東大へ行ってきました。

2016/ 11/ 09
                 
「明日は東大へ行ってくるから、朝早く家をでるよ」
と前日の夜に夫に言ったら、
「何をしに行くの?受験か?」という。

おかしい会話ですよね。受験しようにも応募資格がないでしょ!!年齢的に!

セミナーに参加するためです。

セミナー内容
① 弱視者むけ アクセシビリティ機能紹介 
主に大きくする、コントラストを上げる等で見える方を対象にiPadの様々な活用法をグループで
学習・情報共有できます。

② 全盲向け VoiceOver機能 
主に音声によるデータの収集や、音声命令(Siri)によるiPadの操作や活用法を紹介します。

このセミナーは毎月無料で開催されているらしく、ボランティア仲間の方を通じて
メールをもらい、すぐに参加表明しました。
受講している視覚障害の方1人に付き3人お供の人が参加できるということで、
人数に入れてもらったのです。

iphoneとiPADを持っていきました。
10時から12時までという予定でしたが、講師の先生のご都合で11時30分に終了しました。

講師の先生は、東大の先端科学研究センターと神戸医科学研究所所属だとか。
  元々眼科医なので、各企業の産業医も引き受けておられるとか。

質疑応答の時間もあり、視覚障害の方がよく勉強をしているということに、改めて感動
しました。
VoiceOveやSiriの使い方に関しては、絶対的に視覚障害の方のほうが使いこなしています。

私が、所属しているPCボランティアのグループでも、視覚障害の方の参加が多いので
サポートする方も、ショートカットキーの使い方などを理解しておかないとサポートできません。

なので、年に何回か「マウスを使わないでPC操作」という講習会を開いています。
講師は、視覚障害の方です。その方は、中途失明の方ですが、キーボードの並びや
パソコン画面などがすべて頭に入っていて、ほんとに講習会のたびに、感心しています。

視覚障害の方は、画面を見れないので、「PCトーカー」という音声ソフトを使って読み上げ音を
聞きながら画面操作をしていくのです。
ついつい画面を見てしまう私は、講習についていくのに、必死です。
いつも講師の先生に「画面をみないで、音に従って操作してください」と言われています。


      catsjyugyo.jpg

晴眼者の私たちは、講習会よりも、東大の学食で昼食をとることを楽しみにしているような
オバサンたちです。
終了して、学食へ行ったのですが、ものすごい行列にびっくりして、構内にある別のレストランに
入りました。

           cats_20161109144902902.jpg

食事メニューを写真に撮るのを忘れて食べ終わって気づきましたが、味は、今ひとつでした。



1714hut.jpg

東大と言っても、文京区の赤門ではなく、目黒区駒場にある東京大学先端科学技術センターと
いうところに行ったのですが、構内はとてつもなく広く、構内を車が走っています。

        catskyanpas.jpg
        catssentan.jpg

新しく発売されてIphone7や7プラスなどの特徴もおしえてもらった。
いろいろ便利なアプリも紹介してもらったけれど、使いこなせていない自分がいる。
視覚障害の方は、T字ブロックなど音声で教えてくれるアプリなど便利に使っているらしい。

晴眼者の私などより、よほど前向きで、皆さんとてもいきいきしていて、講習会参加が
楽しいという向学心に刺激され、自分を反省されられた一日でした。
                 
        

新語ができましたか?

2016/ 10/ 30
                 
我が家は、紙版新聞を2紙も取っている。
年金ぐらしの家庭では贅沢だと思うのに、夫が現役時代からずっと続けている
ことなので仕方がない。シンガポール駐在時代にもずっと二紙を取り続けていた。

日経新聞は、毎週土曜日版についてくる「プラスワン」が面白くて何度か記事を
ブログでも紹介したことがある。

毎日新聞でも、「日曜くらぶ」という特別版が入っていることに、最近気づいた。
なかなかおもしろい読みものが詰まっていることも最近気づいた。
(もしかして新聞読んでなかったの?)

その日曜くらぶの中に「みんな集まれ」という読者投稿コーナーがある。

sinbun0001.jpg
さいたま市の63歳の女性が投稿した文章です。

この投稿を読んだとき、えっ!また新語が現れましたか?とびっくりでした。

翌日、いつも行っている病院へインフルエンザの予防注射といつもの薬をもらい
に行った。
帰りに薬局で薬待ちをしていたとき、薬剤師さんがおじいさんに話している・・・
「◯◯さん、お薬がお家に残っているから、
      今回は要らないという形でいいですか?」


あっつ、昨日新聞で読んだ言葉だ!とひらめいた。あれ?薬剤師さんの間で使われている言葉なの?

