです。
母は、生まれたばかりの妹を連れて、一家で山奥へ疎開した。
しかし、疎開先では、毎日のように周囲の人達から
「赤ん坊を泣かすな!声が聞こえる。オムツを干すな。敵の目印になる」
と言われて、耐えられなかったとか。
そこで母は
「私はこの子を連れて家に帰ります。死んでも構いません」
と言って妹と二人で山を降りて、祖父母の家に帰って行ったそうです。

広々とした部屋で妹と二人、のびのびと寝て、オムツも誰にも気がねせず、
庭いっぱいに広げて干す毎日を送っていたそうです。
 
8月15日まで、一度も飛行機も飛んでこなかったし、爆弾も落ちてくることも
なかったと私が小学生の頃に話してくれました。

父は、長く和歌山で教師をしていたが、戦争が始まったため実家の高知へ
疎開するために家族と一緒に戻ってきたということです。

   cats2.jpg

ドラマでは事さらに戦争を強調していないけれど、淡々と日常の生活を描いて
いる場面を見ているうちに、私はなぜか母の言葉を思い出した。

家族を養うために必死で、家長を努めようとする主人公の女性を
特別な女性として描いているわけでもなく、普通の家庭・家族像を
表現しながら、主人公の意志の強さに感動してしまう。

毎日TVを見るのは、無理なので、録画して一週間分を一気に見る。
その方が話としても面白い。

新しくはじまったドラマもほぼ録画している。
そして3~4回分を一気に見ることにしている。

drm_8102.jpg








                 
        

映画~~64~~

2016/ 06/ 29
                 
映画「64」の後編を見てきました。

この映画は前編から、かなり評判がよく、

観客動員は、前編が公開44日で約140万人、
後編が同9日で75万人と計215万人に到達。
この日、2部作をイッキ見した観客に紅白の
64(蒸し)まんじゅうが64個限定で振る舞われた。


ebc6df86755ddb92.jpg


更に
待ち望んでいる共演がある──。
この原作の映像化したものを見てみたい、この俳優がこの役を演じるのを見て
みたいというだけでなく、この俳優たちが対峙したらどんな芝居が見られるのだろうと
期待する共演があるものだ。
「64 ロクヨン」の佐藤浩市と永瀬正敏はまさに
“待ち望んでいた”共演であり、しかもがっつりと芝居をするのは意外にも今回が初


というエピソードもあったとか・・・・。

NHKで連続ドラマとして放映した時と、後編の結末が違っていた。

TVの制作はNHK
映画はTBS


結末は、県警察の体制を変えるような出来事が起こるので、やはりNHKとTBSの違いかな?
などと勝手に思っていたら・・・・・。

昭和64年に発生し犯人逮捕にいたらず迷宮入りした
少女誘拐殺人事件・通称「ロクヨン」。
そして14年後、新たな誘拐事件が発生。犯人はサトウと名乗り、身代金を用意して
スーツケースに入れ、父親に車で運ばせるなどロクヨンをなぞっていたが……。
後編は、原作とは異なるラストが描かれている


ということだった。

6400.jpg
640.jpg

原作 横山秀夫
ご本人も映画を見て、「続編を書こうかな?」ともらしていたらしい。

後編に原作にない結末をつけたところなど、やはりTVドラマとは違う
映画の迫力を見せてもらえた作品だった。












                 
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。