ひところ、「◯◯の方でよろしかったですか?」という言い方がはやっていたのを思い出す。
私の携帯にも電話がかかってきたとき、「◯◯さんの携帯の方でよろしかったですか?」
と聞かれた。
「よろしいでしょうか?」ではなく「よろしかったですか?」となぜか過去形なんですよね。

そういう話し方を最近聞かないなあと思っていたら、今度は「~~~という形」に変換したのでしょうか?


hatuyuki_20161030110703ca0.jpg
はつゆきかずら
この木は花は咲かないけれど、葉っぱで一年中楽しめる。
青々とした葉っぱからピンク色の葉に変化していき、秋になると紅葉する。
(これは、すべて昨年撮った写真です)

kouyo-(11).jpg
kouyo-(9).jpg
                 
        

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」

2016/ 07/ 15
                 
NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」が好調のようだ。
視聴率は常時20%を超えているとか・・・・。

小さいころ亡くなった父親から、
「一家の柱になって、父の代わりに家族を守ってくれ」
と遺言された長女が家族を養うために一生懸命で生きていく物語。

主人公のモデルは「暮らしの手帖」を創刊した、大橋鎮子さん。
後に一緒に雑誌編集長になる「花森安治さん」役を
唐沢寿明さんが演じている。

asadora_8099.jpg

「暮らしの手帖」は、毎回買って読んでいた記憶がある。
大好きな雑誌だった。

ドラマは、現在戦後の大変な生活を強いられる「とと姉ちゃん」と
家族の様子、花山伊佐次(花森安治)に一生懸命雑誌作りに
協力してくれと頼み込む場面が放送されているが、
戦争中の場面を見ながら、ふと実家の母の話を思い出してしまった。

私の妹は、昭和20年7月15日生まれ。そう丁度終戦記念日の
一ヶ月前に生まれているのです。
母は、生まれたばかりの妹を連れて、一家で山奥へ疎開した。
しかし、疎開先では、毎日のように周囲の人達から
「赤ん坊を泣かすな!声が聞こえる。オムツを干すな。敵の目印になる」
と言われて、耐えられなかったとか。
そこで母は
「私はこの子を連れて家に帰ります。死んでも構いません」
と言って妹と二人で山を降りて、祖父母の家に帰って行ったそうです。

広々とした部屋で妹と二人、のびのびと寝て、オムツも誰にも気がねせず、
庭いっぱいに広げて干す毎日を送っていたそうです。
 
8月15日まで、一度も飛行機も飛んでこなかったし、爆弾も落ちてくることも
なかったと私が小学生の頃に話してくれました。

父は、長く和歌山で教師をしていたが、戦争が始まったため実家の高知へ
疎開するために家族と一緒に戻ってきたということです。

   cats2.jpg

ドラマでは事さらに戦争を強調していないけれど、淡々と日常の生活を描いて
いる場面を見ているうちに、私はなぜか母の言葉を思い出した。

家族を養うために必死で、家長を努めようとする主人公の女性を
特別な女性として描いているわけでもなく、普通の家庭・家族像を
表現しながら、主人公の意志の強さに感動してしまう。

毎日TVを見るのは、無理なので、録画して一週間分を一気に見る。
その方が話としても面白い。

新しくはじまったドラマもほぼ録画している。
そして3~4回分を一気に見ることにしている。

drm_8102.jpg








                 
        

映画~~64~~

2016/ 06/ 29
                 
映画「64」の後編を見てきました。

この映画は前編から、かなり評判がよく、

観客動員は、前編が公開44日で約140万人、
後編が同9日で75万人と計215万人に到達。
この日、2部作をイッキ見した観客に紅白の
64(蒸し)まんじゅうが64個限定で振る舞われた。


ebc6df86755ddb92.jpg


更に
待ち望んでいる共演がある──。
この原作の映像化したものを見てみたい、この俳優がこの役を演じるのを見て
みたいというだけでなく、この俳優たちが対峙したらどんな芝居が見られるのだろうと
期待する共演があるものだ。
「64 ロクヨン」の佐藤浩市と永瀬正敏はまさに
“待ち望んでいた”共演であり、しかもがっつりと芝居をするのは意外にも今回が初


というエピソードもあったとか・・・・。

NHKで連続ドラマとして放映した時と、後編の結末が違っていた。

TVの制作はNHK
映画はTBS


結末は、県警察の体制を変えるような出来事が起こるので、やはりNHKとTBSの違いかな?
などと勝手に思っていたら・・・・・。

昭和64年に発生し犯人逮捕にいたらず迷宮入りした
少女誘拐殺人事件・通称「ロクヨン」。
そして14年後、新たな誘拐事件が発生。犯人はサトウと名乗り、身代金を用意して
スーツケースに入れ、父親に車で運ばせるなどロクヨンをなぞっていたが……。
後編は、原作とは異なるラストが描かれている


ということだった。

6400.jpg
640.jpg

原作 横山秀夫
ご本人も映画を見て、「続編を書こうかな?」ともらしていたらしい。

後編に原作にない結末をつけたところなど、やはりTVドラマとは違う
映画の迫力を見せてもらえた作品だった。












                 
        

再び出会ったジャカランダの花

2016/ 06/ 21
                 
2000年9月、長男がオーストラリアで結婚式をあげたとき、義弟夫婦や義姉
甥夫婦なども参加してくれたので、主人公の二人以外は、ゴールドコーストや
ブリスベン等を観光バスで回りました。

その時、バスの窓から見たジャカランダの花がとても印象に残り、何とかして家に
植えたいと思い、植木屋さんにも探してもらったのですが、日本では冬がネックに
なって育たないので、苗は手に入らないと言われました。

ジャカランダの花は、世界三大花木と言われたり、南半球の桜とも言われ、オーストラリア
やモロッコ等では毎年楽しめているようです。

九州地方で花が咲いていると教えてもらったけれど、九州までは気軽にはいけないな~~と
思っていたら、熱海にジャカランダの遊歩道ができているよ、と教えてくれた人がいて
早速熱海市のホームページを覗いてみました。

今では熱海の初夏を告げる花木となった「ジャカランダ」。新たな観光名所として、
その「ジャカランダ」を本州一集積させた公園が平成26年6月6日にオープンしました!

熱海でのジャカランダのはじまりは1990年(平成2年)。
国際姉妹都市であるポルトガルのカスカイス市から贈られた2本の木から。
世界三大花木の一つで、いまでは熱海の初夏を告げる花となりました。
街路樹がジャカランダなのは温暖な熱海だからこそ。本州ではめずらしい風景です。

ジャカランダの日本での認知度は、海外のリゾート地への渡航者の増加に伴って
広がりつつあります。
 熱海での開花は折しも傘の花開く梅雨シーズン。
しとしとと降り続く雨に下を向きがちな季節ですが、熱海ではラッパの形をした小さな
青紫色の花がブーケのように空を彩ります


  atami7868-(85).jpg

  atami7868-(16).jpg

早速、いつもの友人(と言っても10歳も年下です)に横へ乗ってもらってマイカーで
熱海まで行ってきました。
もっといっぱいの木があるのかと思ったのですが、でも花は綺麗に咲いていました。

熱海では、この時期ジャカランダと、ブーゲンビリアの遊歩道が有名のようで、
ブーゲンビリアは見事でした。

atami7868-(20).jpg
atami7868-(17).jpg

Photo Peachでどうぞ



pchuln.gif
 pchuln.gif
     
少々話が長くなりますが・・・・・・
ドコモユーザーさんに大事なお知らせです

ドコモ口座にはもう登録されましたか?





ゲットモールでは、現金がたまっていくシステムになっているようですね。
今、キャンぺーンをやっていますよ。

ゲットモール経由でdデリバリーを1回注文すると
「通常400円のところ2倍の800円がキャッシュバック」


今はネットでピザだけでなくファーストフードからスイーツまで注文できて
本当に便利でしかも全く高くない値段なので、オススメです!


くわしくはこちらをどうぞ

                 
        

認知症じゃないの?

2016/ 05/ 29
                 
映画「ロクヨン」を見てきました。
64_1_large.jpg

平成へと年号が変わる直前の昭和64年に起きた未解決の誘拐事件「ロクヨン」をめぐり、
県警警務部の広報官を主人公に警察内部の対立や県警記者クラブとの
衝突などを浮き彫りにしていく物語。

原作は横山秀夫。夫は横山秀夫の作品が好きで必ずTVでも映画でも見ている。
何ヶ月か前に、NHKTVで毎週土曜日に放送されていた。

夫も私も別々に録画して、別々に録画を見た。
今回それが映画になり前編・後編と2回に分けて放映されるという。

夫が映画を見に行くかどうかで悩んでいる。TVの録画を見たのに、
ストーリーを覚えていないという。
大好きな横山秀夫の作品なので映画を見に行きたいけれど、
前編をあまり早く見ると後編を見るとき、前編の話を忘れそうだから、
できるだけ後編が放映される間際にいかなくては・・・と。

私は、ストーリーを全て覚えているので、わざわざお金を払ってもう一度見なくても・・・・と
思ったけれど、TVと映画では監督もシナリオも違っているだろうから、
どういうキーワードの違いが見れるか、まあもう一度見に行ってもいいかなと思い、
5月23日に出かけた。

後編は6月11日から始まる。
それにしても夫は、TV番組「相棒」でも同じ話を何度も見ているので、
「それ見たのに・・・」というと
「覚えてないから何度も楽しめる」などと負け惜しみを言っている。

認知症が始まっているのではないか???
毎月一回、都内の会社へ非常勤監査役として出勤しているけれど
仕事はちゃんと出来ているのだろうか?と心配になる。

 64-movie_thumb.jpg


ロクヨン後編は楽しみだ。ストーリーはわかっているので、映画がどういう描き方をするのか?
わずか7日間しかなかった昭和64年。少女誘拐・殺人事件は、
昭和天皇の崩御のニュースに隠されて新聞には一行も書かれなかったそうだ。



7713.jpg



                 
        

母の日

2016/ 05/ 08
                 
今日は、日曜日なので夫が家で昼食を取る日。
急いで材料を買いに行って、昼食を作っていたら、玄関チャイムが・・・・。

宅急便屋さんが「お花です」と配達してきた。

maza7670.jpg


あっつ、そうか!今日は「母の日」だった。
二人のお嫁さんからのプレゼント。今年も忘れず送ってくれた。
心にかけてもらってありがたいなあ~~。
早速Iphoneで撮影して、LINEに写真を添付してお礼のメールを送った。

  kara_7674.jpg

 カラー<スプリーム>レッドチャーム

という名前がついている。初めて見る花だ。
   花持ちがとてもよく、クリアな花色を長期間楽しめる。
鉢花でもガーデンでも楽しめるそうだ。
   大事に育てなくては・・・・・。
   
   2年前の母の日に送ってもらったかわいいピンク色のミニバラは
今でも我が家の庭で健気に咲いている。

二人のお嫁さんがいつもこうやって心遣いしてくれることがとてもうれしい。
幸せなひとときでした。

    kra_7673.jpg


    
                 
        

虹の橋を渡っていきました

2016/ 05/ 04
                 
2016年5月2日午後7時30分
我が家のチワワが虹の橋を渡って行きました。
享年16歳1ヶ月。人間の年に換算すれば80歳になります。

晩年は、老老介護で、いたるところにオシッコやウンチの置物をして
私は大声で怒りつつ、その始末に追われる毎日でした。
でも食欲はあったので、まだまだ長生きするだろうと思っていたら・・・・

2日の夕方は何故か半分しか食べなかったのです。昼もオヤツを見せても
全然食べようとしなかったので、ちょっと心配していたら、食事を半分残したまま
私の方へ寄ってきてそばに座り込みました。

ふと見るとまたまた粗相をしたので、また怒りながら体を拭いていたら、何だか
体がフニャフニャして力が入っていないので、おかしいなあと胸騒ぎがしてきました。

やがて・・・舌がベロンと出てきて・・・・あああ、恐れていたことが現実になりました。
夫は、「そのうちに目をしっかり開けるかもしれないから、タオルなど掛けるな!」と
騒いでいましたが、その願いも虚しく・・・・

ryu5.jpg

孫娘に電話で知らせたら、大泣きに泣き始め「今から会いに行くから」と泣きじゃくっている。
夜遅いし、連休前で車も混んでいたら危ないから、来なくていいよ、と言ったけれど
長男嫁も、「すぐに出発しますから」と東京からわざわざ車で駆けつけてきて、実際に寝顔を
みたら、またまた二人共泣き出してしまった。

長男は、やっと仕事が終わったからと、電話をしてきたので、状況を報告した。

090307-(29)_201605041932569e0.jpg
孫娘がまだ小学校へ行く前、我が家に来るとこうやっていつも散歩に連れていっていた。
彼女は、手紙を書いてくれたので、一緒に箱にいれた。

tegami02.jpg

次男も、翌朝7時頃、会いに来た。りゅうは次男が大好きで、次男が家に来ると、
顔を上から下までペロペロとなめまわしていた。

5月の連休は、いつも決算の仕事で、休みがない彼は、これから会社へ行くという。
「社員に休日出勤や時間外をさせるとうるさく指導がくるから、課長が仕事を
するしかないんだよ」と笑いながら出かけていった。

sinr1391_20160504193301a21.jpg


晩年は、心臓と肝臓の薬を飲みながら皮膚病にも悩み、それでも16年がんばって
生きてくれたチワワに感謝している。

ryu_7566.jpg

banne1146.jpg

日増しに寂しさが募ってくる。
夫も朝起きると「あっ、りゅうはいないのか・・・」と寂しそうにしている。
亡くなった直後には
「そんなに急に逝くとわかっていたらもっと昼間面倒見てやればよかったなあ~~」
としきりに後悔の言葉を出していた。








                 
        

つつじ祭りと藤まつり

2016/ 04/ 29
                 
26日、東京根津神社のつつじ祭りと亀戸天神の藤まつりへ行ってきました。
ジャカルタ駐在時代の友人も千葉から元気でやってきました。
彼女は、ほんとに活動的で話を聞いているだけで、元気をもらえる人です。

TVの旅番組を見るのが好きらしく、見ていて気に入ったらすぐに一人でも飛行機を
使って目的地に行くらしい。
「LCCの格安チケットを使えば3800円位で九州まで行けるよ。安いホテル取って一人で
泊まってくるよ」
海外は、流石に一人で心配なので、ツアーを選んで一人参加するとか。

  7589.jpg

連休をさけて日程をとったのですが、人出は意外と多かったです。
外国人の方も予想以上でした。
根津神社は、初めて来た場所です。以前箱根の山の上ホテルのつつじを見に行ったら
時期的に早すぎてほとんど咲いていなかったので、根津神社で堪能しました。
早咲・中咲・遅咲とあるらしく、早咲きのものはほぼ、枯れかけていました。

jin7624.jpg

根津神社からバスで30分のところに亀戸天神の藤まつりが開催されていたので
そちらへGo!!
バス停留所で待ってる間でも、友人は、気軽にそばにいる人に声をかける。

「どこから来たの?」「巣鴨よ」「行き先は?」「亀戸天神」・・・・「同じところだ」
こんな会話がごく自然にかわされている。
これって一種の特技だよなあ~~と感心する。

kameid_7649.jpg

亀戸天神の藤は、以前に一度見たことがあったが、もっと見事な長さの藤だった
ような気がする・・と話していたら、そばにいた方が
「昔は、もっと綺麗で花も長かったけど、最近病気が着いたみたいで枝を短く切ったらしいよ」と
教えてくれた。
仕方なくカメの甲羅干しでも撮りましょうか。

そうそう、亀戸天神はスカイツリーのすぐ近くでもありました。

kame_7638.jpg

ともあれ、亀戸天神に来たら、「船橋屋のくず餅」を買って帰るのがお約束コース。
いつも私に付き合ってくれる近所の友人もこのくず餅が大好きなのでお土産に
買った。

kuzumoti_7660.jpg

久しぶりに晴れた青空のもと、旧友とも再会し、リフレッシュできた。

Photo Peach でどうぞ。


                 
        

つつじ祭りと藤まつり

2016/ 04/ 21
                 
東京の根津神社のツツジが満開で5月5日までつつじ祭りが開催されて
いるというニュースを聞いた。
根津神社はまだ行ったことがないので、連休を避けて4月25日か26日に
行って来ようと思って近所に住むいつもの友人を誘った。

miyam_7547.jpg

マイガーデンのつつじです。4月~5月に咲く「おんつつじ」という種類らしい。

友人は、現在認知症気味のお母さんの世話で毎月横浜から沼津まで
車で通っている。
今月は、急にお母さんの具合が悪いと連絡があり、急遽また沼津へ
行き、3泊して帰ってきたので、疲れていると言うので一緒に行くのは
あきらめた。

いつもなら、思い立ったらすぐに一人で出かけていくのに、最近は何となく
一人で行くのは寂しいと思うようになった。

そこで、千葉に住んでいるジャカルタ時代の友人を誘ったら、「行きま~~す」
というメールが返ってきた。
彼女は、今、着物のリサイクルにはまっていて、私が教材用に送ってあげた
着物をベストに仕立てて送ってくれた。

          kimono_7557.jpg

こうやって付き合ってくれる友達がいてくれるということは、心強いし、うれしい。
年を取ってくるとこういう嬉しさが余計に身にしみる。

根津神社からバスで30分ほどのところに亀戸天神があり、そこでは「藤まつり」が
開催されている。両方とも楽しんで来ようと楽しみにしている。

usui_7506.jpg

車で最寄り駅まで行く道路には「八重桜」が咲いている。重たそうな花をぎっしりつけて
けなげに立っている。

yae_7500.jpg

sakura_7522.jpg